小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

【動画付き】見た目と真逆!?街中でも圧倒的に運転しやすいシボレー「コルベット クーペ」

2021.10.31

連載/石川真禧照のラグジュアリーカーワールド

 ふだんは、アメリカ車に興味のない人でも「コルベット」の名は耳にしたことがあるだろう。1954年に初代がデビュー、以来、アメリカで現存する唯一の2シータースポーツカーとして君臨するクルマだ。

 その「コルベット」の新型モデルがようやく日本に上陸した。ようやくと書いたのは、本国でのデビューは2019年7月だったから。2020年式として新型「コルベット」が発表された(アメリカでは「コルベット スティングレイ」。日本ではスズキがかつて「スティングレイ」という軽スポーツを発売しており、商標権を持っている)。その時の内容の中に日本仕様のことが書かれていた。

「コルベット」初の右ハンドル車を生産、日本市場に導入する。「コルベット」の販売台数で右ハンドルが占める割合は少ないが、シボレーはそこを認め、右ハンドルの生産に踏み切ったのだ。2020年8月、日本での価格が発表され、クーペに続き、コンバーチブルの販売も決定。予約を開始したものの、納車は2021年5月まで待たなければならなかった。それもコロナ禍の影響で遅れ気味に。そして、ようやく今年の夏に第1陣が上陸。グレードはクーペが2LTと3LTの2グレード。コンバーチブルは1グレードの計3グレード。クーペのグレードの違いは主に内外装の材質の違いなど。室内は完全に2人乗りでタイト感のある運転席は、戦闘機のコクピットをイメージしたものだという。助手席に座っても包まれている感覚になる。

 8代目にあたる新型「コルベット」で大きく進化したのがパワーユニットだ。これまでの「コルベット」は、フロントに大排気量V8エンジンを搭載し、後輪を駆動するというアメリカンマッスルカーの伝統を継承してきた。スタイリングの特徴は、長いボンネットと短いトランクスペース=ロングノーズ、ショートデッキだった。新型は、V8エンジンはそのままに、フロントから乗員のすぐ後ろ、ミッドシップに移された。エンジンはV8、OHVで、排気量は6153ccの自然給気エンジン。このスペックは先代から変わっていない。

 ボディーサイド、空気取り入れ口に埋め込まれたドアノブを押し、運転席に座る。助手席との間の仕切りにはタテ1列にエアコンなどのスイッチがズラリと並ぶ。操作性よりもデザイン的に圧巻のレイアウトだ。

 ドライビングモードも疑っている。レーストラック/スポーツ/ツーリング/マイ/悪天候のモードが選べる。さらに中央の画面表示でステアリング/サスペンション/エンジン・シフト/ブレーキフィーリング/エンジン音/PTMが調節できる。モード表示の違いでドライバー正面の液晶メーターの表示も変わる。モードにより、加速度計まで表示される。

 ミッドシップのエンジンは、クーペでは車外から見ることができる。コンバーチブルはルーフを収める部分の下になるため、カバーが貼られており、見ることはできない。「コルベット」が他のスーパースポーツと異なるのは、実用性の高さだ。これはアメリカ車の考え方が受け継がれている。

 例えば、トランクスペースは車体の前後にあるが、前部は深さが45~56cmと深い。これはミッドシップスポーツのフェラーリやポルシェにも採用されている。凄いのはリアのスペース。ここにゴルフバッグが小型サイズなら2セット入る。フルセットのバッグでも1セット収納ができるのだ。

 しかも、トランクリッドはオートクロージャーを採用。クーペの場合、このスペースに外したタルガルーフが収納できるのだ。タルガルーフは3か所のフックを外し、大人2名で扱うことができる。クーペもタルガルーフなので、コルベットにクローズドルーフのモデルは存在しないのだ。これも新型の特徴といえる。

 そしてクーペ3LTから試乗。この後、コンバーチブルも試乗した。V8、6.2ℓ自然給気エンジンは502PS、637Nm。クーペの車両重量は1670kg。コンバーチブルより30kg軽い。ミッションは8速電子制御AT。シフトは電気式なので、センターに並ぶシフトレバーはミッションと機械的にはつながっていない。V8エンジンは走行状況によりV4の気筒休止も行なう。V8、V4はメーターパネル内に表示される。燃費は実走行で5~8km/Lだった。

 いよいよスタート。エンジン始動で爆音系の咆哮が1回。そのあとは大人しくアイドリングする。街中では60km/hは6速1200回転と大人しい。その後、高速道で100km/h巡航すると8速1300、7速1500、6速は2000回転をキープする。音に関してはツーリングモードは4000回転、スポーツモードでは5500回転から爆音モードに入る。0→100km/h加速はストップウォッチでも4秒台前半をたたき出した。OHVエンジンも6500回転まで、スムーズに上昇する。

 高速道路を疾走するのも、安定感があり楽しいが、なんといってもワイドで低い車体は コーナーで楽しさ(と恐怖!?)が倍増する。手首の動きで俊敏に反応するコーナリングはまさにスポーツカー。しっかりと体を支えてくれるセミバケットシートが有難い。

 しかし、乗り心地は決してソリッドな硬さでなく、突き上げも少ない。この乗り心地のよさは欧州のミッドシップスーパースポーツでは味わえない部分。見た目のスーパースポーツ感とは異なり、信じされないかもしれないが、新型「コルベット」は、乗り心地も悪くなく、街中でも運転しやすく、ラゲージスペースも十分、というのが試乗した印象。この素晴らしさは実際にハンドルを握ってみないと、理解ができないかもしれない。

◆ 関連情報
https://www.chevroletjapan.com/cars/all-new-corvette/model-overview.html

文/石川真禧照(自動車生活探検家)

雑誌「DIME」の連載「カー・オブ・ザ・ダイム」を長年にわたり執筆。取材で北米、欧州、中東、アジアをクルマで走破するなど、世界のクルマ事情に詳しい。国内外で年間に試乗するクルマは軽からスーパーカーまで200台以上。日本自動車ジャーナリスト協会(AJAJ)副会長。日本モータースポーツ記者会(JMS)監事。日本カー・オブ・ザ・イヤー(COTY)選考委員。

撮影/萩原文博(静止画)、吉田海夕(動画)

興味のあるジャンルを登録して@DIMEをもっと便利に!話題のコーヒーメーカー「BALMUDA The Brew」やAmazonギフト券が当たるキャンペーン実施中

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2021年11月16日(火) 発売

DIME最新号の特別付録は「自撮り棒一体型スマホ三脚」! 特集は「今聴くべき、ラジオと音声コンテンツ」、「家電進化論2022」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。