小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

パナソニックが新型コロナウイルスの変異株4種に対する「帯電微粒子水」技術の抑制効果を検証

2021.11.24

パナソニックは、一般財団法人日本繊維製品品質技術センターと共同で、「帯電微粒子水(ナノイー)」技術の新型コロナウイルスの変異株4種(アルファ株、ベータ株、ガンマ株、デルタ株)に対する抑制効果を検証した。

同社は、2020年7月に「帯電微粒子水」技術の新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)に対する抑制効果を実証。また、ウイルスクリアランス試験を実施した結果、生物学的特性で4つに分類したそれぞれで抑制効果が確認できたことから、2012年1月には未知のウイルスに対しても「帯電微粒子水」技術の抑制効果が期待できると発表している。これらの状況から、新型コロナウイルス変異株に対しても「帯電微粒子水」技術による効果は期待できるが、感染拡大の状況を鑑みて、改めて検証を行なった。

今回の検証では、新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)、および新型コロナウイルスの懸念される変異株4種(アルファ株、ベータ株、ガンマ株、デルタ株)を対象に、「帯電微粒子水」の曝露有無によるウイルス感染価の比較実験を45 Lの試験空間で実施。その結果、5種全てのウイルスにおいて、2時間の曝露で99%以上の抑制効果を確認した。なお、今回の検証は密閉した試験空間の結果であり、実使用空間における効果を検証したものではない。

同社は、今後も「帯電微粒子水」技術の可能性を追求するとともに、さまざまな効果検証を進め、社会に貢献していくとしている。

関連情報
https://www.panasonic.com/jp/home.html

構成/立原尚子

興味のあるジャンルを登録して@DIMEをもっと便利に!話題のコーヒーメーカー「BALMUDA The Brew」やAmazonギフト券が当たるキャンペーン実施中

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2021年11月16日(火) 発売

DIME最新号の特別付録は「自撮り棒一体型スマホ三脚」! 特集は「今聴くべき、ラジオと音声コンテンツ」、「家電進化論2022」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。