小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

インドでサステイナブルなチョコレートや地産地消ブランドが人気の理由

2021.11.29

インド初のゼロウェイストチョコレート「kocoatrait」

環境や体に優しいチョコレートが、富裕層を中心に選ばれ始めている。

「kocoatrait」は、インド初のゼロウェイストチョコレートブランドで、カカオ栽培からチョコレートの製造、販売にいたるまで、廃棄物を出さないような仕組みをつくっている。

人工香料を使わず本物のバラをカカオ豆と一緒に挽き、バラ風味のチョコレートを製造したり、衣料品工場で使用した再生コットンと、チョコレートを作る際に出たカカオ豆の殻を包み紙に利用したりしている。

さらにチョコレートを温度や湿度から守るアルミホイルも化学加工がされていないため、100%リサイクルが可能だ。価格は、板チョコレート1枚でINR235(約376円)、ゼロウェストギフトボックスは9枚入りでINR2,800(約4,480円)である。

この投稿をInstagramで見る

Kocoatrait(@kocoatrait)がシェアした投稿

子どもや若者を中心にチョコレートが人気

近年、インドではチョコレートが人気で、多くの人に食べられている。

インド伝統のお菓子と違い、チョコレートは子どもや若者に好まれ、ドリンクやケーキ、クッキーなど様々な商品が登場している。また、ギフトとしても喜ばれ、街にはチョコレート専門店が見かけるようになった。

数年前までカカオ豆やチョコレートの多くは輸入に頼っていたが、富裕層の間で、カカオ栽培のために木々の伐採をすることやごみ処理などに対する環境汚染への問題意識などが高まっていた。

そんな中、南インドを中心に、「Soklet」や「Mason&Co」など、地元のカカオを使った、地産地消のオリジナルブランドが誕生。環境問題を解決し、上質なチョコレートを提供している。

参考記事:https://tnc-trend.jp/india30/

アジア各国のトレンドを紹介するサイト「TNC アジアトレンドラボ」(http://tnc-trend.jp/)からリアルな「今」のアジア情報を発信!

構成/DIME編集部

興味のあるジャンルを登録して@DIMEをもっと便利に!話題のコーヒーメーカー「BALMUDA The Brew」やAmazonギフト券が当たるキャンペーン実施中

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2021年12月16日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「10インチデジタルメモパッドPRO」! 特集は「ヒット商品総まとめ」、「2022トレンド大予測」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。