小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

第3世代の「AirPods」は「AirPods Pro」を超えた!?

2021.11.12

■連載/ゴン川野のPC Audio Lab

地を這う低音も量感たっぷりに再現

低音が薄いという印象のあった「AirPods」が第3世代になって新登場。試聴してみるとハイエンドモデル「AirPods Pro」に負けない音質を誇り、空間オーディオ、ダイナミックヘッドトラッキングに対応、防水性能はIPX4となり、電池寿命は最大6時間にアップ、充電ケース利用時は最大30時間に伸びている。充電ケースはMagSafeに対応した。

使用チップは第2世代と同じH1チップだが、専用のハイダナミックレンジアンプと高音質ドライバの組み合わせで、音質は格段に向上、ライバルは「AirPods Pro」と言える完成度だ。

カナル型は必要ナシと思わせるフィット感と開放感

ワイヤレスイヤホンは左右のハウジングに独立して電池を搭載するため、重量が増加しがち、それをしっかりフィットさせるためにイヤーチップやウイングを備えたカナル型が常識だったのだが、AirPodsがそれをくつがえした。イヤーチップレスの開放感のある着け心地、長時間使用しても耳に違和感がない、というメリットがあったが、ワークアウトやウォーキングなどの運動では外れやすい。低音の量感に乏しいという音質的なデメリットもあった。

これが第3世代では見事に改善され、耳へのフィット感が高まり、ズレにくくなり、音質も良くなっている。さらにタッチ操作も感圧センサー採用により、感度が高まり誤作動が少なくなった。カナル型が嫌いな人に、外音取り込み機能を使わなくても周囲の音を聞きたい人にもオススメのモデルに進化している。ANC不要であれば第3世代「AirPods」の一択である。

充電ケースはMagSafeに対応、ワイヤレスでも確実に充電できる

有線での充電はLightningケーブルを採用、ここはUSB-Cにして欲しかった

ステムのフラットな部分にセンサーがありタッチ操作対応。もちろんSiriも使える

Netflixで楽しみたい空間オーディオ

iOS15で使えるようになったのが空間オーディオとダイナミックヘッドトラッキングである。AirPodsが認識されると、iPhoneの音量調整スライダーにAirPodsのアイコンが表示される。スライダーを長押しすると拡大画面が表示され、空間オーディオ、オフ、固定、ヘッドトラッキング中という3つの選択肢が現れる。映画にオススメなのは固定である。頭の前後左右に音が広がり、サラウンド感に包まれた音場が出現する。ヘッドトラッキングはモーションセンサーを使ってスピーカーの位置が固定された音像定位を再現、耳を動かしても音源が動かないような再生ができる。ライブコンサートやゲームに向いていると思われるが、私は固定モードが好きだ。

空間オーディオとダイナミックヘッドトラッキングの両方に対応したストリーミングサービスがNetflixで、その効果を手軽に体験できる。一度、空間オーディオで映画を体験すると、もう普通のイヤホンには戻れないかもしれない。この機能は「AirPods Pro」でも使えるのだが、ダイナミックヘッドトラッキングの効果はAirPodsの方が強く感じられた。

気になる音質は「AirPods Pro」とほぼ同等になり、厚みのある中低域に支えられたピラミッドバランスで、透明感のある高域が楽しめる。超低域まで伸びた再生能力はProを超えている部分もあった。

左が接続完了時に出る画面、中央が音量調整画面、右が空間オーディオ操作画面である

探す機能にも対応したので、Bluetoothを利用して左右のイヤホンの位置を探索できる

写真・文/ゴン川野

興味のあるジャンルを登録して@DIMEをもっと便利に!話題のコーヒーメーカー「BALMUDA The Brew」やAmazonギフト券が当たるキャンペーン実施中

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2021年11月16日(火) 発売

DIME最新号の特別付録は「自撮り棒一体型スマホ三脚」! 特集は「今聴くべき、ラジオと音声コンテンツ」、「家電進化論2022」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。