小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

プラゴミを再利用!マウス、ジュエリー、時計、海の豊かさを守るSDGsアイテム4選

2021.11.27

出典:Microsoft

近年、ウミガメやクジラなどの海の生物が傷つけられ、深刻化している海洋プラスチックゴミ問題。2050年には、魚より海洋ゴミの量の方が多くなると言われているほど事態は悪化する一方だ。

このような状況を好転へ導くため、国連はSDGs目標14「海の豊かさを守ろう」を掲げている。廃棄物を新たな資源として考え直し、循環させるサーキュラーエコノミー(循環型経済)が注目されている今、企業や個人が実際に行動に移し始めた。今回は、海洋プラスチックゴミを再利用し、また新たに蘇ったアイデアをいくつか紹介したい。

1. PCマウス|Microsoft「Ocean Plastic マウス」

出典:Microsoft

外装に海洋プラスチックを20%使用して作られた「Microsoft Ocean Plastic マウス」。プラスチック廃棄物を新たな方法で活用するという取り組みの中、あるチームのメンバーが、海洋プラスチックから樹脂を作って少しでも環境への負荷を減らせないかと考案したことが開発の始まりだった。

パッケージも、100%リサイクル可能な木材とサトウキビの天然繊維から作られており、エコなPCマウスだ。Microsoft公式HPの価格は税込3,080円。

【参考】
出典:Microsoft Ocean Plastic マウス|Microsoft
出典:ユニークな樹脂開発のコラボレーションから Ocean Plastic マウスが誕生|Microsoft

2. ジュエリー|オアフ島のジュエリーショップ「レイナイア」(Leinaiʻa)

オアフ島の東海岸にあるビーチタウン「カイルア」(Kailua)で、マキ・ミナモトさんという日本人女性が直営しているジュエリーショップ「レイナイア」(Leinaiʻa)では、海洋プラスチックを使ったジュエリーを販売している。

ミナモトさん自らが行っているビーチクリーンで回収した海洋プラスチックゴミを、いくつもの工程をかけて磨き上げているそうだ。

まるで飴玉のような、ガラスを彩る海洋プラスチックジュエリーは、リングやピアス、ブレスレットなど、バリエーション豊か。購入は、レイナイアの公式HPで注文できる。

【参考】
出典:ハワイの風薫るリゾートジュエリー レイナイア|【Leinaiʻa】レイナイア

3. 腕時計|TRIWA「TIME FOR OCEANS」

出典:Time for Ocean

北欧スウェーデンの腕時計ブランド「TRIWA」は、海のプラスチックゴミをリサイクルしたウォッチシリーズ「TIME FOR OCEANS」を展開している。

スイスのtide Ocean Material社が製造した100%リサイクルの海洋プラスチックで作られており、腕時計のケースとストラップ、どちらも海洋プラスチックを採用しているのは世界初だ。約10,000本の時計が販売されているが、これは約2万本のペットボトルに相当する。

出典:Time for Ocean

防水使用なので、まさにオーシャンで使える。新色の名称はイエローが「サン」でブルーが「ターコイズ」。価格は税込16,500円で、公式サイトで購入可能だ。

【参考】
出典:TIME FOR OCEANS BEACH 2021.7.2 発売|TRIWA

4. バッグ・小物|ビニール傘の再利用ブランド「PLASTICITY」

出典:PLASTICITY

PLASTICITYは、廃棄されたビニール傘を人の手で選別、解体、洗浄し、生地として再利用しているブランド。素材であるビニール傘が手に入らなくなったら、環境問題の解決に近づけているサインだと考え、「10年後になくなるべきブランド」を宣言している。

出典:PLASTICITY

トートバッグやサコッシュ、お財布などに生まれ変わっており、半透明な質感がおしゃれだ。他の人と被りたくないファッションにこだわりがある人にもおすすめ。

【参考】
出典:PLASTICITY

5. チェア|Herman Miller「Aeron Chair」

出典:Herman Miller

Herman Millerは、アメリカ合衆国ミシガン州発のオフィス家具メーカー。長く歴史のあるメーカーでありながらも、海洋プラスチックを使用した「Aeron Chair」をリリースした。

現在このAeron Chairシリーズは、最大90%がリサイクル可能で、リサイクル素材を50%以上使用。中でも新色のブラックカラー「オニキス」は、このリサイクル素材のうち海洋プラスチックを1.13kg使用している。

【参考】
出典:Herman Miller

持続可能な社会に向けて、企業や個人が続々と動き出している。モノを購入する時に、プラゴミが再利用されたモノを選ぶことも持続可能な社会への貢献だ。私たち一人一人にできることを、今一度見直していかなければならない。

取材・文/ゆりどん

興味のあるジャンルを登録して@DIMEをもっと便利に!話題のコーヒーメーカー「BALMUDA The Brew」やAmazonギフト券が当たるキャンペーン実施中

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2021年12月16日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「10インチデジタルメモパッドPRO」! 特集は「ヒット商品総まとめ」、「2022トレンド大予測」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。