小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

意外と少ない!?トランクルームの利用経験がある人は2%

2021.11.20

捨てるには勿体ないけど、大して使うわけでもない…そんな微妙な位置づけの荷物を収納し、自宅のスペースを確保できるサービスとして注目を集める「トランクルーム」。実際のところ、どれくらいの人が利用しているのだろうか?

そんな「トランクルーム」に関する意識調査がこのほど、スマートフォン専用のリサーチプラットフォーム「LINEリサーチ」により、日本全国の18~59歳の男女を対象にして実施された。

「トランクルーム」の現状と認知度

トランクルームサービスは、「キュラーズ」「ハローストレージ」「サマリーポケット」のような、自宅以外の場所(屋内や屋外のスペース・ボックスなど)に、荷物を保管したり預けたりできるサービスのことだ。ここでのトランクルームには、レンタル収納スペースも含まれる。

「トランクルーム」の現状について調査したところ、主な結果は以下の通り。

・トランクルームの認知率は全体で81%
・「知っているし、利用している」という現在利用率は全体で2%
・「知っているし、以前利用していたが、いまは利用していない」という利用経験率は全体で5%

「トランクルーム」の認知率は男女でいずれも8割前後と高い認知率だった。ただし年代別にみると、男女ともに10~20代では5割~7割弱の認知となっており、30~50代と比べてやや低くなっている。特に30~50代女性では、9割近くの高い認知率。利用経験率の割合は全体で1割未満で約5%となっている。

どのくらいの人が利用していそう?~現在の流行体感~

次に「トランクルーム」を利用している人が、現在身の回りにどれくらいいると思うかを想像して答えてもらった。グラフにある流行体感スコアは、100人中どのくらいの人が利用していそうかをスコアとして算出した数値だ。

その結果「トランクルーム」の流行体感スコアは全体で「5.2」で、およそ100人に5人くらいが利用しているイメージ。どの層でもスコアに大きな差はみられなかった。

1年後はどうなるか~近未来の流行予想~

次に、「1年後、自分のまわりでどのくらいの人が利用していると思うか」を想像して答えてもらった。グラフにある流行予想スコアは、100人中どのくらいの人が1年後に利用していそうかを算出した数値だ。

「トランクルーム」の流行予想スコアは全体で「11.8」で、およそ100人に11人が1年後に利用していそうというイメージ。現在の流行体感から比較すると、1年後には今の2倍以上浸透しているというイメージになる。男女年代別では、男女ともに30~40代に比べて10~20代のスコアが高くなっている。

「トランクルーム」を1年後に半数くらいの人が利用していそう/していなさそうと思う、それぞれの意見を紹介する。

<流行予想として「半数くらいの人が利用していそう」と思う人の意見>
・「今はネットでモノを買う時代になりつつあるから、たくさん買っても家に置き場がなくてもトランクルームにならおくことができると思ったから」(女性/18歳)
・「今後1年ぐらいでトランクルームの認知度が上がっていくかなと思ったから」(男性/19歳)
・「核家族化が進む中で小さな家に住み、家に収納できない荷物の保管場所としてトランクルームの需要はますます高まると思うため」(女性/26歳)
・「釣りやボードなど趣味がある人や家族持ちは、住んでいる場所の収納によって利用するから」(男性/38歳)
・「使いやすくてカスタマイズしやすいから」(男性/41歳)

<流行予想として「誰も利用しないであろう」と思う人の意見>
・「ミニマリストの方が浸透していると感じるから」(女性/33歳)
・「地方に住んでおり、住まいが大きいため。物を多く持つ人も減ってきている印象があります」(男性/39歳)
・「取りに行くのが面倒。必要なときにリースするか、メルカリで必要なときに探すとかのほうがいいから」(女性/49歳)
・「建て替えや部屋の改修などのときは必要だが、余分な荷物には費用を払わないと思う」(男性/57歳)

自分は利用してみたいか?~今後の利用意向~

次に、今後の利用の意向について回答してもらったところ、利用意向がある人の割合(「ぜひ利用してみたいと思う」「機会があれば利用してみたいと思う」の合計)は全体で20%にとどまった。男女年代別では、男女ともに10~20代の利用意向が高い割合となってる。10~20代は、1年後の流行予想スコアも高い層だった。

一方、利用意向がない人の割合(「あまり利用してみたいと思わない」「まったく利用してみたいと思わない」の合計)は、全体で59%だった。

「トランクルーム」の利用意向がある人/ない人、それぞれの意見を紹介する。

<「利用意向あり」の人の意見>
・「自分は漫画や本を買うのが好きだが、将来一人暮らしをしたときに置き場所が少なくて困るかもしれないと思ったから」(女性/18歳)
・「引っ越しの際や新たな趣味などができたとき、いろいろと活用ができそうだから」(男性/19歳)
・「冬服などはかさばるので、預けてみようと思う」(男性/29歳)
・「子どもがいるので荷物が増える。捨てたくないけど家で保管するにはスペースが足らないときに便利かなと思う」(女性/29歳)

<「利用意向なし」の人の意見>
・「トランクルームに預けるくらいなら、断捨離したい」(男性/19歳)
・「自宅で管理しきれないほどの量の物を持ちたくないので。大型でたまにしか使わないものは、レンタル等で済ませられるから」(男性/37歳)
・「生活拠点から離れた場所にあるから災害や防犯上、不安」(女性/47歳)
・「子どもが独立し、家が広く使えるから必要ない」(女性/57歳)

「トランクルーム」は今より2倍以上伸びる!?

ここまでの主な数値をまとめてみた。2021年10月6日時点、「トランクルーム」の認知率は約81%、現在利用率は約5%だった。

流行体感としては、全体で“およそ100人に5人くらいが利用している”イメージを持たれているようだ。そして、今から1年後には、現在の2倍以上である”およそ100人に11人くらいが利用しそう”というイメージを持たれている。

男女年代別にみると、今後の利用意向では男女ともに、10~20代で2割以上と他の層よりも高い傾向にある。また、1年後の流行予想スコアでも、利用意向の高い10~20代が他の層よりも高い結果となった。

<調査概要>
LINEユーザーを対象にしたスマートフォンWeb調査
調査対象:日本全国の18~59歳男女
実施時期:2021年10月6日~2021年10月8日
有効回収数:2108サンプル

※性別年代構成比を市場にあわせてウェイトバック
※表/グラフ中の数字は小数点以下第一位または第二位を四捨五入しているため、合計しても100%にならなかったり、同じパーセンテージでも見え方が異なったりする場合がある

出典元:LINEリサーチ(LINE株式会社)
https://www.linebiz.com/jp/service/line-research/


構成/こじへい

興味のあるジャンルを登録して@DIMEをもっと便利に!話題のコーヒーメーカー「BALMUDA The Brew」やAmazonギフト券が当たるキャンペーン実施中

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2021年11月16日(火) 発売

DIME最新号の特別付録は「自撮り棒一体型スマホ三脚」! 特集は「今聴くべき、ラジオと音声コンテンツ」、「家電進化論2022」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。