小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

編集部が厳選!新米のおいしい季節におすすめの新品種米とごはんのお供はコレ!!

2021.10.31

新米をスーパーなどで見かける時期。ぜひ美味しくご飯を食べたいものだ。美味しく食べるのにまず必要になるのが、お米の品種選び。いつものお気に入りの品種もいいが、たまには新しい味を試してみるのもいいのでは。

そこで今回は、近年、各地で誕生したお米の新品種である、鳥取県の「星空舞」、千葉県の「粒すけ」、秋田県の「サキホコレ」の特徴を紹介。さらに、ご当地グルメでご飯のお供になるものも合わせて紹介する。

注目の新しいお米の品種3選

1.鳥取県の「星空舞(ほしぞらまい)」

【どんなお米?】

星空舞は、鳥取県で2018年(令和元年)に本格販売が開始された、鳥取県農業試験場が開発した米の新品種。

その名の由来は、見た目が透き通っており、鳥取県が名乗る“星取県(ほしとりけん)”から生まれた「星のように輝くお米」であることからきている。鳥取県は、県内全域にわたって美しい星空を観察できることから星取県を名乗っているのだ。

星空舞は、夏の猛暑にも負けない品種を目指して、コシヒカリの子孫にあたる「ゆめそらら」を5年間かけて交配。コシヒカリのおいしさはそのままに、倒れにくく高温に強いお米に仕上がった。

今年は、9月下旬に初出荷。鳥取県内をはじめ、関西を中心に、九州や関東の一部の米穀店等での販売を計画しているという。

実はこの星空舞、六本木ヒルズの屋上庭園で毎年、行われている稲作に選ばれており、今年5月に田植えがされたが、この秋、すくすくと育った末に、10月9日に稲刈りが実施された。東京の都会のど真ん中で収穫された星空舞。都内でも広がっていくかもしれない。

六本木ヒルズ屋上庭園での「星空舞」稲刈り風景(森ビル提供)

【イチオシポイント】

鳥取県の担当者は、星空舞のイチオシポイントとして、次のことを挙げる。

・白米が綺麗で透き通っている
・炊いたお米のツヤが優れる
・お米のおいしさの指標である「味度値」が高い
・適度な粘りと弾むようなしっかりとした粒感がある
・水を抱き込む量が多いため、冷めても食感が変わらず美味しい

また、星空舞の他のお米にはない強みとして、「夏場の高温に強く、一等米に格付けされやすい」「コシヒカリより背丈が短く、倒れにくい」「いもち病にかかりにくい」といったことがあるという。

【おすすめの食べ方】

星空舞はどのように食べるのが一番向いているか尋ねたところ、「おにぎりに向いている」とのこと。

おにぎりは冷めてからが勝負なので、星空舞のような、冷めても食感が変わらないお米が適しているのだそうだ。

【ご飯のお供に!ご当地グルメ】

星空舞はもちろん、鳥取県産米を美味しく食べるためのご飯のお供になるご当地グルメを担当者に3つ挙げてもらった。すべてアンテナショップ「とっとり・おかやま新橋館」で購入できるそうだ。

●「福の誉 じゃことらっきょうの生ラー油」

「福の誉 じゃことらっきょうの生ラー油」100g 788円(税込)

「らっきょうのシャキシャキした食感と、生ラー油の旨辛味のバランスがよく、星空舞との相性もばっちり。星空舞のツヤツヤご飯にかかった生ラー油の鮮やかな色と香りが、食欲をそそります」

●「板わかめ」

「板わかめ」30g 1,280円(税込)

「日本海でとれた天然ワカメを板状に乾かしただけの、シンプルさが懐かしいソウルフード。細かくくだいて星空舞のご飯に乗せると、磯の香とワカメが持つ自然な塩気でごはんが進みます」

●「ホタルイカの醤油漬け」

「ホタルイカの醤油漬け」130g 346円(税込)

「日本海でとれた新鮮なホタルイカを秘伝の醤油だれに漬け込んだ一品。つるんとしたイカの食感と醤油だれが星空舞に絡み合って絶妙なハーモニーを楽しめます」

2.千葉県の「粒すけ」

※パッケージデザインは販売元により異なる。この千葉県マスコットキャラクターチーバくんのロゴマークが目印。

【どんなお米?】

千葉県の「粒(つぶ)すけ」は、2020年(令和2年)秋に本格デビューした、千葉県が13年かけて開発したオリジナル新品種だ。

その名には「自分の子どものように愛着をもってもらいたい」という思いが込められている。

千葉県は、その温暖な気候を活かして、お米を首都圏へいち早く届けられる「早場米(はやばまい)」が特徴だ。しかし、千葉県内の作付けの約6割を占める「コシヒカリ」は、近年、多く発生している稲刈り時期の強風や長雨などで倒れやすく、収穫に手間がかかるなどの課題があった。そこで、食味が良く、台風にも負けない、力強い品種を目指して、開発されたのが粒すけだ。

消費者からの評価も高く、デビュー2年目の今年は昨年の2倍以上の面積で栽培されるなど、その注目度は高まっている。

現在は千葉県、東京都の一部、埼玉県の一部、オンラインを中心に販売されている。

【イチオシポイント】

千葉県の担当者は、粒すけのイチオシポイントとして、次のことを挙げる。

・お米の粒が大きい
・コシヒカリよりも収量が多い
・茎が短くて倒れにくく、作りやすい
・ほどよい粘りと弾力で、コシヒカリと同等以上のおいしさ
・和食、洋食、中華など、色々な料理に合う食感

【おすすめの食べ方】

粒すけのおすすめの食べ方を尋ねたところ、「まずは白米で、大粒、弾力、ほどよい粘り、食感といった粒すけの特徴を味わっていただきたいです」とのことだった。お米そのものの味わいを楽しむのが一番というわけだ。

【ご飯のお供に!ご当地グルメ】

千葉県のご当地グルメの中には、ご飯のお供になるものにはどんなものがあるのだろうか? 今回は、ちばの「食」産業連絡協議会と共に実施しているという県産農林水産物を主たる原料とする加工食品のコンテスト「食のちばの逸品を発掘」の2021年の結果より、一般部門上位3点を紹介してもらった。

●一般部門「金賞」

「房総真鯛と黄金鰺のお茶漬けセット“彩”」
鯛胡麻、鰺生姜、鯛柚子胡椒、鰺梅各1袋入3,280円(税込)

審査員コメント
「魚の身だけでなく骨なども活用しており、地元の魚の風味が十分活かされている。旅館で食べるような高級な味を楽しめる、網元がつくる逸品。房総ならではのお土産としてもお勧めしたい」

●一般部門「銀賞」

「炭焼き鶏丼」100g 550円(税込)

審査員コメント
「県産銘柄鶏(錦爽鶏)の食味の優れた良質な部位と、直営農場で栽培した野菜を使用したこだわりの調味料が、美味しさを創りだした逸品。炭火焼の香りも良い」

●一般部門「銅賞」

「青飛び」全型10枚 1,080円(税込)

審査員コメント
「千葉県の一番摘みの海苔を使用しており、海苔の風味が口の中で爽やかに残り、溶ける感じの食感が新鮮。素材選びのノウハウと品質管理、独自の焼き上げにこだわりが感じられる商品」

3.秋田県の「サキホコレ」

【どんなお米?】

サキホコレは、2022年の本格デビューに向けて2021年11月6日に全国一斉に先行発売される秋田米のフラッグシップ品種。「コシヒカリを超える極良食味品種」をコンセプトに、食味に徹底的にこだわって開発された。

この名称には、「秋田の地力」から生まれた「小さなひと株」が、誇らしげに咲き広がって、日本の食卓を幸せにしてほしいとの願いが込められており、「サキホコレ」は、このお米自身へのメッセージであると同時に、生産者や消費者に明るいチカラを与えてくれる「エール」でもあるとのこと。

栽培特性として、秋田県の代表品種「あきたこまち」並の収量を実現し、いもち病に強く、高温や低温による品質低下も少ないといったように、栽培上の弱点も克服しているという。

【イチオシポイント】

秋田県の担当者からイチオシポイントを教えてもらった。

・食味を追求した秋田米の最上位品種
「白さとツヤが際立つ外観、粒感のあるふっくらとした食感、上品な香りと噛むほどに広がる深い甘みが特徴で、外観・香り・食味が、高い次元でバランス良く調和したお米です」

・プロが認める美味しさ
「デビュー前から、著名な五ツ星お米マイスターや流通業者の方々等から求評いただき、その美味しさは折り紙付きです。『「日本人の好み」に一番近い“正統派”のお米』や『日々の生活がワンランクアップするような幸福感のあるお米』などのご評価をいただいております」

・確かな品質の商品をお届けする産地体制を整備
「品種特性を発揮できる作付推奨地域の設定、食味のばらつきを抑え一定の品質以上のお米を出荷する品質・出荷基準の設定や生産団体登録制度の創設を進め、徹底した品質管理により確かな品質のサキホコレを消費者にお届けします」

【おすすめの食べ方】

サキホコレは、どのような食べ方がおすすめだろうか? 担当者は次のように話す。

「いろいろな料理に合いますが、特に、和食との相性が良く、ご飯で召し上がっていただきますと、サキホコレ本来の美味しさを十分に楽しんでいただけます。冷めても固くなりにくく、おにぎりやお弁当にも良く合います」

【ご飯のお供になるご当地グルメ】

秋田県のご当地グルメといえば、秋田牛や比内地鶏、いぶりがっこなど。どれもご飯のお供にもなる有名なものばかり。これらの他、こんなご飯のお供もあるそうだ。秋田県ごはん食推進会議が実施している「秋田米にぴったり!ごはんの友選手権」の2021年の結果より、上位3点を紹介してもらった。

●「白神ねぎと比内地鶏肉そぼろのねぎみそ」

「白神ねぎと比内地鶏肉そぼろのねぎみそ」 105g 540円(税込)

「秋田味噌に白神ねぎと比内地鶏の肉そぼろを混ぜ込んだ具だくさんの肉みそです。ごはんにのせて、キュウリなどの野菜につけて、焼いたお肉にからめても美味しい逸品です」

●「ごはんにおにおん味噌」

「ごはんにおにおん味噌」 100g 380円(税込)

「みそをベースに刻んだタマネギや牛肉、コンニャクなどをふんだんに使用。味付けには砂糖と醤油を使い、秋田県民になじみが深い『甘じょっぱい』味になっており、温かいご飯との相性は抜群です」

●「白神あわび茸と比内地鶏-ごはんのお供-」

「白神あわび茸と比内地鶏-ごはんのお供-」 130g 842円(税込)

「まるであわびのような食感の白神あわび茸と、日本三大地鶏比内地鶏のそぼろを贅沢に使用しています。食材の食感と濃厚な旨みをぜひご堪能ください」

どのお米も、こだわりが深いうえに、他にはない要素のあるお米ばかり。関東在住者は、ぜひお取り寄せをするなどして手に入れて、おすすめの食べ方や、ご当地グルメと合わせて楽しんでみよう。

【参考】
鳥取県「星空舞」
千葉県「粒すけ」
秋田県「サキホコレ」

取材・文/石原亜香利

興味のあるジャンルを登録して@DIMEをもっと便利に!話題のコーヒーメーカー「BALMUDA The Brew」やAmazonギフト券が当たるキャンペーン実施中

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2021年11月16日(火) 発売

DIME最新号の特別付録は「自撮り棒一体型スマホ三脚」! 特集は「今聴くべき、ラジオと音声コンテンツ」、「家電進化論2022」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。