小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

「データ使い放題プラン」から「LINE使い放題低価格プラン」までソフトバンク系3ブランドの料金プランを比べてみた

2021.11.22

2021年は、通信キャリアにてオンラインブランドの設立をはじめとする、料金プランが大きく変化した年になりました。

もちろん、これからさらに競争が進み、より安価な料金プランやオプションが登場することも考えられますが、今回は、2021年10月下旬時点で、「ソフトバンク」にて提供されている各料金プランを振り返っていきます。

ソフトバンク内には「ソフトバンク」「LINEMO」「ワイモバイル」の3ブランドがある!

通信キャリア「ソフトバンク」内には、使い放題プランや豊富な割引オプションが用意されている「ソフトバンク」、オンライン専用ブランドの「LINEMO」、小・中容量の料金プランを展開する「ワイモバイル」の3ブランドがあります。

それぞれのブランド内に、料金やひと月に使えるデータ通信量が違う料金プランが用意されています。では、順番に確認していきましょう。

使い放題プランに豊富なオプションが用意されている「ソフトバンク」

メインブランドである「ソフトバンク」では、5G/4Gスマートフォン問わず同価格で使い放題となる「メリハリ無制限」と、月々3GBまで、使用したデータ通信量に応じて支払額が変わる従量制プラン「ミニフィットプラン+」、ケータイからスマートフォンへの機種変更か、5歳~15歳のスマートフォン新規契約で利用できる「スマホデビュープラン」の3つが用意されています。多くのユーザーは「メリハリ無制限」か「ミニフィットプラン+」を利用することになるでしょう。

データ通信使い放題の「メリハリ無制限」は、割引適用前の基本料金が7238円/月。テザリング・データシェアの利用は計30GB/月までとなっています。

割引オプションとして、「新みんな家族割」や「おうち割光セット」を適用できる場合もあります。これらの割引を適用すると、最安で4928円/月で運用できることになります。また、ひと月に使用したデータ通信量が3GB以下だった場合には、自動的に1650円の割引が適用されます。

また、2022年開始予定のキャンペーンとして、メリハリ無制限契約者を対象に「YouTube Premium」の利用料金が6か月間無料となるサービスを用意。

さらに、Androidユーザーであれば、7か月目以降も25%OFFで利用できるとのことです。

「ミニフィットプラン+」は、先にも触れた通り、ひと月に使用したデータ通信量に応じて支払額が変わる従量制のプラン。月々1GBまでで3278円、月々2GBまでで4378円、月々3GBまでで5478円となっています。

割引オプションとしては、「おうち割 光セット」の適用が可能。月々の支払から1100円が引かれます。そのほか、通話機能を利用する機会が多いユーザー向けに、「準定額オプション+」が880円/月、「定額オプション+」が1980円/月で利用できます。

オンライン専用ブランド「LINEMO」はLINEのデータ通信がカウントフリー!

オンライン専用ブランドとして登場したのが「LINEMO」。サービスイン当初は月々20GB/2728円の「スマホプラン」のみを提供していましたが、現在は月々3GB/990円の「ミニプラン」も用意されています。

LINEMOの大きな特徴は、LINEによって発生するデータ通信は、月々のデータ通信量にカウントされない「LINEギガフリー」サービスでしょう。月々3GBまで利用できる「ミニプラン」で契約し、3GBを使い切ってしまった状態でも、LINEでのトークや音声通話はストレスなく行えます。

その他、「LINEスタンプ プレミアムポイントバックキャンペーン(スマホプランのみ)」や「PayPayボーナスあげちゃうキャンペーン」も対象となります。

ただし、オンライン専用ブランドであるため、ソフトバンクショップでの契約は行えず、キャリアメールや留守番電話サービスの利用はできないので注意しましょう。

小~中容量で安価なサービスを展開する「ワイモバイル」

ワイモバイルでは、小~中容量で選べる「シンプルS/M/L」プランを提供中。それぞれの基本料金は、「シンプルS」が月々3GBで2178円、「シンプルM」が月々15GBで3278円、「シンプルL」が月々25GBで4158円となります。いずれも、4G/5Gスマートフォンで同額となっており、ひと月で使用しきらなかったデータ通信量は翌月に持ち越すことも可能です。

また、ワイモバイルでは家族割引サービスを提供しており、適用時は「シンプルS」が990円/月、「シンプルM」が2090円/月、「シンプルL」が2970円/月となります。

550円/月で加入できる「データ増量オプション」を利用した場合は、「シンプルS」が月々5GB、「シンプルM」が月々20GB、「シンプルL」が月々30GBとなります。また、「データ増量無料キャンペーン」を開催中なので、当オプションは1年間無料で適用可能となっています。

各オプションをすべて適用した場合には、オンライン専用ブランドである「LINEMO」以上に安く運用することが可能となっています。当然、ワイモバイルはショップでの契約といった対応も行っているので、安心して利用できるのもポイントでしょう。

取材・文/佐藤文彦

興味のあるジャンルを登録して@DIMEをもっと便利に!話題のコーヒーメーカー「BALMUDA The Brew」やAmazonギフト券が当たるキャンペーン実施中

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2021年11月16日(火) 発売

DIME最新号の特別付録は「自撮り棒一体型スマホ三脚」! 特集は「今聴くべき、ラジオと音声コンテンツ」、「家電進化論2022」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。