小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

生活習慣の改善によって心房細動を抑制できる可能性、金沢大学研究グループ報告

2021.11.08

生活習慣改善で心房細動を抑制できる可能性――特定健診受診者を5年追跡

健康的な生活を送っている人は心房細動のリスクが低いことが、日本人対象の研究から明らかになった。

金沢大学大学院医薬保健総合研究科循環器病態内科学の多田隼人氏らが特定健診受診者を対象に行った縦断研究の結果であり、詳細は、「Nutrients」に9月15日掲載された。

心房細動は不整脈の一種で、心原性脳梗塞の原因でもある。心原性脳梗塞は、心臓内にできた血栓が脳の動脈に運ばれて起こる脳梗塞。

このタイプの脳梗塞は梗塞の範囲が広いことが多く、重症になりやすい。高齢化などにより心房細動の患者数は世界的に増加しており、日本も例外でない。

心臓や脳の疾患リスクを抑制するために、米国心臓協会(AHA)は修正可能な7つの生活習慣関連因子(血圧・脂質・血糖管理、禁煙、健康的な食事、適正体重の維持、運動習慣)を「Life’s Simple 7」とまとめ、啓発活動を続けている。

また、米国からはLife’s Simple 7へ介入することの有効性も既に報告されている。

しかしアジア人を対象とした研究は少なく、Life’s Simple 7と日本人の心房細動リスクとの関連は不明。多田氏らはこの点を明らかにするために、以下の研究を行った。

研究対象は2013年に金沢市で特定健診を受診し、12誘導心電図検査が施行された40歳以上の一般住民のうち、ベースライン時に心房細動がなく、5年間の追跡期間中に少なくとも1回は再度健診を受け、解析に必要なデータ欠落のない3万7,523人(平均年齢72.3±9.6歳、男性36.8%)。

健診時の質問票の回答を基に、7つの生活習慣それぞれを0~2点にスコア化し、合計14点満点の「心血管健康スコア(CVHスコア)」によって、生活習慣が健康的か否かを判定した(例えばBMIは25未満が2点、25~30が1点、30以上が0点)。

ベースライン時のCVHスコアの合計は正規分布していて、平均は9±1点だった。

 中央値5年の追跡期間中に、703人が新たに心房細動を発症した。心房細動発症群と非発症群を比較すると、前者は高齢で男性が多く、BMIが高値であり、習慣的飲酒者、心疾患や脳卒中の既往者が多く、腎機能(eGFR)は低く、それぞれの群間差が有意だった。

血圧や血糖、総コレステロールについては、それらの測定値の平均は有意差があったが、個々のCVHスコアの群間差は有意でなかった。

合計CVHスコアに基づき全体を3群に分類した上で、1,000人年当たりの心房細動発症率を比較すると、スコア1~9点の生活習慣「不良群」(2万177人)は発症率4.9、10点の「中間群」(8,819人)は4.1、11~14点の「良好群」(8,527人)は3.6だった。

年齢、性別、心疾患・脳卒中の既往、習慣的飲酒、eGFRの影響を調整し、不良群を基準として他群の心房細動発症リスクを検討すると、良好群はハザード比(HR)0.79(95%信頼区間0.65~0.96)と、リスクが有意に低かった。

中間群はHR0.92(同0.76~1.10)で非有意だった。

次に、年齢を75歳未満/以上に層別化して検討。すると、75歳未満の群では良好群のハザード比が0.68(同0.49~0.94)であり、生活習慣が健康的であることにより心房細動発症リスクがより大きく低下することが明らかになった(中間群は非有意)。

一方、75歳以上では良好群でもハザード比0.88(同0.69~1.14)であり、有意なリスク低下は認められなかった。

この結果から著者らは、「7つの生活習慣関連因子が良好であることは、75歳未満の日本人の心房細動発症リスクが低いことに、独立して関連している」と結論付けた上で、「修正可能な生活習慣の改善の啓発が、心房細動増加の抑制につながる可能性がある」と述べている。(HealthDay News 2021年11月1日)

Abstract/Full Text
https://www.mdpi.com/2072-6643/13/9/3201

Copyright © 2021 HealthDay. All rights reserved.
Photo Credit: Adobe Stock

構成/DIME編集部

興味のあるジャンルを登録して@DIMEをもっと便利に!話題のコーヒーメーカー「BALMUDA The Brew」やAmazonギフト券が当たるキャンペーン実施中

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2021年11月16日(火) 発売

DIME最新号の特別付録は「自撮り棒一体型スマホ三脚」! 特集は「今聴くべき、ラジオと音声コンテンツ」、「家電進化論2022」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。