小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

webムービー公開中!元ラグビー日本代表キャプテン廣瀬俊朗さんが語る「起業・キャプテンシー・身だしなみ」【PR】

2021.11.30PR

【Sponsored:パナソニック】

新たなセカンドキャリアの道を切り開くために

2015年に開催されたラグビーワールドカップ2015イングランド大会において、過去優勝2回・世界ランキング3位(当時)の強豪・南アフリカに対して歴史的勝利を挙げたラグビー日本代表。

その後、自国開催となったラグビーワールドカップ2019日本大会でも、予選プールを全勝1位通過を果たすなど、国内に時ならぬ〝ラグビーブーム〟を巻き起こした。

そんなラグビー日本代表チームでキャプテンを任され、前述のイングランド大会で代表監督を務めたエディ・ジョーンズ氏をして、「自分がラグビー界で経験した中で、ナンバーワンのキャプテンだ」と言わしめたと伝えられるのが、今回ご登場いただく廣瀬俊朗(ひろせ としあき)さんだ。

廣瀬さんは現役引退後、MBAを取得して自ら起業。教育ビジネスや人材開発、社会貢献活動など、従来の〝元選手〟のイメージを覆す活動を展開していることでも注目を集めている。

廣瀬俊朗HiRAKUラムダッシュ6枚刃

というわけでメンズビューティーでは、その起業に至る思いやキャプテンシー、ビジネスリーダーとしての身だしなみに関するインタビューを敢行。併せてパナソニックの新型ラムダッシュ6枚刃も体験していただき、その様子をwebムービーにまとめてみた。

記事パートでは動画未公開のトークも収録しているので、コロナ禍による閉塞感が強まる中で新たに起業を考える人、あるいは社内リーダーとして悩みを抱える人には、廣瀬さんの発言が少なからず参考となるはずだ。

廣瀬俊朗HiRAKUラムダッシュ6枚刃

株式会社HiRAKU 代表取締役 廣瀬俊朗さん

1981年生まれ、大阪府吹田市出身。5歳の時に吹田ラグビースクールへ通い始める。2004年に東芝ブレイブルーパス入団。2015年のラグビーワールドカップイングランド大会メンバーに選ばれ、歴史的な勝利を収める。2016年、ラグビー競技から引退。現役時代は高校日本代表や日本代表など各カテゴリーで主将を務める。代表キャップ数(日本代表として試合に出た数)は28。2019年、(株)HiRAKU 設立。2020年10月〜、日本テレビ系列「news zero」木曜パートナーとして出演。

■廣瀬俊朗さん出演の動画は、こちらからチェック!

https://www.youtube.com/watch?v=dHJIonH5SOI

■動画未公開のトークを収録した記事パートはこちらから

廣瀬俊朗HiRAKUラムダッシュ6枚刃

◎起業されたきっかけについて以前、「アスリートが歩むセカンドキャリアの道筋を示したい」と語っていらっしゃいました。

廣瀬さん 僕自身も未だに悩んでいることはありますが、先に引退した者がこのような道を作れば、(後に続く選手も)可能性が広がっていくんじゃないかなと思います。

これまでアスリートの引退後はコーチや解説者などへの転身が主流だったと思いますが、もっともっとやれることがあるはずだと信じています。自分自身も道なき道を歩んで行くことを楽しんでいきたいですね。

◎2016年にビジネス・ブレークスルー大学に入学されていますが、不安や迷いはありませんでしたか?

廣瀬さん 引退後もラグビー界に残ることが、今後の自分にとってプラスではないと思ったので、違う世界に飛び込むことに対してあまり不安はありませんでした。

また決めてしまえば、もうやるしかないと。そうすれば将来に対する悩みや不安から、どうすれば新しい環境に慣れるのか、あるいは卒業できるかに視点が変わるので早く決断しました。

可能性があれば、まずは(新しい世界に)飛び込んでしまうのがいいと思います。個人的には『どんな人でも今が一番若い』という出口治明さん(立命館アジア太平洋大学・学長)の言葉がとても心に残っています。悩んで明日に決断を延ばせば、〝1日分〟年齢を重ねてしまいますからね。

◎そして2019年に経営管理修士(MBA)を取得されました。

廣瀬さん 何のために学ぶのか、どんな自分になりたいのか、という目的意識があってこそ学びであり、資格は単なる資格でしかありません。

ですからMBAも取ったら終わりではなく、取ってそれから何をアクションしていくのかが、とても大切だと思います。

◎おっしゃるように2019年にHiRAKUを創業されています。ラグビーでは各カテゴリーでキャプテンとして活躍なさってきましたが、その経験はビジネスではどのように活かされているのでしょうか。

廣瀬さん 現役時代は憧れの存在になりたい、ラグビーの歴史を変えたい、という目的意識を大切にしていました。起業して様々なプロジェクトを進める中でも、まず「何のために行っているか」という目的意識を持つことはとても重要だと思います。

そしてプロジェクトを進行する上で、チームメンバーがそれぞれ活躍できる場を作ることですね。

現役時代の経験をお話しすると、まず基本的に代表クラスの選手はモチベーションも高いので、キャプテンとしてリスペクトしながら関係を築くと、結構みんな頑張ってくれます(笑)。

そうはいっても試合に出れない選手もいるわけで。こういった選手に対してはメンタルをケアする、あるいは何かと声をかけるなど、〝自分もここにいていいんだ〟と思えるような雰囲気作りを心がけていました。

メンバーが〝自分がここにいて役に立っているのだろうか〟など思っていたら、チームワークにも悪影響が出てしまいますから。

◎リーダーとしては周囲とのコミュニケーションも重要になってきます。

廣瀬さん 日本代表のときは、それぞれ自己主張が強いメンバーだったので、僕が話すというよりは、みんなの話を聞くことが多かったですね。その中で体調が悪そうとか、話しぶりが穏やかでない選手がいれば、練習から気にかけるようにしていました。

◎細かな気付きや目配りが求められます。

廣瀬さん そこは非常に大事なことだと思っていました。メールでは、なかなか伝わらないことでもありますし。ちょっとした顔の表情や仕草、ミーティングの座り方などを見て、『この選手大丈夫かな』という感じです。

◎ミーティングの座り方でコンディションの変化がわかる?

廣瀬さん すぐかはわかりませんが、なぜか(ミーティングルームに)来るのが遅かったり、いつも喋っているのに一人で黙ってノート取っていたりとか。そういったときは何かあったんじゃないかなと思います。

 

廣瀬俊朗HiRAKUラムダッシュ6枚刃

プロジェクトの目的を把握することがプレッシャー克服につながる

◎廣瀬さんほどの経験と実績をお持ちでも、キャプテンとしてのプレッシャーはありましたか?

廣瀬さん 当然、めっちゃプレッシャーを感じていましたし、大変なこともありました。でも、そもそもキャプテンってどうやってなるのって考えたときに、(監督から)任命されるものなんですよ。だから仮に僕がダメだったとしても『選んだ監督が悪いんです』って(笑)。それぐらい割り切って、その場を思い切って楽しむという考えになるとすごくいいんじゃないかな。

◎ではビジネスマンが仕事上のプレッシャーを克服するにはどうすればいいでしょうか?

廣瀬さん まず現在の業務やプロジェクトの目的を把握することですね。その目的に自分自身が共感してやろう!と考えると、新たな視点が生まれてくると思います。

また選手時代には、プレッシャーを感じる原因を探る、ということをしていました。具体的には、自分が何に対してプレッシャーを感じているのかを書いてみるのです。こうすると問題点を客観的に見ることができるので、改善につながっていくのではないでしょうか。

◎そんな廣瀬さんが手がけられた最新のプロジェクトが「Toshi’s AMAZAKE DRINK」と絵本『ぼくラは ばラばラ』の出版です。

廣瀬さん 甘酒は日本古来からある素晴らしい飲み物で、飲む点滴とも言われています。必須アミノ酸やビタミンはスポーツを楽しむ方を含む皆の体に良いものなので、そんな日本ならではの素晴らしいものに目を向けていただくきっかけになれば、という狙いで実施しました。

『ぼくラは ばラばラ』は関電工さんとの「つながり応援プロジェクト」の中で誕生しました。ただ単にラグビーの選手がパスをする姿を描くのではなく、動物たちがパスを繋いでいくと楽しく見えますし、それぞれの個性が活かされるというラグビーの精神性が伝われば素敵だなと思って絵本にしました。

◎ラグビーはぶつかり合いこそ激しいですが、紳士のスポーツと言われ、選手はグラウンド内外で身だしなみがきちんとしているイメージがあります。

廣瀬さん 試合後にはアフターマッチファンクションというのがあり、選手はブレザーを着て、ネクタイを締めて参加します。みんなその時は身だしなみをしっかり整えていました。

意外ときれい好きな人もいるんですよ(笑)。一日に何回もシャワー浴びたり、化粧水を使ったりと、こだわっている人は人一倍こだわっていましたね。

◎廣瀬さんご自身も起業されてからテレビ出演もされるようになりました。

廣瀬さん そうですね。喋るのは一瞬で、それ以外の表情や服装を見られる時間が多いと思うので、身だしなみはとても大切だと思います。

現役時代は意外な物でシェービング?

◎そんな男性の身だしなみ習慣にシェービングは欠かせないものですが、普段は何をお使いですか?

廣瀬さん 現役時代は、ワイルドな雰囲気を出そうと無精ヒゲを生やしていましたので、普段はバリカンで、大切なイベントの前だけは安全カミソリを使っていました。さすがに最近はしっかり剃ったほうがいいと思う機会が増えましたので、電気シェーバーを使うことが多いかな。電気シェーバーは、すごいラクでいいですよね(笑)。

◎剃り残しが気になる時などはありますか?

廣瀬さん 長い間、〝しっかり剃る〟ということをしなかった人間なので、今日ももしかしたら剃り残しがあったかもしれません(笑)。

廣瀬俊朗HiRAKUラムダッシュ6枚刃

◎そんな廣瀬さんに今日は新型のラムダッシュ6枚刃を体験していただきました。率直な感想をお願いします。

廣瀬さん ヘッドのほうから肌にアジャスト(密着)してくれるような感覚がありました。動きも滑らかですし、使っていて気持ちよかったですね。

充電や洗浄時期を教えてくれる機能も便利ですし、本体もマットな黒でおしゃれですよね。最新の家電は性能重視の傾向もあると思いますが、ラムダッシュは機能とデザイン性を両立させていると感じました。

◎それではヒゲも気分もリフレッシュされたところで、今後の事業展開などについてお聞かせください。

廣瀬さん 一つは誰もがラグビーを楽しめる〝ワンラグビー〟の精神のように、その人がその人なりのスタイルでスポーツに携われるような場を作ってれていけたらなと思います。参加者とリアルに体感しながら、学びと楽しみを作り上げていくということですね。

そして冒頭にキャリアトランジションの話もありましたが、アスリートのセカンドキャリアのサポートも仲間とやっているので、アスリートも現役中に新しい仕掛けをしたいと思った時に、それが当たり前になっていけたらなと。

そういうロールモデルがラグビーだけでなく、いろいろな競技の人たちが手を取り合って次世代のために形成されていく。スポーツが試合中だけではなく、社会全般にとっても大きな影響力を持つようになっていければと思います。

 

ここからは廣瀬さんも納得させた新型ラムダッシュ6枚刃の主な機能をもう一度チェックしておきたい。

パナソニックの独自開発による「新6枚刃システム」を搭載

パナソニック
リニアシェーバー ラムダッシュ 6枚刃 ES-LS9AX

廣瀬俊朗HiRAKUラムダッシュ6枚刃

本体寸法/高さ172×幅72×奥行き59mm、約220g(キャップを除く)
パワーコントロール/ラムダッシュAI
外刃/新6枚刃システム(ステンレス刃物鋼6枚刃)
内刃/30°鋭角ナノエッジ内刃
駆動/リニアモーター高速駆動(約14,000ストローク/分)
電源/充電式(急速1時間充電)
防水/防水設計(IPX7基準 ※)
主な付属品/全自動洗浄充電器、USB充電ケース(ES-LS9AXのみ付属)
発売日/2021年6月6日発売

◎ES-LS9N:全自動洗浄充電器、セミハードケース付属
◎ES-LS5A:ポーチ付属

※水深1mに30分間水に浸けても有害な影響を生じる量の水の侵入がない検査をクリアしています。

その特徴としては、まずパナソニックの独自開発による「新6枚刃システム」を搭載したことがあげられる。これにより、長いくせヒゲのカット率が約4倍に向上(※)。アゴ下やノド元など、剃り残しが出やすい部位の長いくせヒゲも、なぞるだけで簡単に剃りあげることが可能になった。

※パナソニック従来品<ES-LV9F>カット率17%、<ES-LS9AX>カット率70%。パナソニック独自の基準に基づく。使用条件により効果は異なります。

そんな「新6枚刃システム」は、次の3種類の刃で構成されている。

img22

長いくせヒゲをプレカット「アゴ下トリマー刃」

まず、今回初めて採用となったのが、長いくせヒゲを短くプレカットする「アゴ下トリマー刃」だ。この刃は開口部を拡大しながら先端部はより薄い形状に改良。寝たヒゲも立たせた状態でカットできるようになった。

jn210415-1-2

「アゴ下トリマー刃」に加え、寝たヒゲをすくいあげて根元から深剃りする「くせヒゲリフト刃」、さまざまなヒゲを根元から深剃りする「フィニッシュ刃」を加えた3種類の刃を各2枚搭載。
合計6枚の刃を、その能力を最大限発揮する配置とすることで、前述したようにカット性能を大幅に向上させたのだ。

「新6枚刃システム」が搭載されたヘッド部にも「新密着5Dシステム」が新たに採用された。これは密着5Dヘッドと密着フロート刃機構で構成されるシステム。顔の縁の微妙なラインやアゴ下の凹凸に密着することで、肌への負担を軽減しながら深剃りを可能にしている。

img28

密着5Dヘッドはヘッドが前後・左右・上下に加えて、前後にスライド、ツイストの5方向に可動。同社によれば、サスペンションも改良することで、肌へのフィット感もより快適になったという。

また「密着フロート刃機構」は、前述した6枚の刃が上下にやわらかく大きく浮き沈みして、圧力が均一にかかりやすくするシステム。しかも6枚の刃が個別に可動するため、アゴ下や頬にもナチュラルにフィットしていく。

廣瀬俊朗HiRAKUラムダッシュ6枚刃

最上位機種のES-LS9AXには、USB充電が可能なケースも付属。出張や旅行時に充電アダプターを持参する手間が解消された。ケース自体もファブリック素材を使用した高級感のあるデザインも魅力的だ。

スタイリング/森岡  弘 ヘアメイク/小池康友(k.e.y)
撮影/動画:鈴木雄二郎(オウル)、スチル:末安善之

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2021年12月16日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「10インチデジタルメモパッドPRO」! 特集は「ヒット商品総まとめ」、「2022トレンド大予測」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。