小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

オールナイトニッポンが放送開始55周年を記念した生配信演劇作品「あの夜を覚えてる」を来春開催

2021.11.27

オールナイトニッポン55周年記念公演「あの夜を覚えてる」上演

ニッポン放送は、深夜ラジオの代名詞「オールナイトニッポン」が2022年10月に放送開始55周年を迎えることを記念して、オールナイトニッポン55周年記念公演『あの夜を覚えてる』を2022年3月に上演することを決定した。

本公演は、先に発表したオールナイトニッポン55周年YEARを飾る一発目の企画。ニッポン放送とストーリーレーベル「ノーミーツ」が共同で企画・制作。

上演日程は、2022年3月20日(日)・3月27日(日)。ニッポン放送の館内を舞台に、生配信で届ける演劇作品となる。チケット発売は2022年1月を予定している。

オールナイトニッポン55周年を飾る「あの夜」の物語

1967年10月2日に放送を開始した「オールナイトニッポン」。これまで、様々なパーソナリティがリスナーの深夜の時間に寄り添ってきた。

そんなオールナイトニッポンの55周年を記念して、オールナイトニッポンに関わるパーソナリティの、スタッフの、そしてリスナーの「あの夜」をテーマにした『あの夜を覚えてる』の上演を決定した。本公演は配信の演劇作品で、ニッポン放送の館内を舞台に役者が演じ、その様子を生配信でお届け。

ダブル主演は、大のラジオ好きで、過去に出演した「オールナイトニッポン」では、自身が企画・構成・出演の1人3役に挑戦したこともある千葉雄大と、同じく大のラジオ好きで、過去に「オールナイトニッポン0(ZERO)」、「オールナイトニッポンX(クロス)」のパーソナリティを担当したこともある髙橋ひかるの2人。

総合演出はテレビプロデューサーで水曜日の「オールナイトニッポン0(ZERO)」のパーソナリティも務める佐久間宣行。

プロデューサーはニッポン放送エンターテインメント開発部の石井玄。脚本・演出は岸田國士戯曲賞ノミネートの小御門優一郎。

制作は、大のラジオ好きのストーリーレーベル「ノーミーツ」が手掛ける。また、公演ポスターのイラストレーションは、オールナイトニッポンリスナーのイラストレーター・ダイスケリチャード氏(@daisukerichard)が手掛けた。また、本公演のメインキャストを募集するオーディションも実施する。

主演の二人からのコメント

千葉雄大

なぜ僕が選ばれたのかわかりませんが、僕が演じる藤尾の気持ちをちょっぴり知っているような気がします。緊張しますが、素敵なみなさんとの共同作業、めちゃくちゃワクワクしてます。

【プロフィール】
1989年3月9日生まれ。宮城県出身。2010年『天装戦隊ゴセイジャー』(テレビ朝日)の主演に抜擢され、役者として活動を始める。以降、CMやドラマ、映画に多数出演。今年はミュージカル・ゴシック『ポーの一族』で自身初のミュージカルに出演した。WEBラジオ『千葉雄大のラジオプレイ』(YouTube)が隔週金曜日配信中。
音楽番組『MUSIC BLOOD』(日本テレビ系金曜よる11:00)ではMCも務めている。現在放送中のカンテレ・フジテレビ系ドラマ「アバランチ」(月曜10:00)に牧原大志役で出演中。

髙橋ひかる

今回の配信舞台、自分にとって新しい試みでワクワクが止まりませんドラマとも、舞台とも少し違う臨場感、リアル感、ラジオの魅力、完全濃縮です。ラジオを愛する皆さんと、ニッポン放送から最高の舞台をお届けいたします!

【プロフィール】
2014年、「第14回全日本国民的美少女コンテスト」でグランプリを受賞。映画「人生の約束」で女優デビュー。その後、大河ドラマ「おんな城主直虎」、ドラマ「高嶺の花」「俺のスカート、どこ行った?」、ドラマ「レッドアイズ 監視捜査班」などに出演。そのトーク力で数多くのバラエティ番組にも出演する傍ら、「Ray」専属モデル、レギュラーラジオ「髙橋ひかるHighway Runway」、YouTube「たかしの部屋」など幅広いジャンルで活躍。
2022年は映画「おそ松さん」、ドラマ「青野くんに触りたいから死にたい」、舞台「リトル・ゾンビガール」などがスタンバイ中。

制作スタッフからのコメント

佐久間宣行

今回、総合演出を務める佐久間と申します。仕事でこんなに深く関わるなんて思いもしない頃から、ラジオにはいくつもの夜を支えてもらいました。

楽しい夜、悲しい夜、不安な夜、震災のあった夜…ゲラゲラ笑って学校に行きたくない気持ちを紛らわせくれたり、先のことを考えて眠れない時には朝までうるさい友人のようだったり。

なのでいまだに僕は、自分をパーソナリティーよりもリスナーだと思っています。ずっと聞いてきたラジオの魅力を凝縮したような一夜を、素晴らしいキャストとスタッフの皆さんと作りたいです。

石井玄

前代未聞の企画をノーミーツのメンバーから相談されたのは、2月のことです。ニッポン放送を舞台にオールナイトニッポンのオンライン演劇をやりたいという話でした。めちゃめちゃ面白そう!と思って、すぐに準備をはじめたものの、やったことのないことなので、大変です(笑)

ようやく発表することができましたが、まだまだ課題が山積みです。ニッポン放送社内はもちろん、リスナーのみなさん、パーソナリティの皆さん、スタッフの皆さん、オールナイトニッポンに関わる人みんなの協力が必要です。ラジオの好きな人なら誰でも参加できます!みんなで作りましょう!!(やることたくさんあるので手伝ってください)

小御門優一郎

学生時代、友達の家に泊まっていた時、友達は電気を消したあと「聴かせたいものがある」と言って、ラジオを流し始めました。ぼくたちは聴こえてくる声に耳を傾け、たまにフフと笑いながら、いつのまにか眠りに落ちていました。それが、ぼくと深夜ラジオとの出会いです。

今回「オールナイトニッポン55周年記念公演」として作らせていただくのは、一篇のフィクションです。それでもその中に、ぼくたちリスナーが好きと感じる"ラジオの良さ"が、たしかに存在する物語にしたいと思っています。

『あの夜を覚えてる』メインキャストオーディション

オールナイトニッポン55周年記念公演『あの夜を覚えてる』は、メインキャストを募集するオーディションを実施。

<石井玄からのメッセージ>

本作のプロデュースを務めるニッポン放送の石井玄です。オールナイトニッポンが55周年を迎えるにあたって、舞台を作ることになりました。55周年というお祭りだからこそ、ラジオを愛している皆さんと一緒に作りたい。そんな想いで、メインキャストを募集をします。

タイトルは『あの夜を覚えてる』です。総合演出を佐久間さんが、脚本・演出をノーミーツの小御門くんが務めます。ぼくたちがずっと聴いてきたあの夜のパーソナリティの、スタッフの、そして何よりもリスナーの物語になる予定です。

ニッポン放送の館内を舞台にした生配信の舞台という前代未聞の企画で、正直ぼくたちもどうなっていくのか、まだまだ手探りではあるのですが、ラジオを盛り上げるために、一緒にやりたいと思ってくれる方を募集します!

<応募方法>
□一次審査・・・書類審査
フォームにて応募。
https://forms.gle/9SuveNj3FbeuEQuRA
※締め切り:12月1日(水)23:59
※合否の発表は、合格者のみ。合格者にかぎり、12月8日までに通過の結果をメール。

□二次審査・・・オーディション
書類審査通過者に、オーディションを案内。会議室等で、脚本の抜粋を用いてオーディション。
※オーディションは都内近郊で実施予定。

■公演概要
公演名:オールナイトニッポン55周年記念公演『あの夜を覚えてる』
キャスト:千葉雄大、髙橋ひかる and more…
日程:3月20日(日)・3月27日(日)
主催:ニッポン放送
総合演出:佐久間宣行
プロデュース:石井玄
脚本・演出:小御門優一郎
配信:オンライン劇場ZA
チケット:2022年1月発売予定
制作:ノーミーツ
公式サイト:https://event.1242.com/special/ann55th_anoyoru/
公式SNS:https://twitter.com/ann55_anoyoru

構成/DIME編集部

「オールナイトニッポン」や「伊集院光とらじおと」の製作秘話も!豪華付録が付いてくるDIME最新号の特集は「今、聴くべきラジオと音声コンテンツ」

現在発売中のDIME1月号の特集は「今、聴くべきラジオと音声コンテンツ」。

コロナ禍でリスナーが増えているラジオの新しい魅力と楽しみ方、そして、Podcastやオーディオブックをはじめとする様々な音声コンテンツの活用術を余すところなくお届けします。

今回の特集では、人気ラジオ番組のパーソナリティを務めるリリー・フランキー、爆笑問題、尾崎世界観、浦沢直樹、高田純次、小山薫堂、宇賀なつみ、蛙亭が登場。さらに、ニッポン放送「オールナイトニッポン」やTBSラジオ「伊集院光とらじおと」など超人気番組の制作の裏側を徹底取材。

さらに、仕事に役立つ、脳に効く、Podcast、オーディオブック、音声SNSASMRなどの音声コンテンツを一挙に紹介します!

そして、特別付録は、旅行、デート、飲み会、風景撮影、ライブ配信、テレビ会議に使える便利な「自撮り棒一体型スマホ三脚」です。

伸長自在のポールは何と1メートルまで伸びるので、先端にスマホをセットしたスマホで、写真や動画を、好みのスタイルで撮影することができます。

また、握りやすい手持ちのグリップ部分を広げると三脚になるので、好きな高さに調節すると、風景写真や集合写真などの記念撮影に便利。

短く縮めてデスクに置けば、ビデオ会議やライブ配信にも使えます。

もちろん、コンパクトに畳むことができるのでお出かけ用の小さなバッグにもすっぽり収まります。

 

見頃を迎える紅葉やイルミネーションの撮影や、大切な人たちとの記念撮影に、ぜひご活用ください!

オンライン書店の購入はコチラ

Amazon
https://www.amazon.co.jp/dp/B09KN815JP
セブンネット
https://7net.omni7.jp/detail/1230827353

文/DIME編集部

興味のあるジャンルを登録して@DIMEをもっと便利に!話題のコーヒーメーカー「BALMUDA The Brew」やAmazonギフト券が当たるキャンペーン実施中

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2021年12月16日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「10インチデジタルメモパッドPRO」! 特集は「ヒット商品総まとめ」、「2022トレンド大予測」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。