小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

これから結婚する相手と価値観が合わない時の結論、男性は「自分の考えを変える」が最多、女性は?

2021.11.19

永遠を誓った相手とはいえ所詮は赤の他人。価値観が違って当たり前だ。しかし、ここだけは譲れないというラインは誰しもあるもの。特にこのコロナ禍では、「ワクチンを接種するかどうか」「マスクをするかどうか」など、譲れない価値観の差異がパートナー間で顕在化してしまうこともあるだろう。

結婚相談所「パートナーエージェント」ではこのほど、20~39歳の未婚男女2,400人に対して、「結婚相手との価値観の一致・不一致」に関するアンケート調査を実した。詳細は以下の通り。

「外出時には必ずマスク」男性の71.1%、女性の85.5%が意識しながら生活している

2年近く続くコロナ禍において、日々の感染症対策が浸透してきているが、実際にどんなことを意識しながら普段の生活を送っているのだろうか。20~30代の未婚男女2,400人に聞いた。

結果、「外出時には必ずマスクをする」が最も多く、男性の71.1%、女性の85.5%が意識していることがわかった。続いて「帰宅時には必ず手洗いやうがいをする」(男性:52.3%、女性:68.3%)、「不要不急の人混みは避ける」(男性:42.4%、女性:51.8%)となっている。

結婚相手の感染症対策、気にする?「外出時のマスク」は男性の57.4%、女性の80.8%が気にする

続いて、「結婚したい」と回答した20~30代未婚男女1,320人に、もし結婚するとしたら相手の普段の行動についてどこまで気にするかどうか聞いた。結婚を考えている相手のコロナ禍での普段の行動として「外出時には必ずマスクをするかどうか」について男性の57.4%、女性の80.8%が気にすると答えている。

先ほどの自分自身についての回答では「外出時には必ずマスクをする」のは男性の71.1%、女性の85.5%。それに比べ若干低くはなるが、それでも多くの人が、相手の外出時のマスクについては気になるようだ。

また、2位は「帰宅時に必ず手洗いうがいをするかどうか」(男性:44.5%、女性:68.9%)だった。1位、2位については自分自身が気にして生活していることと同じ項目だった。

3位は男性で「友人や知人との食事や飲み会を我慢するかどうか」(34.1%)、女性で「発熱など諸症状があったら外出しないかどうか」(56.4%)だった。

話し合っても価値観が合わない場合に「これだけは譲れない」こと1位は「外出時のマスク」、2位は「手洗いうがい」

自分自身が気にして生活していること、また結婚を考えている相手の普段の行動で気になること、どちらも「外出時には必ずマスクをする」が1位となった。しかしながら、全ての人が外出時のマスクを気にしているわけではなく、マスク着用は意識せずに出掛ける人もいるだろう。

もしも結婚を考えていた相手が、マスクを気にする人だったら、もしくは気にしない人だったら、どうなのだろうか。「これだけは譲れない」という感染症対策があるかどうか聞いた。

「外出時には必ずマスクをするかどうか」がやはりトップだった。男性の45.7%、女性の61.7%が「これだけは譲れない」と考えているようだ。また、「帰宅時に必ず手洗いやうがいをするかどうか」についても男性の30.7%、女性の45.0%と多くの人が譲れないと答えている。

結婚相手と「価値観が合う」かどうか、20~30代未婚男女の91.3%が重要視している

結婚する相手と価値観が合うかどうかは大切か、20〜30代の未婚男女に聞いた。すると、全体では91.3%が「重要だと思う」「どちらかと言えば重要だと思う」と答えている。男性では87.6%、女性では94.1%の人が、結婚する相手と価値観が合うかどうかは重要だと考えているようだ。

話し合った結果、価値観が合わない場合に「結婚しない」、男性の18.3%、女性の24.7%

結婚を考えている相手と、もしも価値観が合わずに話し合った結果それでも合意することができなかった場合に、どうするだろうか。結婚願望のある20〜30代未婚男女600人に聞いた。

全体の56.7%、男性では62.0%、女性では51.3%が「結婚する」と回答し、一方で男性の18.3%、女性の24.7%が「結婚しない」と回答している。

結婚する相手と価値観が合わない場合、男性は「自分の考えを変える」(18.0%)、女性は「結婚した後も話し合いを続けていく」(20.3%)

話し合った結果、それでも価値観が合わなかった場合にどうするかについて、さらに具体的に見ていく。

「説得して相手の考えを変える」と答えた男性は16.7%、女性は17.0%。こちらは男女で大きな差は見られなかったが、その他の項目では男女差が大きく開いたものもあった。

男性は「自分の考えを変える」が最も多く18.0%。女性は「結婚した後も話し合いを続けていく」が最も多く20.3%、「その人との結婚は諦めると思う」が続いて18.7%。男性は自分が変わるという選択肢を取る一方で、女性は話し合いによる双方の合意を重視する傾向があるようだ。

価値観について、話し合いは必要。ただし割り切らないと続かないことも

コロナ禍の生活における感染症対策に限らず、一緒に暮らしていく日常の中でこれだけは譲れないという価値観について、どんなものがあるか自由回答で聞いた。

【人間性・性格】

・それぞれの価値観については話し合っていくことが必要。しかし、割り切る部分がなければ一緒にいることは続かない(30歳・男性)
・何かあったときなどに話し合いをするのではなく、否定したり意見を押し付けたりしてくる人は嫌。話し合いができて、受容力がある人がいい(31歳・女性)
・子どもを大切にすること。価値観を押し付けないこと(22歳・男性)
・それぞれ苦手なことや嫌いなものを無理に克服させようとしないでほしい(24歳・女性)
・他人に迷惑をかける人は嫌なので、そこを理解できること。私が自由に誰かに会うことを許せる人(29歳・男性)
・店員さんに怒らない(23歳・女性)
・物事を考えるためのリテラシー的な部分は譲れないと思う。自分は人としてそうした点が一番重要だと考えているので、一致しないとストレスがかなり溜まってしまうと思う(23歳・男性)
・「おまえ」と呼ばれるのは嫌なので、親しくなっても敬語と丁寧語を使いたい(30歳・女性)
・自分がせっかちなので、時間の使い方にいろいろ言われたくない(31歳・男性)
・時間にルーズな人は無理(37歳・男性)
・特にない。2人で相談しながら物事を決めていくことができればいい(26歳・女性)

【生活習慣・家庭内】

・休日はゆっくり寝たいので、早起きしてどこかへ出掛ける頻度は少なくしてほしい(25歳・男性)
・料理はいつも薄味派なので、おかずが薄くても自分で調整してほしい(22歳・女性)
・潔癖症なので、手洗いうがいや、とにかく菌やウイルスを避ける生活を心がけてほしい(20歳・女性)
・家がユニットバスの場合、バスマットを頻繁に洗濯させてもらいたい(お風呂あがりに汚いものを踏むことができないため)(23歳・女性)
・トイレは座ってしてほしい(28歳・女性)
・ゲップや放屁など平気でする人は許せません。家族間でも許せません(36歳・女性)
・家電製品を自分で選びたい(39歳・男性)
・家にいることが好きなこと、掃除があまり得意ではない部分は理解してほしい(23歳・女性)
・ホルモンバランスによっては眠りが浅い日もあり、相手を起こしてしまったり、また相手の動きで起きてしまったりするので一緒の布団では寝られない(24歳・女性)
・1人で真っ暗な部屋じゃないと眠れない。一緒の部屋では寝たくない(20歳・男性)
・家事育児は分担する。1人の時間も必要だけど2人の時間も大切にすること。暴言暴力はなし(24歳・女性)
・どれほど相手のことが好きでも1人の時間は持ちたいので、それを理解して1人での趣味や外出をさせてほしい(34歳・男性)
・夫婦で時間をつくる(33歳・男性)

【金銭管理】

・住宅ローン以外の借金をしないこと。カードローンも不可。お金の管理がしっかりできるかどうかの部分は譲れない(39歳・女性)
・お金がないのに高い買い物をしようとしない。人から安易に借りようとしない。人に借りたお金(旅行の際のホテル代など、一時的に片方に負担がかかるものなど)はきちんと自分で把握し、返済できる人じゃないと無理(20歳・女性)
・自分で稼いだお金は好きなように使わせてほしい。女でも稼げて自立できているということを理解してほしい(24歳・女性)
・食料品や日用品にかけるお金を抑えたいので節約に付き合ってくれる方がいいです(23歳・女性)
・節約に関しては気をつけて生活してたので、そこは譲れないと思う(25歳・男性)
・お小遣い制が嫌(28歳・男性)
・将来に備えてある程度お金を貯めておきたいので、結婚後も自分の給料の中から一定額を貯金することは理解してほしい(29歳・男性)

【趣味・趣向】

・刺身などの食べ物の好み(23歳・男性)
・漫画やラノベは譲れない。人に迷惑をかけない趣味を許せない人とは一緒に暮らせないと思う(30歳・男性)
・アイドルの応援が趣味なので、それは譲れない。ライブに何回も行ったり、同じグッズを何個も買ったりすることは、自分のお金であれば文句は言わないでほしい(26歳・女性)
・昔からアイドル好きなので、そこが理解できないなら難しい(36歳・男性)
・コレクションを捨てるような人とは価値観は合わないと思う(32歳・男性)
・コレクションしたいものがあり、お金を使うと思う。相談はしたい(31歳・女性)
・競馬をしたい(29歳・男性)
・お酒、たばこ、ギャンブルはダメ(31歳・男性)
・爬虫類が好きで飼育している。好みが別れるので好きになってもらわなくてもいいが、自分がきちんと世話をするので、今後飼育頭数が増えたりしても許してほしい(27歳・女性)
・手芸が好きなので作品がたまっていくけれど、自分の部屋に置くので気にしないでほしい(29歳・女性)
・たまに1人で出掛けたり飲み歩いたりするけど、放っておくか一緒に楽しんでくれるくらいがいい(32歳・女性)
・友人との付き合いは大事にさせてほしい。なんなら一緒に参加してもいいので理解してほしい(22歳・男性)
・異性の親友が1人いるのですが、その親友とはこれから先も2人で遊ぶし会います。そのことを理解してほしい(26歳・女性)
・一緒に海外旅行に行ってほしい。1人だと危ないので一緒に行ってくれる人じゃないと結婚できない(28歳・女性)

<調査概要>
調査方法:インターネット調査
<調査1>
調査対象:20~39歳の未婚男女2,400名
集計期間:2021年9月27日~10月1日
<調査2>
調査対象:「結婚したい」と回答した20~39歳の未婚男女600名
集計期間:2021年9月28日~10月1日
Vol.155QOM総研「結婚相手との価値観の一致・不一致」に関するアンケート調査

出典元:タメニー株式会社
https://tameny.jp/

構成/こじへい

興味のあるジャンルを登録して@DIMEをもっと便利に!話題のコーヒーメーカー「BALMUDA The Brew」やAmazonギフト券が当たるキャンペーン実施中

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2021年11月16日(火) 発売

DIME最新号の特別付録は「自撮り棒一体型スマホ三脚」! 特集は「今聴くべき、ラジオと音声コンテンツ」、「家電進化論2022」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。