小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

男性の育休取得率はどこまで上がった?ママさんの8割が「夫に育休を取ってほしかった」

2021.11.20

子どもが生まれてから、夫婦のどちらかが育休を取得し子育てに励む家庭は多いはず。女性側が育休を取るケースが多いのかもしれないが、「夫に育休を取得してほしい」と内心思っているママさんも実は少なくないのでは?

そこで、女性の転職に特化した転職サイト『女の転職type』ではこのほど、女性638名を対象に「男性の育休」についてアンケートを実施した。

女性638名に聞く「男性の育休」

Q.1夫(パートナー)はどの程度育休を取った?

『女の転職type』会員のうち、子供がいる人に夫(パートナー)の育休期間について尋ねたところ、「育休は取っていない」が最も多く85.5%となった。取った人のうち最も多かったのは「数日」で4.5%、次いで「数週間」が3.1%となっており、取った人は全体の14.5%だった。

Q.2夫(パートナー)には、どの程度育休を取ってほしかった?

子供がいる人に、夫(パートナー)にどの程度育休を取ってほしかったか尋ねたところ、1位「数ヶ月」34.1%、2位「何日でもかまわない」12.3%、3位「数週間」12.0%という結果になった。期間に関わらず取ってほしい人の割合は約8割だが、Q.1の結果では実際に取得した人は14.5%しかおらず、大きなギャップがあるようだ。

Q.3夫(パートナー)には、どの程度育休を取ってほしい?

一方、子供がいない人の場合も、1位は「数ヶ月」41.1%だったが、2位は「半年」で15.7%、3位は「何日でもかまわない」11.1%という結果になった。半年以内の合計は70.4%となっており、子供がいる人の63.1%より約7%高くなっている。

また、「半年」と「1年以上」の合計で見ても、子供がいる人は12.5%なのに対し、子供がいない人は26.1%と倍以上多い結果となっている。

他方、「育休は取ってほしくない」の回答で見ると、子供がいる人7.0%に対し、いない人は1.1%と少なくなっている。子供がいない人の方が夫(パートナー)に希望する育休が長く、子供がいる人は夫(パートナー)に育休を望まない人が多いという興味深い結果となった。

Q.4仕事で関わる職場の男性が育休を取る場合、どの程度が適当だと思う?

職場の男性の場合で尋ねたところ、1位は「数ヶ月」で40.6%、2位「何日でもかまわない」15.2%、3位「数週間」と「半年」が同率で10.7%という結果になった。夫(パートナー)との場合で比較すると、やや「何日でもかまわない」の回答率が高いようだ。

Q.5あなた自身が育休を取る場合、どの程度が適当だと思う?

自分自身の育休について尋ねたところ、1位は「2年」で32.6%、2位「1年」30.4%、3位「1年半」17.6%となった。1年以上が約8割にのぼり、長期取得希望者が多いことがわかる。

Q.6あなたの方が、育休が長い理由は?

夫(パートナー)の育休より、自分の育休の方が長い期間を回答した人にその理由を尋ねたところ、最も多かったのは「夫(パートナー)には早めに復帰して稼いでほしいから」で43.1%が回答した。2位は「同じくらい育休をとってほしいが難しいと思うから」36.2%、3位は「子供にとって母親の方が必要だと思うから」27.0%だった。

「その他」のフリーコメントは以下の通り。

・男性はとりあえず母体回復の期間だけ休んでもらえたらいい(40代/事務・経理・人事系/東京)
・夫の世話より子供の世話をしたいので育休を取られた方が迷惑(30代/販売・サービス系/大阪)
・休まれてお給料が下がるのは困る(30代/事務・経理・人事系/福岡)

Q.7夫(パートナー)が育休を取る上で心配なことは?

※複数回答あり

夫(パートナー)が育休を取る上で心配なこと1位は「収入が減る」で75.4%の人が回答。2位は「職場に迷惑をかける・負担が増える」47.6%、3位「復帰後同じ仕事に戻れるか」44.0%。上位は仕事関連の心配が占め、「心配なことはない」はたった3.9%だった。

「その他」のフリーコメントは以下の通り。

・育休は育児だけでなく家事もするという意識があるか(30代/事務・経理・人事系/東京)
・夫が家にいることで自分のストレスが増えると思う(40代/販売・サービス系/福岡)
・男性の育休は必要ないと思っている(40代/営業系/大阪)

Q.8男性が育休を取るメリットは何だと思う?

※複数回答あり

男性が育休を取るメリット1位は「子育ての喜び・大変さを知る」で77.9%の人が回答。2位は「子育ては夫婦で協力するものという認識を持てる」76.2%、3位は「子供とのかけがえのない時間を過ごせる」70.5%だった。「子育ては女性の役割という日本の風潮を是正する」も約半数が回答しており、社会全体が変わることを期待している人が多いことが見て取れた。

「その他」のフリーコメントは以下の通り。

・女性だけが子育てをした結果が今の世の中の男性だと思っています。その結果を踏まえて、男性にも育児に参加し人格成形をするべきだと思う(30代/事務・経理・人事系/東京)
・復帰後、職場で育児中の人の気持ちや状況をわかってあげられる(30代/コンサルタント・専門職系/愛知)
・職場で「女性は育児休業するから昇進させない」などの男女差別をなくす(30代/事務・経理・人事系/東京)

※調査データ(グラフ)は、小数点第2位以下は四捨五入しているため、合計しても100にならない場合がある。

<調査概要>
・調査期間:2021年10月5日~10月19日
・有効回答数:638名
・調査対象:『女の転職type』会員
・調査方法:Web上でのアンケート

出典元:女の転職type
https://woman-type.jp/academia/discover-career/data/vol-37/

構成/こじへい

興味のあるジャンルを登録して@DIMEをもっと便利に!話題のコーヒーメーカー「BALMUDA The Brew」やAmazonギフト券が当たるキャンペーン実施中

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2021年11月16日(火) 発売

DIME最新号の特別付録は「自撮り棒一体型スマホ三脚」! 特集は「今聴くべき、ラジオと音声コンテンツ」、「家電進化論2022」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。