小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

世界33か国の投資家2万3000人に聞いた「サステナブル投資」に期待すること

2021.11.18

新型コロナウイルスの感染拡大を契機に、サステナブル投資に魅力を感じる投資家はどの程度増えたのだろうか?

シュローダーではこのほど、個人投資家の投資動向や投資意識を把握することを目的に「シュローダー・グローバル投資家意識調査2021」を実施。サステナブル投資に関する調査結果を発表した。本調査は、世界33の国/地域の2万3千人(うち日本1,000人)を超える個人投資家を対象に、オンラインで行った。

コロナ禍でサステナビリティの重要性が高まる

世界の投資家のうち約半数が、コロナ禍でサステナビリティに関する課題の重要性が高まったと回答した。環境問題の重要性が高まったと考える投資家は55%、社会的課題の重要性が高まったと考える投資家は57%だった。

日本の投資家では、環境問題の重要性が高まったと考える投資家は56%、社会的課題の重要性が高まったと考える投資家は65%だった(図1)。

図1:コロナ禍で日本の投資家のサステナビリティに関する課題の重要性はどう変化したか

サステナブル投資に魅力を感じる理由では、環境に対するプラスの影響(2020年47%→2021年52%)や社会に対するプラスの影響(2020年32%→2021年39%)を挙げる投資家の割合が増加し、高い投資リターンを挙げる投資家の割合は低下(2020年42%→2021年38%)した。

日本の投資家では、環境に対するプラスの影響と社会に対するプラスの影響を挙げる投資家の割合が、昨年実施の同調査と比較して大きく増加した。(図2)

図2:日本の投資家がサステナブル投資に魅力を感じる理由(複数回答可)

サステナブル投資の定義について尋ねたところ、「長期的な収益性が高く、環境や社会の変化にも対応したビジネスを行う企業に投資を行う」との回答が59%と、2017年の53%から増加した(図3)。

また、「最も魅力的な投資先ではなくても、環境、社会、ガバナンスの課題への対応が最高水準にある企業に投資を行う」も2017年の46%から2021年は51%に増加した。一方で、「物議をかもす企業への投資を避ける」は同23%から同15%に減少した。また、「わからない」との回答は2017年の11%から2021年は6%まで低下した。

図3:サステナブル投資の定義(2017年と2021年の比較 / 複数回答可)

日本の投資家では、2017年は42%が「わからない」と回答、2021年は17%まで低下したものの、調査対象国・地域の中では最も高い割合となった。中でも、日本の初心者/初級レベルの投資家では、3割(30%)が「わからない」と回答した。

世界の投資家はポートフォリオ全体をサステナブル投資に入れ替えることに前向き

リスクと分散の程度が維持される場合、ポートフォリオ全体をサステナブル投資に入れ替えることをどう考えるか、との質問に対し、世界の投資家の57%が好意的と回答した。国・地域別で最も好意的だったのは、タイ(76%)、インド(74%)、中国(74%)だった。日本の投資家のうち、好意的と回答したのは37%と、調査対象国・地域の中ではスウェーデン(36%)に次いで低い水準となった。

また、投資経験別でみると、専門家/上級レベルの投資家のうち67%が好意的と回答し、中級の51%、初心者/初級レベルの47%を上回った。年齢層別でみると、若い世代のほうが好意的と考える割合が高い結果となった。(図4)

図4:リスクと分散が同程度の場合、ポートフォリオ全体をサステナブル投資に入れ替えることをどう考えるか(世界、年齢層別)

更にサステナブル投資が進むには、投資リターン向上の実績が求められる

では、更にサステナブル投資が進むためには何が必要なのだろうか。サステナブル投資を増やす動機となる要因のうち、最も多くの投資家が挙げたのは、「サステナブル投資により投資リターンが向上するという実績」(53%)だった。「投資が社会と地球環境に与える影響を示す定期的なレポート」(40%)、「運用商品提供会社自身による、サステナブル投資であることを示す認証」(36%)がそれに続いた。日本の投資家でも上位は同じ要因が並んだ(図5)。

図5:日本の投資家がサステナブル投資を増やす動機となる上位3つの要因(複数回答可)

<調査概要>
世界33の国/地域の2万3,950人(うち日本1,000人)の個人投資家を対象とした独自のオンライン調査。調査期間は、32の国/地域では2021年3月16日~5月7日、マレーシアは2021年7月5日から8月2日。今後12カ月で1万ユーロ(またはそれに相当する額)以上を投資する予定があり、過去10年間に何らかの投資行動をとった方を「投資家」と定義。

出典元:シュローダー・インベストメント・マネジメント株式会社


構成/こじへい

興味のあるジャンルを登録して@DIMEをもっと便利に!話題のコーヒーメーカー「BALMUDA The Brew」やAmazonギフト券が当たるキャンペーン実施中

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2021年12月16日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「10インチデジタルメモパッドPRO」! 特集は「ヒット商品総まとめ」、「2022トレンド大予測」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。