小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

GMOインターネットグループがバンクシーの希少な作品を世界初公開

2021.11.27

GMOインターネットグループの本社でバンクシーの希少な作品を世界初公開

GMOインターネットグループは、「現代アートをすべての人に」をテーマとし、GMOインターネットグループ第2本社が入る「渋谷フクラス」2階に、作品と空間・体験が一体となったアートスペース「世界一小さな美術館@GMOデジタル・ハチ公」を2021年9月5日にオープンした。

ここでは「Banksy Artworks from Masatoshi Kumagai Collection(バンクシー展)」として、イギリスの人気ストリートアーティストであるバンクシーの代表作品「風船と少女(Girl with Balloon)」をこれまで多くの人が楽しんだ。

そして、2021年12月1日(水)からは、第2弾展示としてバンクシーが手がけた世界にたったひとつしか現存しない希少な作品「Bomb Love Over Radar」を世界初公開する。第2弾展示では「風船と少女」と「Bomb Love Over Radar」の2作品を同時に楽しめる。

なお、すでに「世界一小さな美術館@GMOデジタル・ハチ公」にて第1弾展示の「風船と少女」を鑑賞した人へ、第2弾展示が楽しめる「無料ご招待メール」を順次送る予定だ。

「Bomb Love」に赤いレーダーマークが加わった世界にたった一点のみの作品

この作品のモチーフとなっている「Bomb Love」は、元々は2001年にイギリス・イーストロンドンの壁に描かれた壁画で、2003年に版画作品として制作された。

ポニーテール姿の無垢な少女が爆弾(軍用機用の爆弾)をぬいぐるみのように抱いている様子から、戦争と愛という二項対立を探求したバンクシー初期の象徴的な作品と言われている。

今回展示する「Bomb Love Over Radar」は、「Bomb Love」に赤いレーダーマークが加わった、バンクシー自身によってスプレーでキャンバスに描かれた世界に一点のみの希少性の高い作品。

バンクシーからコレクターに直接プレゼントされ、ずっと秘蔵となっていた作品で、今回が世界初公開・初展示となる。

■キャンバス側面には“BANKSY”のタギングサイン

ストリートアート、グラフィティーアートの方法論をキャンバスに持ち込み、現代美術アーティストとして高い評価を得ているバンクシー。キャンバス側面にはステンシル・スプレーによる”BANKSY” のタギングサインが施されている。

■キャンバス裏面には前所有者に宛てた、バンクシーの直筆サイン入り

この作品のキャンバス裏面には、バンクシー本人によって書かれた、前所有者に宛てた直筆メッセージ・サインがキャンバス裏面を取り囲むように記載されている。バンクシーが作品にこういったメッセージを記載するのは非常に珍しい。

■前所有者について

前所有者は世界的に著名なミュージシャンで、ストリートアート、グラフィティーアートの重要なコレクター。アメリカの西海岸・東海岸のグラフィティーアートシーンを記録した映画の音楽を担当するなど、シーンに深く関わる重要人物である前所有者にバンクシーが贈った世界で 1 点のみの大変特別な作品となる。

1960年代後半の米国を発祥とし、後にバンクシーの住むイギリス・ブリストルにも飛び火したグラフィティーアートだが、この作品の制作された2002年時点でのアメリカとイギリスのグラフィティーアートの直接的な関係を明示する物として、グラフィティーアートの歴史に於いて大変重要な作品となる。

■作品情報
Title Bomb Love Over Radar
Year of production 2002-2003
Material/Media Spraypaint on canvas
Size 32 x 32 cm

【没入感を楽しめる映像・音響技術が紡ぎ出す、デジタルとアートの融合。「世界最小のスペースで情報は世界最大」をコンセプトにした美術館】

「世界一小さな美術館@GMOデジタル・ハチ公」は、「スペースは世界最小ではあるものの、お客様が得られる情報は世界最大」をコンセプトとしている。

そのため、作品を鑑賞する前に約10分間の「スペシャルムービー」でバンクシーや展示作品についての情報をインプット。

220インチディスプレイとロールスクリーンで構成される三面の壁に映し出される映像は、高精細でシームレスな没入感が楽しめる。

また、音の指向性をユニークにコントロール可能なスピーカーを導入することで、映像と音の一体感を表現し、臨場感あふれる空間を実現した。

作品だけではなく、映像、音響が一体となった展示空間をひとつのアートとして体験することで、これまでにないアートの楽しみ方を提案する。

▼第1弾展示の様子

【Banksy Artworks from Masatoshi Kumagai Collection(バンクシー展)】

▽展示会名 :Banksy Artworks from Masatoshi Kumagai Collection(バンクシー展)
▽会期 :第2弾:2021年12月1日(水)~
▽会場名 :世界一小さな美術館@GMOデジタル・ハチ公
▽住所 :「渋谷フクラス」2F GMOデジタル・ハチ公(東京都渋谷区道玄坂1-2-3)
▽休館日 :「渋谷フクラス」に準ずる。
▽開館時間 :11:00~20:00(1公演20分の入れ替え制、鑑賞人数を制限)
※開館情報は変更となる場合がある。
▽入館料金 :一般・大学生 :300円/ 小・中・高校生:100円 /未就学の子ども:無料
※障がい者とその介護者各1名は無料。入館の際に障がい者手帳等を提示。
▽展示会公式HP:https://hachiko.gmo/

構成/DIME編集部

興味のあるジャンルを登録して@DIMEをもっと便利に!話題のコーヒーメーカー「BALMUDA The Brew」やAmazonギフト券が当たるキャンペーン実施中

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2021年12月16日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「10インチデジタルメモパッドPRO」! 特集は「ヒット商品総まとめ」、「2022トレンド大予測」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。