小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

運動不足の子どもに通わせたい運動系の習い事TOP3、3位ダンス、2位体操教室、1位は?

2021.10.31

今、子どもの運動不足が極めて大きな問題になっている。

コロナ禍の状況において、親たちは子どもにどのような習い事をさせたいと思っているのか。今回さわだスポーツクラブは保育園に子どもを預けている親を対象に、「子どもの習い事」に関する調査を実施した。

親が子どもに習わせたい!人気TOP3の習い事とは?

はじめに、親たちが子どもに習わせたい勉強・芸術系の習い事について聞いてみた。

「【勉強・芸術系】子どもに習わせたい習い事を教えてください(上位3つ迄)」と質問したところ、『英語・英会話(63.9%)』と回答した方が最も多く、次いで『ピアノ(42.7%)』『書道・習字(30.7%)』と続いた。

文化系の習い事の王道とも言えそうな『英語』『ピアノ』『習字』に、多くの回答が集まる結果となった。中でも『英語・英会話』は、次点以下にかなりの差をつける形で最多に。

誰にとっても将来的な実用性が高そうな点で、『英語』は人気が高いのかもしれない。

続いて、運動系の習い事で子どもに習わせたいものについても聞いた。

「【運動系】子どもに習わせたい習い事を教えてください(上位3つまで)」と質問したところ、『水泳(68.3%)』と回答した方が最も多く、次いで『体操教室・運動遊び(42.7%)』『ダンス(33.2%)』と続いた。

こちらも、運動系の習い事としては王道と言えそうな『水泳』が、多くの回答を集めた。その一方で、『体操教室』『ダンス』という回答が多い点も見逃せない。

ダンスと体操は似た要素を持ち、実際にダンスと体操が組み合わされた運動に取り組む教室なども存在する。

こうした点を考えると、『水泳』と同じかそれ以上に『体操』『ダンス』に関心を持つ親は多いと言えそうだ。

子どもに習い事をさせている?

ここからは、現状としては多くの人がどのように習い事と向き合っているのかについて聞いてみた。

そこでまず、「実際に子どもに習い事をさせていますか?」と質問したところ、5割以上の方が『はい(53.0%)』と回答した。

過半数が、現状でも習い事に取り組んでいることが明らかになった。

コロナ禍により多くの方が習い事を避けているといった報道が多い今日この頃だが、多くの方が家にこもりきるわけではなく、続けるべきことは続けようとしているようだ。

習い事に対する意欲は見えてきたが、さらに明らかにできそうな要素が金額。習い事にどれくらいのお金を投じているのかについても聞いてみた。

「子どもの習い事に毎月どのくらいの費用をかけていますか?」と質問したところ、『5,000円以上10,000円未満(39.2%)』と回答した方が最も多く、次いで『10,000円以上15,000円未満(21.1%)』と続いた。

両方の回答を合わせると、全体の6割以上の方が5,000円以上15,000円未満の間でお金を使っていることが明らかに。つまり、10,000円前後が習い事のボリュームゾーンと言えそうだ。

子どもが運動不足になっている?その現状とは?

コロナ禍による子どもへの影響といえば、真っ先に思い浮かぶのが運動不足。普通に外で遊ぶことさえ遠慮しがちな状況が続いているため、気になる親も多いことだろう。

「コロナ禍になり、子どもの運動不足を感じていますか?」と質問したところ、6割以上の方が『とても運動不足を感じている(21.6%)』『やや運動不足だと感じている(41.6%)』と回答した。

過半数の方が子どもの「運動不足」を感じており、その中でも2割以上の方がさらに強く心配していることが明らかになった。

遊ぶ場所や機会が減ったのだから当然とも言えるが、具体的な数字として現れると、親でなくとも心配になる結果と言えるだろう。

こうした子どもの運動不足を、多くの親はどのようにして解消しているのか。それぞれが行っている取り組みなどについて、詳しく伺ってみた。

コロナ禍で不安はない?ある?園内で習い事ができたら?

先程の調査では、親たちの多くが子どもの運動不足を不安に感じていることが見えてきた。しかし、コロナ禍のために思うような運動ができず、困っていることもわかった。

家庭単位では解消が難しいこの運動不足、例えば子どもを預けている保育園で解消できるとしたら、どうなのか?

そこで、「保育園に預けている間に運動不足を解消できるような習い事のようなサービスがあれば利用したいですか?」と質問したところ、7割以上の方が『はい(75.6%)』と回答した。

『利用したい』という回答は、全体の4分の3にまで達している。運動へのニーズの強さがわかると共に、やはり家庭での運動不足解消に皆さんが限界を感じていることがはっきりわかる結果と言えそうだ。

「子どもの習い事」に関する調査

調査日:2021年10月13日(水)

調査方法:インターネット調査

調査人数:1,020人

調査対象:保育園に子どもを預けている親

モニター提供元:ゼネラルリサーチ

構成/ino.

興味のあるジャンルを登録して@DIMEをもっと便利に!話題のコーヒーメーカー「BALMUDA The Brew」やAmazonギフト券が当たるキャンペーン実施中

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2021年11月16日(火) 発売

DIME最新号の特別付録は「自撮り棒一体型スマホ三脚」! 特集は「今聴くべき、ラジオと音声コンテンツ」、「家電進化論2022」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。