小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

ステイホームでも鉄旅を満喫できる「冷凍駅弁」おすすめ3選

2021.11.22

 鉄道旅のお供・駅弁。今年のトレンドは「冷凍駅弁」だ。

 新型コロナの感染拡大で人が駅に来ない、旅に出ないとなれば自宅まで届けようと、創業100年を超える老舗までもが、生き残りをかけ、「冷凍駅弁」の通販販売に続々と参入している。

 実はこれまでも大都市から遠い一部の駅弁会社では冷凍駅弁の通信販売を行なっていたが、多くの会社が初挑戦。そんな新規参入組にとって、最大のネックとなったのが消費期限の問題だった。

 従来の駅弁のそれは製造当日か数日間、冷凍は長期保存が前提。鍵を握るのは、冷凍技術だった。

「冷めてもおいしい」弁当から「温めておいしい」弁当へ。各社、試行錯誤が続いた。磁石・電磁波・冷風という3つの力で素早く冷凍し食品細胞の破壊を防ぐ、おせち冷凍でも注目の最新式プロトン冷凍を転用したり、漁港で使われるような大型フリーザーを導入する会社も現われた。一方、解凍技術も難しく、家庭用電子レンジの短時間解凍でも、駅売りと同じ味わいを再現すべく苦心が続いたという。いまだレンチン、流水、自然など解凍方法や時間に課題はあるが、そこは各社のさらなる努力により、味の進化を期待したい。

 冷凍駅弁は、家にいながら旅気分が楽しめて、小腹がすいた時にも重宝する。ただ、既存の冷凍食品との差別化は重要だ。例えば、静岡の東海軒では冷凍駅弁開発と、明治時代の木版手刷り復刻掛け紙をセットにし、クラウドファンディングに挑戦することで駅弁の文化的価値を見い出している。

 弁当は凍らせても、駅弁という日本独自の食文化はホカホカの状態で永遠につないでいきたい。

駅弁ライター・望月の今、食すべき冷凍駅弁3選

望月崇史

望月崇史
放送作家。ラジオ番組をきっかけに始めた全国の駅弁食べ歩き生活19年、食べた駅弁は5000個以上!

【岡山駅】岡山名物でお祭り気分!

三好野本店『冷凍桃太郎の祭ずし』

三好野本店『冷凍桃太郎の祭ずし』1100円

昭和38年発売の人気駅弁。桃のフタを開けると酢の香りとともに鰆、ままかりなど瀬戸内らしい魚が錦糸玉子や煮物と彩り豊かに現われ、食卓がお祭り気分になる。

三好野本店『冷凍桃太郎の祭ずし』三好野本店『冷凍桃太郎の祭ずし』

【おしながき】
・酢飯(岡山県産米使用)・錦糸玉子・えび煮・焼き穴子・鰆の酢漬け・ままかりの酢漬け・酢だこ・あさり煮・おぼろ・椎茸煮・筍煮・酢れんこん・青菜漬け・紅生姜

〈駅弁トリビア〉冷凍化で容器素材をポリスチレンから耐熱のポリプロピレンに変更。解凍後約40分おくと、より一層おいしい!

【新神戸駅】柔らかい明石だこに大満足

淡路屋『【冷凍】ひっぱりだこ飯 3食セット(どこでも駅弁シリーズ)』

淡路屋『【冷凍】ひっぱりだこ飯 3食セット(どこでも駅弁シリーズ)』2460円

ゴロリとのった「明石だこ」の旨煮が柔らかい! 香ばしいたこ飯に混ぜ込まれた穴子や一緒にのったたこ天も魅力。小腹がすいた時にもちょうどいい量。3食セットを家に常備したい。

淡路屋『【冷凍】ひっぱりだこ飯 3食セット(どこでも駅弁シリーズ)』

【おしながき】
・味付けご飯・たこ煮・錦糸玉子・たこ天・菜の花醤油漬け・椎茸煮・穴子煮・竹の子煮・人参煮

元祖はコチラ!

『ひっぱりだこ飯』

明石海峡大橋開通記念で生まれた『ひっぱりだこ飯』。駅売りは陶器製蛸壺型容器を使用。中に隠れた具材を引っ張り出すのが楽しい!

3個セットも人気!

『きつねの鶏めし』

『きつねの鶏めし』

『神戸名物すきやき弁当』

『神戸名物すきやき弁当』

『ひっぱりだこ飯』のほか、名物駅弁の3個セットもおすすめ。2380円。

〈駅弁トリビア〉調理の簡単さとおいしさをうまく両立させた。自然解凍にも対応。朝、冷凍庫から出せばランチには食べ頃だ。

【有田駅】28種のスパイスが香ばしい

有田テラス『有田焼カレースタンダード(市松桜)』

有田テラス『有田焼カレースタンダード(市松桜)』1980円

28種のスパイスが詰まった薬膳カレー。「チン!」の音とともにあたりは一気にスパイシーな香りに包まれる。佐賀牛に佐賀県産米と地元食材にもこだわる。

有田テラス『有田焼カレースタンダード(市松桜)』

有田テラス『有田焼カレースタンダード(市松桜)』

有田焼の器に入った焼カレーで『有田焼カレー』と命名。九州駅弁グランプリ1位の実績も!

〈駅弁トリビア〉有田焼の遠赤効果で焼き上げることで旨味が増す。干支や猫など、有田焼のデザインが選べるのも楽しい。

取材・文/望月崇史

※本記事内に記載されている商品やサービスの価格は2021年9月30日時点のもので変更になる場合があります。ご了承ください。

DIME12月号の特集は「行列店に学ぶヒットの方程式」

DIME12月号の特別付録は、キャンプ、登山、アウトドア、DIY、自動車の修理、防災グッズなど、いろんな場所で使える便利な「4WAYポータブルランタン」です。付録とは思えないほどのクオリティーで、4WAYという名称の通り、様々な使い方ができるほか、お洒落な迷彩柄のデザインが特徴。

Amazon: https://www.amazon.co.jp/dp/B09HFZWY4G

興味のあるジャンルを登録して@DIMEをもっと便利に!話題のコーヒーメーカー「BALMUDA The Brew」やAmazonギフト券が当たるキャンペーン実施中

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2021年11月16日(火) 発売

DIME最新号の特別付録は「自撮り棒一体型スマホ三脚」! 特集は「今聴くべき、ラジオと音声コンテンツ」、「家電進化論2022」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。