小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

仕事を頑張る自分に"ご褒美時間"を!お得に使えるマストアイテムを紹介【PR】

2021.11.08PR

【Sponsored by アメリカン・エキスプレス】

 

お金と時間に余裕が生まれてくる30代半ばになり、今までと違う贅沢な時間を味わいたいと思う人は少なくないだろう。緊急事態宣言が明け、多忙な日々のストレスを解消するために、たまには外出してホテルで優雅な時間を過ごしたい……そんな人におすすめしたいのが、アメリカン・エキスプレスがあのヒルトンと提携したクレジットカードだ。

さらにはこのカードを特定の利用条件(※1)のもと1年間継続すると、週末に世界中のヒルトン系列ホテルに無料で宿泊できる「ウィークエンド無料宿泊特典」がつくというのだ。

頑張った自分への“ご褒美”として、ヒルトンのラグジュアリーホテルに泊まることでどのような“非日常”を堪能できるのか、実際にヒルトン系列でプレミアムラインのホテルである「コンラッド東京」に行って体験してみた。

コロナ禍を頑張る自分をリフレッシュさせてあげたい

もうすぐ30代中盤に差しかかろうとしている、『DIME』ライターのクワモト。仕事へ徐々に脂が乗ってきたクワモトは、日々仕事を頑張る自分をリフレッシュさせてあげたいと思い始め、コロナ禍でなかなか行けなかった旅行に目をつけた。

実際、クワモトと同じようにコロナ禍で旅行への意欲が高まっている人は多い。アメリカン・エキスプレスが2021年9月に発表した世界的な消費者意識調査「Amex Trendex」によると、日本人のうちコロナ禍における良いメンタルヘルスを維持するための最適の選択肢として「旅行」と答えた割合は46%と最も多く、諸外国に比べても高い数値となっている。また、回答した日本人のうち74%がコロナ禍で一番実現したいことに旅行を挙げている。

旅行サイトを巡ってイメージを膨らませていたそんな折、ふと『ヒルトン・オナーズ アメリカン・エキスプレス®・カード』の広告が目についた。1年間継続(※1)でヒルトンへの宿泊が一泊分プレゼントされるのだという。そういえば、今使っているのは学生時代に作って以来、同じカード会社でそのまま継続利用だ。社会人としてある程度落ち着いてきたし、折角だからクレジットカードを新しいものにしてみてもいいかもしれない――そう思ったクワモトは早速どのような特典があるのか調べてみることにした。

 

『ヒルトン・オナーズ アメリカン・エキスプレス®・カード』

『ヒルトン・オナーズ アメリカン・エキスプレス・カード』で得られる、ハイエンドな体験@コンラッド東京

入会すると「ヒルトン・オナーズ・ゴールドステータス」という資格が付与されるが、実はこの資格、通常だとヒルトン系列ホテルへ年間20回の滞在、もしくは40泊しないと付与されない、かなりハードルの高いものなのだ。

この資格を持っていると、国内外の系列ホテル全てで朝食が無料となる他、2021年12月までの期間限定で会員専用のダイニング特典「Like a Member」を利用可能だ。このサービスは、アジア太平洋地域でヒルトンが運営するレストランやバーなどの飲食代が25%割引になる外、一定額以上の飲食で500ボーナスポイントがプレゼントされるというものだ。他にも空き部屋に応じて宿泊部屋のアップグレードなど様々な特典が付与される(※2)。

まずは近場で軽い旅行気分を味わいつつ、非日常を堪能してみたい。ということで、クワモトは在住している東京都内にあるヒルトン系列ホテル「コンラッド東京」でカードの特典を使い倒してみた。

●客室

今回宿泊したのは「エグゼクティブベイビュースイート」。寝室とリビングが分かれており、和を意識したモダンなデザインの開放的な間取りがゆったりとした時の流れを演出する。眼下には浜離宮恩賜庭園やレインボーブリッジを始めとする東京のベイエリアを一望でき、昼と夜で違った表情を楽しむことができる。

 

広々とした空間の中、ゆったりとした時間の流れを楽しめる。

「エグゼクティブベイビュースイート」の内観

●朝食

ホテルに宿泊するときの楽しみといえば朝食だ。オールデイダイニング「セリーズ」の朝食ビュッフェでは、一番人気のロブスターオムレツやエッグベネディクトなどのアラカルトを含め様々な料理が提供される。「ヒルトン・オナーズ・ゴールドステータス」の特典があれば、無料で朝から幸せな時間を堪能できる。

「オールダイニング セリーズ」での朝食は、贅沢な時間を堪能させてくれる

●ランチ

「Like a Member」の特典によりランチ代が25%オフ。ブルーを基調とする落ち着いた雰囲気の「チャイナブルー」ならビジネス用としても活用できるだろう。香港出身のシェフの感性に裏打ちされた絶品モダンチャイニーズ料理に舌鼓を打ちつつなら、商談も上手く進むことだろう。

「チャイナブルー」でのランチは、商談はもちろんのこと、大切な人との時間を過ごすようなシーンでも活用できる。

『ヒルトン・オナーズ アメリカン・エキスプレス・カード』にはまだまだ魅力がもりだくさん

「ヒルトン・オナーズ・ゴールドステータス」による特典以外にも、このカードは様々な恩恵をもたらしてくれる。

★カードを1年間継続利用でホテル1泊分プレゼント

翌年度もカードを継続利用することで、ウィークエンド無料宿泊特典を一泊分プレゼントされる(※1)。金曜日から日曜日の夜いずれか一泊が無料になるため、頑張った自分へのご褒美として最適だろう。対象となるのは国内外すべてのヒルトン系列ホテルで、日本で2021年9月に開業した京都のラグジュアリーブランド『ROKU KYOTO』や11月1日に開業したばかりのヒルトン長崎ももちろん対象内だ。

★普段の買い物や旅行でポイントゲット

カードで買い物をすることで、ホテル代金など様々な特典への交換が可能なヒルトン・オナーズ・ボーナスポイントを獲得できる。日常の買い物でカードを利用すると100円2ポイント、ヒルトン系列のホテルやリゾートなら100円3ポイント獲得可能だ。また、カード契約開始から一定期間で買い物をすることでボーナスポイントを獲得するチャンスもある。貯めたポイントを使って無料宿泊に交換するなど、自分へのご褒美や大切な旅行の足しにしてみてはいかがだろうか。

★対象ホテルでの宿泊やレストランでの優待

さらに日本と韓国の指定ホテルで宿泊25%、レストラン最大20%割引の優待を受けられるプログラム“ヒルトン・プレミアムクラブ・ジャパン” へ年会費10000円で利用可能になる(通常は年会費25000円)。二年目以降も同10,000円更新(有効期限までに手続きが必要)ができ、国内だけでも数あるヒルトンホテルでの宿泊や食事がいつでもお得に楽しめる。

タッチ決済(NFC)やApple Pay、ETC対応など機能性も十分

NFCのタッチ決済やETCなどビジネスシーンでよく使う機能にも対応。また、会員専用ページやモバイルアプリ内の機能である『Amex Offer』では、キャッシュバックやポイントアップなど様々なキャンペーンを確認可能だ。また、過去の利用履歴も参照できるので、使える特典を把握したいときに便利だ。

非日常で彩られたひとときを体験したい……そんな夢を、『ヒルトン・オナーズ アメリカン・エキスプレス・カード』なら叶えてくれる。ウィークエンド宿泊特典は、日頃の仕事を頑張った先の“ご褒美”として最適だろう。贅沢な時間を過ごし、活力を充填できた一日だった。

カード機能紹介

国際ブランド:アメリカン・エキスプレス
入会条件:満18歳以上(高校生除く)
年会費:1万6500円(税込)
●家族カードは1枚目が無料、2枚目以降は6600円(税込)
●入会すると「ヒルトン・オナーズ・ゴールドステータス」が付与
●カード更新時に土曜日~日曜日の夜限定で国内ヒルトン系列ホテル一泊分が付与される『ウィークエンド無料宿泊』特典付(※1)

※1/カードの入会日・切替日から150万円以上ご利用の場合。

※2/一部適用外のプランや、除外日を設けている場合があります。

公式サイト:americanexpress.com/hilton-card-jp

取材・文/桑元康平 撮影/玉井幹郎

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2021年11月16日(火) 発売

DIME最新号の特別付録は「自撮り棒一体型スマホ三脚」! 特集は「今聴くべき、ラジオと音声コンテンツ」、「家電進化論2022」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。