小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

徒歩圏内でひと通りのものが揃う「埼玉の街」ランキング、3位さいたま新都心、2位北与野、1位は?

2021.11.26

コロナ禍で「わざわざ遠くで行かずとも街の界隈でそろう」ことを実感した人が増えたと思う。

そこで「SUUMO住民実感調査2021」から「歩ける範囲で日常のものはひととおり揃う」の魅力実感を見たところ、特に埼玉県が特徴的な結果に。

コロナ禍で、郊外ターミナル駅の隣の各駅停車駅が狙い目に?

今回、SUUMOリサーチセンターは、お住まいの街の魅力に関する実態調査に回答した1都4県42,947人の結果を分析した。

埼玉県版「歩ける範囲でひととおり揃う街ランキング」

千葉県

神奈川県

東京都

上位7駅に、ターミナルの大宮駅の隣町がズラリと並んだ。1位の加茂宮は、大宮に至近ながらも「ステラタウン」を中核に大規模商業施設、公園、図書館を有する公共施設、2つの総合病院が全て1カ所に集積。

北与野とさいたま新都心は、大規模商業施設「コクーンシティ」や総合病院が至近、鉄道博物館は「イオンモール」が至近と、ターミナル駅に近く、地元駅付近にもワンストップ施設がある街が最強という結果が出た。

千葉県も同様で、ターミナルの船橋の隣町で、駅前に「イオンモール」のある新船橋が1位、その新船橋と船橋の中間にある東海神が3位、南船橋等も入れれば6駅が船橋駅至近となった。

魅力項目「歩ける範囲で日常のものはひととおり揃う」駅ランキング(上位10駅/都県別)

埼玉県版「歩ける範囲で日常のものはひととおり揃う街ランキング」

※街の魅力項目「歩ける範囲で日常のものはひととおり揃う」の偏差値が高い上位10駅を表示。ランキングの算出方法詳細は、PDFP2調査概要を参照。(次項以降も同様)

上位駅は「大宮」から2駅以内!

埼玉県の上位5位は「大宮」の北側と南側に集中する形に。大宮の北側には、イトーヨーカドーを中心とした大規模ショッピングモール「ステラタウン」、さいたま市北区役所や図書館等の入る複合施設「プラザノース」のある「加茂宮(1位)」、「イオン大宮店」のある「鉄道博物館(4位)」 、「JCHOさいたま北部医療センター」のある「土呂(5位)」が、三角形を成す形で位置している。

一方の南側は、広大な敷地を有するショッピングモール「コクーンシティ」や「さいたま新都心合同庁舎」、「赤十字医療センター」「埼玉県立小児医療センター」などが「北与野(2位)」と「さいたま新都心(3位)」周辺に集約。整備された新しい街で、大規模タワーマンションが多いエリアだ。

北側も南側も大型商業施設に加え、スーパーや行政施設・医療施設もあり便利な立地。「大宮」へも徒歩圏・自転車圏のため、大宮駅前のデパートや商店街も活用しやすい環境であることも、住民から評価されたと考えられる。

1位の「加茂宮」は商業施設、クリニック、公園などが揃う、子育てにも便利な住宅地

「加茂宮」は「大宮」から埼玉新都市交通伊奈線(ニューシャトル)で2駅、自転車で15~20分ほどの所に位置。国道17号(大宮バイパス)沿いで、駅のすぐ南には旧中山道との交差点があり、車移動にも便利な立地。駅から徒歩5分のところに「ドン・キホーテ」が、高架下には今年の8月にリニューアルオープンをしたスーパー「G.F.H.(グッドファームハウス)」がある。

駅から10分ほど歩けば「ステラタウン」や「プラザノース」のあるエリアに到着。ステラタウン内の「イトーヨーカドー」、交差点の向かい側にある「ニトリホームズ」やスーパー「オーケー」などの大規模店舗に加え、ステラタウン内には約110もの専門店やレストランが入っており、買い物には事欠かない。

周辺にはキッズクリニックや保育施設、習い事施設、さらに保育士のいる歯科や美容院もあることが、子育て世帯に支持されている理由。ステラタウン前の「きたまちしましま公園」やプラザノース前の「市民広場」には子どもたちが噴水で戯れる姿が見られ、土呂駅の先には100匹以上のシマリスが暮らす「りすの家」を含む大きな公園「市民の森・見沼グリーンセンター」があるなど、周辺に大小の魅力的な公園や広場が点在することも魅力だ。

約110の専門店とレストランが入る「ステラタウン」

区役所や図書館、ホールなどを複合化した「プラザノース」

14万7000㎡の広大な敷地を有する「コクーンシティ」

新型コロナウイルス感染症拡大後に、より重視するようになった街の魅力項目

全回答者では「医療施設が充実している」について22.9%の人が、より重視するようになったと回答しており重視度が最も高かった。

「歩ける範囲で日常のものはひととおり揃う」「一回の外出で複数の用事を済ませられる」もそれぞれ14.6%、12.0%の人がより重要視するようになったと答えた。

⇒密を避ける、不要不急の外出を避けるということで、交通機関を利用することなく日用品の買い物などを行える生活利便性がより求められるようになったと考えられる。

「散歩・ジョギングしやすい」も12.8%の人がより強まったと答えている。

⇒家で過ごす時間が増え、気分転換のために散歩等の需要が高まったと考えられる。

コロナ禍でより重視度が高まった街の魅力ランキング(2次調査全体/複数回答)

※『「理想の街」の条件は、新型コロナウイルス拡大に伴う昨年の緊急事態宣言前(2020年4月7日以前)と比べて変わりましたか。以下の中で「強まった」条件があれば全てお答えください。』という設問に対して、回答割合が多い上位11項目を掲載。

調査概要

調査目的

関東圏(東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県、茨城県)の街(自治体・駅)について、街の継続居住意向を明らかにすること。また、その街の魅力を把握すること。

調査対象

関東圏にある各駅から6km以内に在住の20歳以上の男女

構成/ino.

興味のあるジャンルを登録して@DIMEをもっと便利に!話題のコーヒーメーカー「BALMUDA The Brew」やAmazonギフト券が当たるキャンペーン実施中

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2021年11月16日(火) 発売

DIME最新号の特別付録は「自撮り棒一体型スマホ三脚」! 特集は「今聴くべき、ラジオと音声コンテンツ」、「家電進化論2022」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。