小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

ビジネスパーソンが事業を拡大するために最も重要視している情報収集先TOP3、3位新聞、2位WEBの記事、1位は?

2021.10.28

今、「信頼されるビジネスパーソン」の特長とは?

テクノロジーが進化し、BtoB領域においてもデジタル化が進んでいる昨今。そのスピード感は日に日に増している。

しかしオンリーストーリーがYOSHINAリサーチを活用し、経営者・役員を含むビジネスパーソン10,001名を対象に、「ビジネスマンの購買や情報収集の意思決定に関するアンケート調査」では、デジタル化で世の中が便利になっていく一方で、あらゆる情報が手に入る今の時代だからこそ「信頼できるビジネスパーソン」から物やサービスを買ったり、情報を取得したいというニーズが高まっていることが浮き彫りになった。

決裁者の4人に1人が「信頼できるビジネスパーソン」から物を買いたいと回答

決裁者2,289名に対し「どのようなビジネスパーソンから物やサービスを購入したいですか」と質問したところ、 4人に1人が、「信頼できる人」と回答した。

この回答は、「適性な価格」や「しっかりしたサービス」を上回り、サービス検討においては「費用対効果」よりも、サービスを売るビジネスパーソン自体の「信頼感」の重要性が浮き彫りになるという結果になった。

ビジネスパーソンが最も重要視している情報収集手段は、「WEB記事」を抑え、「信頼している人からの情報」が首位に

ビジネスパーソン10,001名に対し「貴社の事業拡大に向けて最も重要視している情報収集手段は何ですか」という質問をしたところ、結果は「WEB記事」を抑え、「信頼している人からの情報」が1位となった。

デジタルシフトが進み、様々な情報が簡単に取得できる便利な時代となったが、その一方で情報過多に陥り、「どの情報を信じればいいか分からない」というビジネスパーソンも多く存在することが見受けられる。そのため、「信頼している人からの情報」に価値を見出す人が増えていることが推察される。

新型コロナウイルス感染症拡大下でのDX推進の影響もあり、オフラインでのコミュニケーション機会が減少している今、顧客に「信頼」してもらうことが困難になったというビジネスパーソンの悩みも多い。

今後は、デジタルにおいても「信頼感」を可視化するコミュニケーションを意識することや、より一層「信頼」してもらうための行動を起こすことが重要になるだろう。

調査概要:ビジネスマンの購買や情報収集の意思決定に関するアンケート調査

日時:2021-09-09~2021-09-14 

性別:男女

年齢:30~59歳

職業:経営者・役員、会社員

調査対象数:10,001件

構成/ino.

興味のあるジャンルを登録して@DIMEをもっと便利に!話題のコーヒーメーカー「BALMUDA The Brew」やAmazonギフト券が当たるキャンペーン実施中

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2021年11月16日(火) 発売

DIME最新号の特別付録は「自撮り棒一体型スマホ三脚」! 特集は「今聴くべき、ラジオと音声コンテンツ」、「家電進化論2022」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。