小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

景気回復は道半ば、3分の2の企業がコロナ禍でマイナスの影響を見込む

2021.11.15

2021年10月1日より、緊急事態宣言およびまん延防止等重点措置が全国で解除された。引き続き感染拡大を抑える取り組みを行いつつ、国民生活、企業活動は徐々に動き始めている。

そこで、帝国データバンクは、新型コロナウイルス感染症に対する企業の見解について調査を実施した。調査は、TDB景気動向調査2021年10月調査とともに行った。

新型コロナによりマイナスの影響を見込む企業66.6%

新型コロナウイルス感染症による自社の業績への影響、『プラスの影響がある』(「既にプラスの影響がある」と「今後プラスの影響がある」の合計)は5.9%(前月比0.9ポイント増)、「影響はない」は22.4%(同4.6ポイント増)、合わせて28.3%となった。一方で、『マイナスの影響がある』(「既にマイナスの影響がある」と「今後マイナスの影響がある」の合計)と見込む企業は66.6%(同5.5ポイント減)となり、3カ月ぶりに6割台に転じた。1度目の緊急事態宣言が発出された2020年4月以降最も低い水準となった。

業績への影響

緊急事態宣言等の解除による人出の増加などが起因し、これまで厳しさがみられていた居酒屋やホテルなどを含む個人向けサービス業では、『プラスの影響がある』の割合が10.2%となった。

さまざまな業界で厳しいながらも徐々に明るい兆しがみられるなか、好影響が波及し企業からは以下の前向きな声もあげられている。

 個人向けサービス業は、「飲食店」「旅館・ホテル」「娯楽サービス」「教育サービス」の合計

新型コロナウイルス新規陽性者数と業績にマイナスを見込む割合

年末年始を迎えるこの時期、大きく需要が拡大する業界の隣には波及して好調となる企業がある。外出機会が増加すると、靴屋や宝石店の需要が拡大するように、業界間のつながりを見極めることが新たなビジネスチャンスとなりそうだ。

構成/ino.

興味のあるジャンルを登録して@DIMEをもっと便利に!話題のコーヒーメーカー「BALMUDA The Brew」やAmazonギフト券が当たるキャンペーン実施中

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2021年11月16日(火) 発売

DIME最新号の特別付録は「自撮り棒一体型スマホ三脚」! 特集は「今聴くべき、ラジオと音声コンテンツ」、「家電進化論2022」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。