小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

限定の御朱印や上映会も!水木しげるゆかりの地・調布で大規模イベント「ゲゲゲ忌」開催中

2021.11.21

2015年に逝去した『ゲゲゲの鬼太郎』や『悪魔くん』などの代表作で知られる漫画家・水木しげるの命日である11月30日を中心に、水木しげるが50年以上暮らした「水木マンガの生まれた町」として関わりの深い東京・調布市で、その功績をたたえるイベント「ゲゲゲ忌」が今年も開催される。「ゲゲゲ忌2021」では、調布市主催のもと、水木プロダクションと東映アニメーションの協力により、調布市内にある水木しげるゆかりの場所を中心に、アニメ特別上映会やスタンプラリーなど様々な催しが行われる。

『鬼太郎』『悪魔くん』の最新作から懐かしの名作までを振り返るアニメ上映会

会期中の11月20日(土)、21日(日)、23日(火・祝)、27日(土)、28日(日)の計5日間、シアタス調布にてアニメ特別上映会が開催される。

上映される作品はアニメ『ゲゲゲの鬼太郎』(第2期、第4期~第6期)および『悪魔くん』で、各日、上映される作品にちなんだキャストやスタッフによるトークショー(ライブビューイング)のほか、ゲストによる生オーディオコメンタリー付上映、ショート朗読劇も実施される。すでにチケットは完売しているが、インターネットからのストリーミング配信でも視聴できるので、残念ながらチケットが取れなかった、または遠方で行けないという人にとってはうれしいところ。

また、27日(土)の「『悪魔くん』スペシャルデー」と28日(日)の「『ゲゲゲの鬼太郎』第6期スペシャルデー」には、新アニメ『悪魔くん』および映画『鬼太郎誕生 ゲゲゲの謎』に関する新たな発表が行われるというのもファン注目のトピックだ。

水木しげるゆかりのスポットを巡るスタンプラリー

11月20日(土)~30日(火)の期間中に、調布市内に全12箇所設けられた水木しげるゆかりのスポットでもあるスタンプ設置場所をめぐってスタンプを集めると、その数に応じて記念品がプレゼントされる。6個以上で参加賞のポストカード、12個すべてを集めると達成賞として2022年版 ゲゲゲのカレンダーがもらえる(記念品の受け渡しは1人1回まで)。

地元商店街や企業も参加して「ゲゲゲ忌」を盛り上げる!

調布市の地元商店街や企業の取り組みとして、「鬼太郎商店 in 調布パルコ」(調布パルコ1階正面入口特設会場)では11月20日(土)~12月1日(水)の期間中『ゲゲゲの鬼太郎』を中心に約400点のグッズを販売する。HIS調布パルコ営業所(調布パルコ5階)では、11月20日(土)・21日(日)限定で、全国47都道府県の妖怪を紹介する店舗に変身、水木しげるの故郷である鳥取県境港市のPRコーナーも設けるほか、ゲゲゲのスタンプラリー台紙を持参した先着100名にお菓子のプレゼントも。

キャラクターグリーティングにコスプレ、限定御朱印、コンサートなど盛りだくさん!

11月20日(土)・21日(日)には、調布駅前広場にて鬼太郎やねこ娘などおなじみのキャラクターたちによるグリーティングやステージが11時~16時に行われる。ゲゲゲ忌限定商品や『ゲゲゲの鬼太郎』『悪魔くん』関連グッズの販売に加え、鳥取県物産展や境港市のカニ汁の販売も。また、調布駅前広場の特設ステージでは、同日13時~13時30分に「ゲゲゲ忌コスプレイベント~調布市ブリガドーン計画」も開催。水木作品のキャラクターのコスプレで来場した人は、鬼太郎茶屋でも人気のバックベアードとステージ上で記念撮影ができる。参加無料でオリジナル缶バッジ(数量限定)もプレゼントされる。

11月20日(土)~30日(火)の期間中には布多天神社にて「ゲゲゲ忌限定特別御朱印」をいただくことができる(御朱印代1000円、なくなり次第終了)ほか、11月28日(日)には、ちゃんちゃんこや下駄を着用して鬼太郎になりきり、ゲゲゲのスタンプラリーを巡るウォーキングイベント「カランコロンウォーキング」も(参加費500円、限定15名)。

さらに、11月21日(日)には、2010年のNHK朝の連続テレビ小説『ゲゲゲの女房』でヒロインを演じた、作曲家・ピアニスト・歌手としての顔も持つ松下奈緒の全国ツアーのファイナル公演が調布市グリーンホールで開催、「ゲゲゲ忌2021」スペシャルバージョンとして行われる。また、11月30日(火)には、桐朋学園大学の協力により、調布市議会議場にて水木しげるゆかりの曲を演奏する議場コンサート(先着25名)も。

2016年から毎年開催されている「ゲゲゲ忌」だが、今年はちょうど7回忌であり、また来年が生誕100周年にあたる。東映アニメーションで『ゲゲゲの鬼太郎』第6期や映画『鬼太郎誕生 ゲゲゲの謎』、新作『悪魔くん』プロデューサーを務める永富大地氏は「ゲゲゲ忌2021」の開催にあたって、コロナ禍で大幅に規模を縮小せざるを得なかった昨年を踏まえ「東映アニメーションが中心となり実施してきたアニメ特別上映会には多額の費用が掛かっており、コロナの影響で継続が危ぶまれているのも偽らざる事実です。アニメ『ゲゲゲの鬼太郎』『悪魔くん』を応援してくださる皆様、ゲゲゲ忌アニメ上映会を継続していくためにもどうか力をお貸しください」とコメントを寄せ、応援への感謝と切実な思いを明かしていた。調布市をはじめ様々な協力があって成り立っているイベントでもあり、今回はもとより次回以降もよりパワーアップした形での開催となることが期待される。

妖怪マンガの先駆者であると同時にトップランナーでもあり続けた水木しげるワールドを年に一度ふり返る一大イベントだけに、『鬼太郎』をはじめとする水木マンガのファンは、調布市にぜひ足を運んでみてほしい。

「ゲゲゲ忌2021」開催情報

開催期間:2021年11月20日(土)~11月30日(火)
主催:調布市
共催:調布市観光協会
開催地:調布駅近辺および深大寺・鬼太郎茶屋など調布市内各所
協力:水木プロダクション、東映アニメーション、ジョイント、イオンシネマ シアタス調布、鳥取県、境港市、鬼太郎茶屋、演劇集団円、ジェイアイプロモーション、キョードーファクトリー、調布市文化・コミュニティ振興財団 他
『ゲゲゲの鬼太郎』公式サイト
調布市観光協会公式サイト「ゲゲゲ忌2021」
『映画鬼太郎誕生&悪魔くんアニメ公式』Twitter:@kitaroanime50th

©水木プロ ©水木プロ・東映アニメーション

取材・文/小田サトシ

めちゃ便利!DIME最新号の付録は紅葉の撮影やライブ配信に使える「自撮り棒一体型スマホ三脚」

カメラ撮影やビデオ会議の機能が充実する最新スマホと組み合わせて使いたいのが、DIME最新号の付録「自撮り棒一体型スマホ三脚」だ。伸縮式のポールは約20㎝~約1mまで長さ調節が自在。三脚部分を閉じると自撮り棒のグリップに早変わり。形状が丸くてしっかり握れるから、ポールを長く伸ばした状態でもスマホのポジションをキープしやすい。セルフタイマーを使った自撮り撮影も、ブレずにバッチリだ。なお、ホルダー部分は前後方向の角度調整が可能。シーンに合わせてスマホの向きを微調整できる。

先端のホルダーにセットしたスマホで、写真や動画を撮影したり、ビデオ会議中の映像を表示したりできる。無段階で長さを調整できるポールは、目いっぱい伸ばすと最長約1mに! ダンスフォームやゴルフスイングをチェックするのにもうってつけだ。ホルダーを手前に倒して三脚部分を閉じれば、コンパクトなフォルムに。バッグやジャケットのポケットなどにすっきりと収納可能だ。気兼ねなく常備できて、必要な時にいつでも使える。このほかパーティーや旅行なども含めて、様々なシーンにぜひ活用してほしい。

【詳細情報はコチラ】https://dime.jp/genre/1264365/

興味のあるジャンルを登録して@DIMEをもっと便利に!話題のコーヒーメーカー「BALMUDA The Brew」やAmazonギフト券が当たるキャンペーン実施中

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2021年11月16日(火) 発売

DIME最新号の特別付録は「自撮り棒一体型スマホ三脚」! 特集は「今聴くべき、ラジオと音声コンテンツ」、「家電進化論2022」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。