小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

ビットコイン、イーサリアム、注目を集める仮想通貨投資の最新動向

2021.11.03

ビットコインなどの仮想通貨に関連する最新動向について@DIMEから厳選紹介します。

ビットコイン

ビットコインが「デジタル・ゴールド」といわれる理由

ビットコイン

もし日本政府がなくなってしまったら、日本銀行券は紙くずになる。しかし、金(ゴールド)は、希少性が高く、他国通貨との交換が可能であるため、安全資産といわれている。そのため政情不安や戦争勃発などの有事の際はよくゴールドが買われる。しかし、ゴールドは重く、物理的に持ち運びが大変な欠点がある。この欠点を解消できるのがビットコインだ。ビットコインはそもそもデータなので有事の際に重いゴールドを持ち運ぶより効率がよい。そのため情勢が不安定になると、世界のお金がビットコインへ流れ、価格が急騰してきた。それゆえ、最近では「デジタル・ゴールド」とも呼ばれるようになっている。

【参考】https://dime.jp/genre/1225564/

史上最高値を更新したビットコインとイーサリアムの取引動向

2021年10月、ビットコインは高値7,546,483円を、イーサリアムは高値491,729円をつけ、史上最高値を更新した。ではこの2銘柄の高値更新は、取引動向にどのような影響を与えたのだろうか? GMOコインは、今回、2021年1月〜10月の「販売所」におけるビットコインとイーサリアムの価格推移と取引金額について調査を実施した。

【参考】https://dime.jp/genre/1251707/

「ビットコインは大暴落する前提で考えよ」経済学者が語る仮想通貨投資のリスク

中央銀行が発行する法定通貨をデジタル化したものがCBDCだ。表面的にはキャッシュレス社会の実現に向けた取り組みだが、実態は国単位での覇権争いの道具になるとみられており、2022年には中国が先んじて「デジタル人民元」を実用化すると言われている。米国をはじめ先進国は慎重派だが、アジアやアフリカ地域のいわゆる発展途上国では基軸通貨への可能性を前のめりに検討している国が多い。

【参考】https://dime.jp/genre/1226587/

「ビットコインは大暴落する前提で考えよ」経済学者に聞く投資リスクの捉え方

ビットコイン投資で億り人になりたいという人に対し、年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)の運用委員を務めた投資のプロであり、経済学者の小幡績准教授は「現実を見よ」と警鐘を鳴らす。仮想通貨関連では2022年以降も様々なイベントが待ち受けているが、それでも、ビットコインは大暴落してしまうのか?

【参考】https://dime.jp/genre/1226538/

構成/DIME編集部

興味のあるジャンルを登録して@DIMEをもっと便利に!話題のコーヒーメーカー「BALMUDA The Brew」やAmazonギフト券が当たるキャンペーン実施中

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2021年11月16日(火) 発売

DIME最新号の特別付録は「自撮り棒一体型スマホ三脚」! 特集は「今聴くべき、ラジオと音声コンテンツ」、「家電進化論2022」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。