小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

松本人志プロデュースのAmazon Original番組「HITOSHI MATSUMOTO Presents ドキュメンタル」シーズン10の配信が決定

2021.11.06

『HITOSHI MATSUMOTO Presents ドキュメンタル』シーズン10

Prime Videoは、 松本人志氏企画・プロデュースのAmazon Original番組『HITOSHI MATSUMOTO Presents ドキュメンタル』シーズン10を、 2021年12月3日(金)よりプライム会員向けに独占配信する(本編5話)。 2016年に配信が開始された当番組は、 この度10シーズン目をむかえる。

「ドキュメンタル」シリーズは、 松本人志氏によって選ばれたお笑い芸人たちによる、 妥協なしの、 究極に自由な“笑わせ合いバラエティ”番組。

「最後まで笑わなかった者、 他者を笑わせてポイントを多く獲得したものが優勝」というルールのもと、 参加者は、 優勝賞金1,000万円を懸けた笑わせ合いバトルに挑む。

Prime Videoで不動の人気を誇る本作は、 最長のバラエティ番組としてついに10シーズン目に突入。 また、 日本発のお笑い番組フォーマット、 海外版『LOL:Last One Laughing』として輸出され、 国と言語、 文化の壁を乗り越え大成功を収めている。

『LOL:Last One Laughing』は、 現在、 メキシコ、 オーストラリア、 イタリア、 ドイツ、 フランス、 インド、 スペインで配信中、 今後ブラジル、 カナダでも配信が予定されている。 (現在日本では、 オーストラリア、 メキシコ、 ドイツ、 イタリア版を視聴できる。 )

Amazonスタジオ アジアパシフィックの責任者であるエリカ・ノース氏は、 次のようにコメントしている。

「『HITOSHI MATSUMOTO Presents ドキュメンタル』の10シーズン目をお客様にお届けできることを大変うれしく思います。 この番組は、 当社の世界的なヒット作、 海外版ドキュメンタル『LOL:Last One Laughing』にインスピレーションを与えたもので、 日本発の素晴らしいアイディアが世界中で成功できることを示してくれました。 このフランチャイズが今後どのように進化していくのが楽しみです。 ドキュメンタルシリーズにどうぞご期待ください。 」

本シリーズのプロデューサーである、 松本人志氏は、 以下のようにコメントしている。

「いよいよ記念すべきシーズン10ということで、 “これ”はいつかはやりたいと思っていたんですよね。 とうとうできることが決まったので、 すごいなって。 見てくれる人もたぶん、 十分納得できるものになったと思います。 」

Prime Videoでしか見ることのできない、 芸人同士の自由演技による本気の実力勝負。 節目となる10シーズン目の笑わせ合いバトルに松本氏が用意しているものは何なのか、 そして、 シリーズに新たな歴史を刻むのは誰なのか。 注目の番組詳細、 参加者は後日発表!

『 HITOSHI MATSUMOTO Presents ドキュメンタル 』 シーズン 10   概要

タイトル: 『HITOSHI MATSUMOTO Presents ドキュメンタル』シーズン10
配信開始日:2021年12月3日(金) ※配信内容・スケジュールは予告なく変更になる場合がある。
話数: 本編5話一挙配信
出演: 松本人志(ダウンタウン)  ※参加者は後日発表。
コピーライト: (C)2021 YD Creation
番組URL: http://www.amazon.co.jp/documental

構成/DIME編集部

興味のあるジャンルを登録して@DIMEをもっと便利に!話題のコーヒーメーカー「BALMUDA The Brew」やAmazonギフト券が当たるキャンペーン実施中

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2021年11月16日(火) 発売

DIME最新号の特別付録は「自撮り棒一体型スマホ三脚」! 特集は「今聴くべき、ラジオと音声コンテンツ」、「家電進化論2022」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。