小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

投票率は上がるのか?若者の世代の半数以上が「衆議院議員選挙の投票に行く」

2021.10.29

「Instagram 選挙 Day 2021 衆院選に参加しよう!」

選挙ドットコムを運営するイチニは、10月31日(日)に実施される第49回衆議院議員総選挙を見据え、10月27日(水)20時より、Facebook Japanと共同で、若年層の政治や行政システムへの関心を高め、投票率の向上を目的とした、ライブ配信イベント「Instagram 選挙 Day 2021 衆院選に参加しよう!」を開催する。

このイベントでは、政治家向けスピーチトレーナーとして活躍するカエカ代表取締役の千葉佳織氏(@goodspeak.kaeka)、Instagramなどで若者世代を中心に政治情報を分かりやすく発信している NO YOUTH NO JAPAN代表の能條桃子氏(@noyouth_nojapan)、自治体や政治家などのPRを行ない、政治家のSNS活用について精通しているNEWPEACE thinktank代表の増沢諒氏が登壇し、若い世代の選挙や投票への悩みについてディスカッションを行なう。

イベント中には視聴者からコメントで質問を受け付け、リアルタイムで回答する予定だ。

企画概要

・日時:10月27日(水)20時 〜 21時30分(予定)
・出演者:千葉佳織氏(株式会社カエカ代表取締役 / スピーチライター)、能條桃子氏(NO YOUTH NO JAPAN代表)、増沢諒氏(NEWPEACE thinktank代表)
※出演者は予告なく変更の可能性がある。
・配信アカウント:「株式会社カエカ」@goodspeak.kaeka:、「Instagramで政治家と話そう」(@youthpoli_meeting)、「NO YOUTH NO JAPAN」(@noyouth_nojapan)
*配信終了後は「Instagramで政治家と話そう」アカウントのInstagramTVでアーカイブ動画を視聴可能。
・共催:Facebook Japan

ライブ配信イベント登壇者 プロフィール

千葉佳織(株式会社カエカ代表取締役 / スピーチライター)
https://www.instagram.com/goodspeak.kaeka/

15歳から弁論をはじめ、全国弁論大会で3度優勝する(2012年、内閣総理大臣賞受賞)。 慶應義塾大学卒業後、DeNA入社。スピーチライターの業務を立ち上げ、採用の登壇社員育成、社長のスピーチ執筆など課題解決に取り組む。2019年、kaekaを設立。スピーチの学校「GOOD SPEAK」の運営や、経営者や政治家に向けた原稿作成やスピーチトレーニングを行う。 

能條桃子(一般社団法人NO YOUTH NO JAPAN代表理事)
https://www.instagram.com/noyouth_nojapan/

1998年生まれ。20代の投票率が80%を超えるデンマークに留学したことをきっかけに若い世代の政治参加を促進する団体NO YOUTH NO JAPANを立ち上げ、代表を務める。また、ジェンダーと気候変動に関心を持ちアクティビズムに取り組んでいる。慶應義塾大学経済学研究科修士1年、ハフポスト日本版U30社外編集委員。 

増沢諒 (NEWPEACE thinktank代表)
https://www.instagram.com/ryo_masuzawa/

早稲田大学、東京工業大学修士課程修了。研究テーマは「SNSを通した政治家のコミュニケーション」。2014年マニフェスト大賞受賞。政治家秘書や選挙ドットコム編集長を経て、現職。富山県や福井県敦賀市をはじめ、経済産業省や国土交通省、国連UNHCR協会、ビル・ゲイツ財団等のビジョン策定やコミュニケーション戦略の立案・実装・助言等を担当。 

また、イチニでは、今回のライブ配信で取り上げるテーマに関して若年層の政治意識を把握することを目的とし、インターネット調査を実施し、18歳~39歳までの有権者1,000人の有効回答を得た。

「投票に行く」と前向きな若者は55.7%

「10月31日投票の衆議院議員選挙は投票にいきますか?または期日前投票をしますか?」との質問に対し、投票に行くことを前向きに回答した人が55.7%(必ず行く20.0%+おそらく行く20.7%+期日前投票に行くかも15.0%)と半数を大きく上回る結果に。

若者の争点は「雇用や経済対策」が1位に

「衆院選で投票先を選ぶ際、あなたが重要に考える課題・争点を次からお選びください。」との質問に対し、雇用や経済を選択した人が47.6%(複数回答可)と最も多い結果に。次いで新型コロナウィルス感染症対策 41.2%、社会保障や年金が 31.9%という結果に。

関連情報:https://ichi-ni.jp/

構成/DIME編集部

興味のあるジャンルを登録して@DIMEをもっと便利に!話題のコーヒーメーカー「BALMUDA The Brew」やAmazonギフト券が当たるキャンペーン実施中

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2021年11月16日(火) 発売

DIME最新号の特別付録は「自撮り棒一体型スマホ三脚」! 特集は「今聴くべき、ラジオと音声コンテンツ」、「家電進化論2022」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。