小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

仕事で英語を使う職種ランキング、3位宿泊・旅行・観光業、2位接客・販売、1位は?

2021.11.17

「英語を使う仕事がしたい」「語学力を生かして働きたい」と思っている人は多い。ただ、一口に「英語を使う」と言っても、業界や職種はさまざまだ。

ビズヒッツは英語を使う仕事をしている男女500人に「英語を使う職業」についてアンケート調査を実施。その結果をランキング形式でまとめた。

英語を使う仕事をしている男女500人に聞いた「英語を使う職業ランキング」

英語を使う仕事をしている男女500人に「あなたの職業はなんですか?」と聞いたところ、回答は以下のようになった。

上位8位までをランキング形式で紹介しよう。

全体的に回答が分散したなか、1位になったのは「事務・管理部門」。2位以下には「接客・販売」「宿泊・旅行・観光業」などがランクインした。

「通訳・翻訳」「英語教師・講師」などのほか、「営業職」や「技術職」も上位に入っており、幅広い職種で英語力が求められている。

なお9位以下には「医療系専門職(20人)」「受付(20人)」「貿易事務・輸出入部門(17人)」「飲食業(16人)」「研究職(13人)」などが入った。

英語を使う職業の人のうち”英語が得意”な人は49.4%

続いて「あなたは英語が得意ですか?」と聞いたところ、回答は以下のようになった。

「得意」「まあ得意」と答えた人は49.4%でほぼ半数。一方、仕事で英語を使いながらも「自信がない」「苦手」と感じている人も半数以上いることがわかった。

学校教育以外で英語学習の経験がある人は77.8%

最後に「学校教育(小中高・大学・専門学校)以外で英語学習の経験がありますか?」と聞いたところ、回答は以下のようになった。

「過去にある」「学習中」の人が合わせて77.8%で多数。「留学経験がある」「TOEICを受けた」などの体験が寄せられている。

「TOEICが905点で、海外在住経験が5年以上あり、継続的に語学の勉強をしている」と、得意な人が継続的に勉強している例も。

調査対象:英語を使う仕事をしている人

調査日:2021年9月25日~10月3日

調査方法:インターネットによる任意回答

調査人数:500人(女性288人/男性212人)

https://media.bizhits.co.jp/archives/20189

構成/ino.

興味のあるジャンルを登録して@DIMEをもっと便利に!話題のコーヒーメーカー「BALMUDA The Brew」やAmazonギフト券が当たるキャンペーン実施中

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2021年11月16日(火) 発売

DIME最新号の特別付録は「自撮り棒一体型スマホ三脚」! 特集は「今聴くべき、ラジオと音声コンテンツ」、「家電進化論2022」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。