小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

アフターコロナを見据えて約半数の企業が賃上げを実施予定

2021.11.19

消費拡大に期待膨らむ、約 5 割の企業が賃上げ実施予定

インフレ目標達成のひとつのカギとして、賃上げが重要視されてきたなか、政府・与党は 2022年度税制改正で賃上げを行った企業を対象とする税制優遇について、控除率の大胆な引き上げなど制度を強化すると表明している。

しかし、これまで新型コロナウイルスの感染拡大や原材料価格の高騰などの影響で厳しい経営環境が続いてきたなか、賃上げの実現は難しいとの声も。

そこで、帝国データバンクは、賃上げに関する企業の見解についてアンケートを行った。

企業の48.6%は支援策の程度に関わらず、賃上げを実施予定賃上げ企業に対する税制優遇の強化が検討されているなか、自社において2022年度(2022年4月~2023年3月)の賃上げをどのように考えているか尋ねたところ、「税制優遇幅に関わらず賃上げを行う」と回答した企業は48.6%となった。

さらに、税制優遇が大きければ79.4%の企業が賃上げに前向きだった。一方で、企業の8.1%は「税制優遇幅に関わらず賃上げできない」と考えていた。  

大企業・中小企業ともに、約半数の企業が賃上げに意欲をみせる「税制優遇幅に関わらず賃上げを行う」と回答した企業を規模別にみると、大企業では53.6%、中小企業では47.9%とそれぞれ約半数となっている。

一方で、財務力が比較的弱い小規模企業は37.6%と全体(48.6%)より10ポイント以上低くなっている。

さらに小規模企業においては賃上げできないと考えている企業が13.5%と、全体(8.1%)を大幅に上回っていた。

賃上げに関する企業の見解

賃上げを行う企業の割合

アンケートの結果、企業の半数近くは政府の支援策の程度に関わらず、賃金の引き上げを予定していた。

新型コロナウイルスの影響で緩和した人手不足感が再び高まりつつあるなか、多くの企業では従業員の定着・確保が再び重要な課題として浮かび上がっている。また、企業の賃上げにより家計の支出拡大を通じて企業の売り上げの増加につながることが期待できる。

賃上げの実施で経済の好循環が生まれれば景気回復への道は遠くないと言えそうだ。

賃上げに関する企業の見解

構成/ino.

興味のあるジャンルを登録して@DIMEをもっと便利に!話題のコーヒーメーカー「BALMUDA The Brew」やAmazonギフト券が当たるキャンペーン実施中

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2021年11月16日(火) 発売

DIME最新号の特別付録は「自撮り棒一体型スマホ三脚」! 特集は「今聴くべき、ラジオと音声コンテンツ」、「家電進化論2022」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。