小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

ガヤルドの直系!?V8エンジンを搭載したランボルギーニ「ジャルパ」の40年を振り返る

2021.11.26

1981年3月のジュネーブ・モーターショーで初登場したジャルパ(Jalpa)が今年、40周年を迎える。

ランボルギーニの伝統にのっとり、闘牛の品種「ジャルパ カンダチア」が車名の由来のジャルパは、V型8気筒エンジンをリアミッドに搭載した、ランボルギーニ最後のグランドツーリングセダン。ジャルパはウラッコ(Urraco)とシルエット(Silhouette)の最終進化形として、全体的なアーキテクチャは踏襲しながら、3.5リッターに大型化したエンジンを備えていた。

タルガトップのオープンルーフを持つ輪郭は、カロッツェリア・ベルトーネで1980年からスタイルディレクターを務めていたフランス人デザイナー、マルク・デシャン氏の手によるもので、当時ランボルギーニのゼネラルマネージャー兼テクニカルディレクターであったジュリオ・アルフィエーリ氏の影響を直接受けている。アルフィエーリ氏はジャルパの一部のデザインも手掛けている。

ジャルパの最も重要な技術革新は、最終的な進化を遂げた90度V型8気筒エンジンである。チェーン制御の4つのOHCを備えた完全アルミ製で、当初はウラッコとシルエットに搭載されていた。ボアを拡大して排気量が3.5リッター(3485cc)となったこのエンジンは、ウェーバー42DCNFツインキャブレター4基を使用し、圧縮比9.2:1で、255HP/7000rpmの最高出力と32kgm/3500rpmの最大トルクを生み出し、最高速度は248km/hにまで達した。

ジュネーブで発表されたジャルパのプロトタイプには、特別な裏話がある。そのベースとなったのはシルエットで、製造はされたものの販売に至ることなく工場に戻され、新モデルの製作に使用されたというもの。1981年のジュネーブ・モーターショーのジャルパは、特殊なブロンズ色であったことと、量産モデルには採用されなかった外見的な特徴が見られることからすぐに分かる。

1982年に量産を開始したジャルパは、セミモノコックの鋼製のボディに黒のバンパーとエアインテーク、横長のリアランプを備え、コンセプトカーのアトン(ATHON)からそのまま受け継いだ16インチの合金ホイールにピレリP7ロープロファイルタイヤを装着していた。

インテリアはレザーとカーペットをふんだんにあしらった贅沢な仕立てで、取り付け・取り外しが簡単にできるオープンルーフは、リアシート後方の専用スペースに収納できるデザインだった。当時の専門誌に数多く見られた試乗記では、エキスパートたちがジャルパのストレートで積極的、そして妥協のないハンドリングを熱狂的に報じていた。

1984年のジュネーブ・モーターショーで発表された「シリーズ2」では、外見に若干変更が加わり、バンパーとエアインテークがボディと同色になり、リアランプは丸みを帯び、インテリアも一新された。ジャルパは420台が生産され、1988年に生産終了となった。V型8気筒エンジン搭載のランボルギーニ最後のセダンで、歴史的にもこの排気量とエンジン搭載位置のクラスでは最後のスポーツカーである。コンセプト的には、ジャルパは2003年に登場したランボルギーニ有数の販売台数を誇るガヤルド(Gallardo)の直系の前身モデルとなる。

ジャルパ(Jalpa):1981年〜1987年 生産台数420台


関連情報:https://www.lamborghini.com/

構成/土屋嘉久(ADVOX株式会社 代表)

興味のあるジャンルを登録して@DIMEをもっと便利に!話題のコーヒーメーカー「BALMUDA The Brew」やAmazonギフト券が当たるキャンペーン実施中

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2021年11月16日(火) 発売

DIME最新号の特別付録は「自撮り棒一体型スマホ三脚」! 特集は「今聴くべき、ラジオと音声コンテンツ」、「家電進化論2022」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。