小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

SNSのデータで見る学生の関心が高い企業200選

2021.11.12

「学生の注目企業2021」

No Companyは、SNSで学生ら関心が高い「学生の注目企業2021」を調査した。今回は、SNS分析ツール「THINK for HR」を使って、学生が就職活動で参考にするトップ20メディアに掲載された「企業名が入っている記事(該当する企業に関するあらゆる記事)」「企業の社員が取り上げられている記事」が、SNS(Facebook、Twitter)上でどれほど「いいね」や「リツイート」「シェア」「コメント」などのアクションをされたのか、その総量(=エンゲージメント量と呼ぶ)を計測。

ポジティブな反応、ネガティブな反応の双方を含んだ数値で、数が多いほど多くの学生が話題にしているという意味で「注目されている」と定義しているという。エンゲージメント量が高い企業、団体・組織200社をピックアップした。

■SNSデータから見る「学生の注目企業2021」

調査結果の考察

●直近1年間で、エンゲージメントを獲得しやすかったキーワードとは

2020年度から新型コロナウイルスの影響が続くなか、学生は企業の採用活動の変化に注目しており、なかでも「ワークスタイルの変化」に言及した企業に関心を寄せている。

テレワークなど志望企業の働き方がどうなっているのかや独自の新しい働き方を提唱する企業に興味を持つ学生が増えているようだ。

また、「理想」「成長」「挑戦」などのキーワードが入った記事が、高いエンゲージメントを獲得。個人が自分のキャリアをより重視するようになった結果、会社の方針と自身のキャリアビジョンが合うかどうかを気にする学生が増えていると考えられる。

●エンゲージメント量が高かった企業はどんな情報発信をしたのか

①企業・ブランドのインフルエンサーによる情報拡散

前澤友作氏が社員募集を発表したnote記事が注目されたスタートトゥデイや人気VTuberの世界観づくりに関われることをフックにした社員募集をWantedlyで発表したカバー、どちらも企業やブランドのインフルエンス力を活用したコンテンツ拡散が高いエンゲージメントを生んだと考えられる。

②ユーザーの日常生活との接点や意外性(ギャップ)を強調することで躍進

映画『天気の子』の気象監修を務めた研究官の記事が話題となった気象庁や初の中途採用での異色人材採用についての記事が話題となった防衛省が、高いエンゲージメントを獲得した。

両省庁に共通するのは、学生にとって馴染みのない省庁の仕事について身近な日常生活(エンタメ)との結びつきを明らかにした点。

このほか、デジタル庁がオープンに情報発信をしているnoteのエンゲージメントも高く、想像がつかない堅い仕事だと思われていた省庁の仕事を身近に感じさせる情報発信が「意外性」を生み、学生の注目を集めたと考えられる。

③3年連続で注目されている6社は“働くイメージ”や“憧れ”の醸成に強み

マネーフォワード、メルカリ、サイバーエージェント、サイボウズ、アマゾンジャパン、Googleの6社は3年連続で上位200社以内に選出されている。

マネーフォワード、メルカリ、サイバーエージェント、サイボウズは、複数のメディアで「社員(元社員)が会社の姿や自身の価値観を語る記事」が高いエンゲージメントを獲得した。

マネーフォワードでは、ワーキングマザーとしてキャリア形成する女性社員の記事、メルカリでは退職者が会社への感謝を語った記事がそれぞれ特に注目された。

各企業の「働きやすさ」や「働くイメージ」を伝える情報発信が学生の共感を得たと考えられる。一方、アマゾンジャパン、Googleからは、社員に関する情報発信はほとんどなく、社会情勢に合わせた「企業姿勢」や「事業内容」、また高水準の「給与」や効率的な「ワークスタイル」など、学生が“憧れ”を抱きやすい内容の記事が注目された。

また、メルカリ、サイバーエージェント、サイボウズの3社は、いずれも人気のオウンドメディア(メルカン、FEATUReS、サイボウズ式※今回の調査では対象外)を運用しており、高いエンゲージメントを獲得。ここで獲得した知名度や好感度がその他メディア記事のエンゲージメントのしやすさにも好影響をもたらしていると考えられる。

調査概要
企業、社員について書かれた記事がTwitter、Facebook上でどれほどエンゲージメントしているか調査
・データ取得期間:2020年7月1日~2021年6月30日
・調査ツール:スパイスボックスのオリジナル・ソーシャルリスニングツール「THINK for HR」
・調査対象:20媒体
・調査方法:今回の調査では、各記事に関するエンゲージメント量を企業ごとに合算して発表。

関連情報:https://www.no-company.co.jp/

構成/DIME編集部

興味のあるジャンルを登録して@DIMEをもっと便利に!話題のコーヒーメーカー「BALMUDA The Brew」やAmazonギフト券が当たるキャンペーン実施中

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2021年11月16日(火) 発売

DIME最新号の特別付録は「自撮り棒一体型スマホ三脚」! 特集は「今聴くべき、ラジオと音声コンテンツ」、「家電進化論2022」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。