小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

まるでハワイ!?東京ベイエリアにオーシャンビューの天空オアシスを発見!

2021.11.18

ハイアットリージェンシー東京ベイ ROOF TOP BAR

ハイアットリージェンシーと言えば、世界の一流ホテルのひとつ。

わが家が遥か昔、ハワイで結婚式を挙げた際、宿泊したのが、ハワイ オアフ島にあるツインタワーのハイアットリージェンシーワイキキ(当時)であった。

オーシャンビュールームから正面に臨むワイキキの真っ青な空とトロピカルブルーのビーチの眺めは、今でも忘れられない永遠の記憶、心象風景である(下の2点の写真はハイアットリージェンシーワイキキで撮った遥か昔の紙焼き写真より)

そんなハイアットリージェンシーが、東京ベイエリアに20217月にハイアットリージェンシー東京ベイとしてオープン。

わが家にとっては特別な、ハイアットリージェンシーのブランド、響きに誘われ、ブラリと訪れてみたのだが、そこで感動の体験をすることになったのだ。それは、このエリア唯一のルーフトップバーである。

エレベーターでルーフトップに登り、ガラスの扉を開けた瞬間、真っ青な空と東京湾が織りなす風景が目に飛び込む、「まるでハワイのようだ!!」と一瞬、叫んでしまった(個人の感想です)ほどの、感動に値するオーシャンビューの天空のオアシスだったのだ。

まるでハワイのオーシャンビューバーのような世界が広がる

リゾート感たっぷりのハイアットリージェンシー東京ベイのルーフトップバーは、カウンター席のほか、ソファ席を中心に約26テーブル、約70名のキャパシティを持つ、南東方向には目の前を遮るものなどが一切ない、東京湾から房総半島を望むことができる絶景のオーシャンビューが自慢のバーである。

訪れたのは11月上旬の晴れた日の午後4時。まだ明るく、青い空と東京湾の海の青さを望むことができた。

まさに東京ベイの特別な場所であり、洗練されたリゾート感ある雰囲気、ゆったりとしたスペースにテーブルの間隔を広くとった客席、そして一流ホテルならではのサービスを堪能することができる。

バータイムにはちょっと早い!? 午後4時に訪れたのには訳がある。それは、刻々と色を変える空、海の表情のグラデーションを楽しみたかったからである。

バーメニューはトロピカルを含むアルコール類が充実

バーメニューはさすが、バーテンダーのいる一流ホテルのバーだけに豊富だ。プレミアムウイスキー、シグネチャーカクテル、ワイン、スタンダードカクテル、シングルモルト&ブレンデッドウイスキー、プレミアムビールなどが注文できる(ノンアルコールもあり)

コロナ禍、現時点でフードメニューは制限されているものの、コールドセレクションとしてオリーブのマリネ、ミックスナッツ、シーザーサラダ、ホットセレクションとして人気のガーリックポテト、ピザ・マルゲリータ、スパゲッティーニポロネーズなどが注文できるから、軽めの夕食にもぴったりである(実際、そうすることにした)

まずはバーメニューを注文。かけ心地のいいソファに身を沈め、東京ベイのリゾート感に包まれながら至福の1杯。そしてホットセレクションがテーブルに運ばれてくる頃には、空と海の間の水平線が茜色のグラデーションに染まり始めた。まさに天空のオアシスを思わせる、最高の気分、景色を堪能することができる。

寒い季節でもひざ掛けやストーブの用意もあるから寒さ知らず

厨房から熱々のまま運ばれてくる料理をいただいているうちに、あたりはすっかり闇に包まれてきた。しかし、間接照明がパラソルにあたり、それがリフレクターとなって、テーブルは暗すぎない明るさに保たれる。また、ひざ掛けやストーブのサービスもあるから、これからの季節でも寒さ知らずのバータイムを、一流ホテルならではのサービスとともに満喫することができた。

ハイアットリージェンシー東京ベイに滞在しつつ、ルーフトップバーを利用するのが理想的だが、バータイムのためだけに訪れる価値があると思えたのも本当だ。

また、このルーフトップバーをリゾート感溢れるウエイティングバーとして利用し、その後、1階に下り、巨大なクリスマスツリーが映えポイントとなるロビーフロアを抜け、ザ ガーデン ブラッスリー&バーと呼ばれるヨーロッパのエッセンスを取り入れたオープンキッチンのオールデイダイニングで食事をしてもいいだろう。

なお、ルーフトップバーは天候(雨、強風など)によってクローズしている場合もあるので、営業時間とともに、事前に確認してから訪れたい(予約不可/クローズの場合は1階のバーを利用できる)。ハワイ通、バー好きのわが家も、東京ベイの空をチェックして、またすぐにでも再訪したいと思っているところである。カップルにぴったりのシートもあるから、東京ベイの大人の新デートスポットとしてもお薦めできる。

ハイアットリージェンシー東京ベイ ルーフトップバー
https://hyattregencytokyobay.jp/top/restaurant/rooftopbar.html

文・写真 青山尚暉

興味のあるジャンルを登録して@DIMEをもっと便利に!話題のコーヒーメーカー「BALMUDA The Brew」やAmazonギフト券が当たるキャンペーン実施中

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2021年11月16日(火) 発売

DIME最新号の特別付録は「自撮り棒一体型スマホ三脚」! 特集は「今聴くべき、ラジオと音声コンテンツ」、「家電進化論2022」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。