小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

禁じられた異教の祝祭が復活!?Huluのブラジル発スリラードラマ「アンソウル」の見どころ

2021.11.23

映画『ミッドサマー』が好きな人は必見!

Huluで11 月 17 日(水)より独占配信中の『アンソウル』は、ブラジルで製作された日本初上陸のドラマシリーズ。

『ミッドサマー』は北欧だが、本作は東欧(ウクライナ)の異教の祝祭を題材とするスリラーだ。

サンパウロ文学賞を2度受賞したブラジルの作家アナ・パウラ・マイアが脚本を手掛けている。

あらすじ

ブラジル南部の小さな町ブリージダ。

この町のウクライナ人コミュニティでは、かつて異教の祝祭“イワン・クパーラ祭”が行われていたが、1988年に起こった少女ハリーナの殺害事件をきっかけに祝祭は禁止された。

ハリーナを執拗に口説いていた青年アレクセイが殺害を自白し逮捕され、釈放された後事故死したが、アレクセイの妹イグネスは真犯人が他にいると信じていた。

一方亡くなったハリーナが思いを寄せていた青年ホーマンは、事件後に傷心してブリージダを去る。

30年後の2018年、滝つぼでホーマンの遺体が発見される。死因は自殺と見られた。

ホーマンの死後、妻ジョヴァーナは 2 人の娘を連れてサンパウロからブリージダに移住する。

イグネスはホーマンの親友ボリスと結婚し、一人息子アナトーリと共に暮らしていた。

イグネスとボリス夫妻はジョヴァーナを歓迎し、ボリスが経営する豚肉工場での仕事も紹介する。

しかしアナトーリは異常な行動を取り始め、ホーマンの死について不気味な発言をするようになる。

同じ頃、30年の時を経て“イワン・クパーラ祭”が復活されようとしていた。

見どころ

魔女や魔術、そして自然崇拝など、神秘的なウクライナの風習に着目した本作。

深い森の自然に対する畏怖の心が込められており、美しく荘厳ながらも不気味な雰囲気に満ちている。

本作最大の見どころと言ってもいい“イワン・クパーラ祭”の撮影は、4日間もかけて行われたそうで、かなりの迫力。

1988年の祭りでは大きさ 6m のかがり火をメインに、それを囲むように 6 つの小さなかがり火を設置。

松明100 本、ウクライナの民族的要素を取り入れた衣装小物は約 250 点など、細部にまでこだわっている。

ちなみに本作の〝イワン・クパーラ祭〟は一年で最も暗い夜に行われる祝祭であり、『ミッドサマー』の夏至祭とは対照的なのが面白い。

閉鎖的で狭いコミュニティ内部で愛憎と鬱憤がグツグツと長い歳月をかけて煮詰められ、極限まで濃縮されていく。

その不穏で物悲しい様は、恐ろしいけれど目が離せなくなる。

『アンソウル』シーズン1 (全 10 話)
Huluで独占配信中(字・吹)
© Copyright Globo Comunicação e Participações S.A.

文/吉野潤子

興味のあるジャンルを登録して@DIMEをもっと便利に!話題のコーヒーメーカー「BALMUDA The Brew」やAmazonギフト券が当たるキャンペーン実施中

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2021年11月16日(火) 発売

DIME最新号の特別付録は「自撮り棒一体型スマホ三脚」! 特集は「今聴くべき、ラジオと音声コンテンツ」、「家電進化論2022」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。