小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

ひとりの時間をフル活用!時間差で互いにフォローする家事シェアの極意

2021.11.20

夫婦の生活サイクルが大きく異なる場合、家事をどのように分担すればうまくまわるのか。時間差をうまく利用している夫婦宅を訪ねた。

〜最所家PROFILE〜

最所家PROFILE

[夫]崇さん
会社員・31歳。料理、掃除、ゴミ出し、皿洗い、弁当作りを担当。24時間勤務のため、夜勤明けの在宅時に家事全般をこなす。

[妻]早紀さん
歯科医師・28歳。料理、掃除、ゴミ出し、洗濯などを担当。帰宅時間が遅いため、平日はなかなか家事に手が回らないのが悩み。

ひとりの時間を利用して家事に集中

 最所夫妻が顔を合わせるのは2日に1度、しかも22時過ぎになることが多い。鉄道会社勤務の夫・崇さんが24時間勤務で、勤務日も不規則なためだ。妻・早紀さんは勤務医だが、多忙のため、おしなべて帰宅時間が遅い。よって、平日にふたりが一緒にくつろぐ時間はほとんどなく、「できるほうができる時に家事をする」というスタイルは至極当然となった。

 時間的にすれ違いがちなふたりを結びつけているのは、食事だ。ふたり共に在宅する日は、遅い時間であろうとも一緒にキッチンに立って料理をし、夕食をとるようにしている。また、崇さんは自身と妻のため、毎回3つの弁当作りを欠かさない。「自分の弁当を2個作るので、ついでに妻の分を作っているだけです」(崇さん)と言うが、その出来栄えたるや、なかなかのもの。栄養や彩りのバランスが良く、早紀さんはよく同僚からうらやましがられるそうだ。

 そのほかの家事は、互いにひとりの時間を利用して適宜こなしている。一軒家を建てる際、家事に集中できる空間設計にしたことも、多忙な夫婦の大きな手助けとなっているという。最所家には収納スペースが多く、広いランドリールームには乾燥機から取り出した洗濯物をその場でたためる作業机もあり、多機能スペースとして活用している。

「時間を気にせず使えるガス乾燥機や食洗機があると、本当に便利ですね。ラクだからこそ、家事をする気になれます」(崇さん)

「引っ越して家が広くなった分、掃除が大変になったので、お掃除ロボットが欲しいです」(早紀さん)

最所家の家事シェアDATA分析

最所家タイムスケジュール

夜勤明けの日中に手際よく片づけ

24時間勤務の翌日、自宅で過ごす夫が主に家事をこなす。動線を工夫し、家事ストレスを軽減した間取りが特徴だ。「2日に1回の作業ですし、無理せず続けられます」(崇さん)

最所家

会社帰りにスーパーに寄り、買い物をしてから帰宅するのが崇さんの日課。仕事カバンの中には常にマイバッグを入れている。

最所家

ランドリールームにはタオルや下着類を収納できる棚と作業デスクを設置し、収納のための移動をカット。乾燥機から取り出した洗濯物はその場でたたみ、しまうことができる。

最所家

彩り豊かな崇さん作の弁当。自身の夜用・昼用+妻の昼用、計3個の弁当を作る。

興味のあるジャンルを登録して@DIMEをもっと便利に!話題のコーヒーメーカー「BALMUDA The Brew」やAmazonギフト券が当たるキャンペーン実施中

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2021年11月16日(火) 発売

DIME最新号の特別付録は「自撮り棒一体型スマホ三脚」! 特集は「今聴くべき、ラジオと音声コンテンツ」、「家電進化論2022」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。