小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

2022年配信予定「仮⾯ライダーBLACK SUN」のW主演に⻄島秀俊、中村倫也が選出

2021.11.24

『仮⾯ライダーBLACK SUN』

『仮⾯ライダーBLACK SUN』は、「TAMASHII NATION ONLINE 2021」内の配信番組にて、本作のダブル主演となる仮⾯ライダーBLACK SUN(「ブラックサン」)役に⻄島秀俊⽒、仮⾯ライダーSHADOWMOON(以下「シャドームーン」)役に中村倫也⽒を発表し、⼆⼈からのコメント映像を公開した。

また、ブラックサンを描いたティザービジュアル及びバトルホッパーの実機も披露。さらに今回の情報解禁と同時に、公式サイトにて⽩⽯監督・樋⼝真嗣⽒・⽥⼝清隆⽒が本作のキャラクターデザインや怪⼈たちの思い出を語ったインタビュー映像のロングバージョンを公開いした。

2021 年 11 ⽉ 19 ⽇から 21 ⽇の間、魂ネイションズが展開している多種多様なブランド、作品の新商品をオンラインで楽しめる「TAMASHII NATION ONLINE 2021」が開催された。

イベントの最終⽇には、『仮⾯ライダーBLACK SUN』のコンセプトビジュアル担当の樋⼝真嗣⽒、特撮監督の⽥⼝清隆⽒、プロデューサーの⽩倉伸⼀郎⽒が出演する『仮⾯ライダーBLACK SUN キャラクターデザイン発表特別配信番組』がライブ配信され、番組内で本作に関する新情報を発表した。

仮⾯ライダーBLACK SUN 役は⻄島秀俊⽒、仮⾯ライダーSHADOWMOON 役は中村倫也⽒に決定︕

本作の⼆⼈の主演として、主⼈公であるブラックサン(南光太郎)役は⽩⽯監督作品初出演の⻄島秀俊⽒、さらに『仮⾯ライダーBLACK』でも主⼈公のライバルとして⼈気を集めたシャドームーン(秋⽉信彦)役は中村倫也⽒に決定。

⼆⼈は共に、仮⾯ライダー作品初出演となる。⽩⽯監督が描く本作に、優れた演技⼒でシリアスかつハードな役柄を数多く演じてきた⻄島秀俊⽒と、ミステリアスな雰囲気と独特な存在感で幅広い層に⽀持される中村倫也⽒が加わることで、多彩な実⼒が最⼤限に発揮される作
品になることが期待される。

さらに今回の解禁に際し、⼆⼈からのコメント映像が到着。⻄島⽒からは、本作について「⽩⽯監督なのできっと深い深い社会派の⼈間ドラマになると思います。⼤⼈の皆さんが楽しめる、さらに⼦どもたちが⼼の中に仮⾯ライダーを持って⽣きられる、そんな作品にします︕全⼒で、命がけでチャレンジしたいと思っています」と⼒強いコメントをいただき、中村⽒は、「⽩⽯監督らしく、しっかり⼈と⼈の物語や歴史、カタルシス、さらに仮⾯ライダーの持つかっこよさや、ブラックの持つ痛みなど、たくさん味わえる作品になる予感がしています」と本作への期待を語った。

⼆⼈からのコメント映像はこちら
URL︓https://twitter.com/KR_BLACKSUN

仮⾯ライダーBLACK SUN が描かれたティザービジュアルを発表︕

さらに今回は、『仮⾯ライダーBLACK SUN』のティザービジュアルを発表。ティザービジュアルにおけるブラックサンのデザインは、オリジナル作品『仮⾯ライダーBLACK』から⼀新され、仮⾯ライダーでありながらも怪⼈らしさを感じる、ダークヒーローとしてのスタイリッシュな佇まいが印象的。

バトルホッパーの実機が登場︕

配信番組では、本作に登場するブラックサンの愛機・バトルホッパーの実機を披露した。フロントカウルに配置されたライダーの頭部が⽬を引くデザインは、東京都練⾺区のバイクショップ・Cherryʼs Company がカスタムを⼿がけた。

3D プリンタ等を使⽤せず、⾦属板を叩いて制作されたこだわりの⼀機。写真は制作中のものだが、完成した実機は2021 年 12 ⽉ 5 ⽇開催予定の「Yokohama Hot Rod CustomShow 2021」で展⽰予定。実際のバトルホッパーを間近で⾒られる貴重な機会だ。

■⻄島秀俊さんプロフィール

1994 年に「居酒屋ゆうれい」で映画初出演。多くのドラマや映画作品で活躍。近作にドラマ「シェフは名探偵」(TX)、NHK 連続テレビ⼩説「おかえりモネ」、「真犯⼈フラグ」(NTV)など。本年公開の主演映画「ドライブ・マイ・カー」は、第 74 回カンヌ映画祭で脚本賞をはじめ全 4 冠を受賞する。

<仮⾯ライダーBLACK SUN/南光太郎(みなみこうたろう)>

⽇蝕の⽇に⽣まれ、怪⼈たちの頂点である「創世王」の候補となるべく改造された。怪⼈と⼈間との狭間で揺れ動く、優しさを胸に抱いた哀しき宿命の戦⼠。変⾝することで仮⾯ライダーBLACK SUN となる。

■中村倫也さんプロフィール

1986 年 12 ⽉ 24 ⽇⽣まれ、東京都出⾝。2005 年に俳優デビュー。ドラマ、映画、舞台など多⽅⾯で活躍中。2014 年の初主演舞台『ヒストリーボーイズ』で第 22 回読売演劇⼤賞 優秀男優賞を受賞。近年の出演作品にはドラマ「珈琲いかがでしょう」、主演舞台 劇団新感線「狐晴明九尾狩」など。 公開待機作品に Amazon Original ドラマ『No Activity /本⽇も異状なし』(12/17〜配信)、映画「ウエディング・ハイ」(2022 年 3 ⽉12 ⽇公開)がある。エッセイ集「THE やんごとなき雑談」が発売中。

<仮⾯ライダーSHADOWMOON /秋⽉信彦(あきずきのぶひこ)>

光太郎と同じ⽇、同じ時に⽣まれたもう⼀⼈の「創世王」候補。親友として光太郎と共に育った、⾼潔な⼼の持ち主。だが、やがてその思想によって光太郎と対⽴する。変⾝することで仮⾯ライダーSHADOWMOON となる。

配信作品『仮⾯ライダーBLACK SUN』作品情報

作品名:『仮面ライダーBLACK SUN』
監督:白石和彌
脚本:高橋泉
コンセプトビジュアル:樋口真嗣
特撮監督:田口清隆
展開時期:2022 年
詳細:https://www.kamen-rider-official.com/blacksun

©石森プロ・ADK EM・東映

構成/DIME編集部

興味のあるジャンルを登録して@DIMEをもっと便利に!話題のコーヒーメーカー「BALMUDA The Brew」やAmazonギフト券が当たるキャンペーン実施中

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2021年11月16日(火) 発売

DIME最新号の特別付録は「自撮り棒一体型スマホ三脚」! 特集は「今聴くべき、ラジオと音声コンテンツ」、「家電進化論2022」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。