小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

昨年と比べて「在宅ワークの生産性が上がった」と感じている人の割合は?

2021.11.17

コロナ禍で突如始まった在宅勤務。最初は戸惑っていたものの、徐々に要領を掴み、今ではオフィスよりも在宅のほうが集中して仕事に取り組めるというビジネスパーソンも多いに違いない。

グローバル人材の転職を支援する人材紹介会社のロバート・ウォルターズ・ジャパンはこのほど、2021年10月に「在宅勤務での生産性」に関するアンケート調査を実施。2020年4月に実施した同様のアンケートの結果と比較しつつ紹介していく。

在宅勤務の会社員、半数が生産性アップを実感

新型コロナウィルス感染拡大防止対策で在宅勤務継続中の245人に、普段のオフィス勤務に比べて自らの生産性に変化があるかを聞いたところ、「生産性が上がった」(50%)、「変化なし」(34%)、「生産性が落ちた」(16%)、という結果だった。「生産性が上がった」という回答については、昨年の20%から大きく飛躍した結果となった。

また、「生産性が上がった」と「変化なし」を足すと84%がオフィス勤務と同等以上の生産性を維持していることになる。このことから在宅勤務者が状況に順応し成果を出していることが伺える。

生産性アップの要因:「時間の柔軟さ」、「オフィスより集中」、「リラックスして仕事」

「生産性が上がった」要因は、1位「時間が柔軟に使える」(64%)、2位「オフィスよりも仕事に集中
しやすい」(55%)、3位「リラックスして仕事ができる」(34%)となった。通勤時間がなくなったことにより時間が有効に使えたことや、その時間をスキルアップにあてた等の意見もあった。

「生産性が上がった」と回答した約9割が今後在宅勤務を奨励・許可しない企業で働きたくないと回答、在宅勤務制度を続けていくかを模索している企業が多い中、人材獲得競争に競り勝つためにも、アフターコロナ後も在宅勤務制度を検討する企業が増える可能性もある。

生産性低下の要因は昨年と変化なし:「コミュニケーションの取りづらさ」対策が急がれる

一方、在宅勤務で「生産性が落ちた」と感じている人の要因は、1位「同僚・取引先とのコミュニケ―ションが取りづらい」(57%)、2位「集中力の維持が難しい」(35%)、3位「会社のシステム整備が不十分」、「仕事のための仕事が増えた」(22%)だった。昨年の調査と順位に変動はなく、改めてコミュ
ケーション用のデジタルツールやシステムの整備等の企業側の工夫が急がれる結果となった。

今回の調査結果を受けて、昨年と比べより多くの人たちが、生産性が上がったと感じていることがわかった。(2021年:50%、2020年:20%)

このことは、在宅勤務がひとつの働き方として定着する可能性が高まったことを示唆する。同時に企業側には、昨年より変化していない生産性低下の要因を改善するため、適切なデジタルツールの導入や従業員のメンタルヘルス対策等、より在宅での働きやすい環境づくりが求められている。

<調査概要>
調査期間:2021年10月8日~10月18日、対象:ロバート・ウォルターズ・ジャパンに登録のある日本在住の会社員n=245人

出典元:ロバート・ウォルターズ・ジャパン株式会社
https://www.robertwalters.co.jp/


構成/こじへい

興味のあるジャンルを登録して@DIMEをもっと便利に!話題のコーヒーメーカー「BALMUDA The Brew」やAmazonギフト券が当たるキャンペーン実施中

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2021年11月16日(火) 発売

DIME最新号の特別付録は「自撮り棒一体型スマホ三脚」! 特集は「今聴くべき、ラジオと音声コンテンツ」、「家電進化論2022」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。