小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

環境問題に関心がある人が実践している取り組みTOP3、3位フードロスを意識した買い物、2位ペットボトル・空き缶の分別、1位は?

2021.10.27

地球温暖化や環境汚染を食い止めるべく、誰もが意識すべき環境問題。近年では、プラスチックごみを削減するためにスーパーやコンビニのレジ袋が有料になったり、プラスチックのストローが紙製に変更されたりしたことが話題になったが、実際のところ、どれくらいの人が環境問題に関心を持っているのだろうか?

そんな「環境問題」に関する意識調査がこのほど、株式会社マーケティング・リサーチ・サービスにより、全国20歳~69歳の男女605名を対象にして実施された。

Q.あなたは、地球温暖化や環境汚染などの環境問題について、どの程度関心がありますか。

環境問題についてどの程度関心があるかを質問したところ、「関心がある」(『関心がある』及び『やや関心がある』の計)と回答した人は全体の65.1%となった。

年代別に見てみると、男女ともに「60代」が高いが、女性では20代が最も関心が高くなっていた。さらに、男性20代も『関心がある』の割合が31.0%と他の年代に比べて高くなっていた。年代の上の世代の方が環境問題への関心が高いと思われがちではあるが、20代の若い層でも関心が高いことが覗える。

Q.以下の環境問題に関する用語について、あなたがご存知のものをお答えください。

「どんな内容かを知っている」と回答した割合が最も高かったのは「地球温暖化」だった。また、「温室効果ガス」「再生可能エネルギー」「SDGs」や「マイクロプラスチック」が、認知度(「内容を知っている」と「名前は聞いたことがある」の計)が70%以上という結果になった。最も低いのが「エシカル消費」で、認知度が35.7%だった。

Q.あなたが環境問題への行動として、普段から取り組んでいることをお答えください。

「関心がある人」は「マイバッグを持参している」「ペットボトルや空き缶は分別している」「食品は使いきれる分だけを買う」といった項目が高くなっていた。

「マイバッグ持参」については「関心がない人」でも46.9%と約5割の人が実施しており、関心の有無に関わらず、浸透していることがわかった。また、「使っていない電化製品は主電源を抜いている」についても「関心がある人」と「関心がない人」であまり差が出ていなかった。

詳細はこちら
https://digmar.jp/2021/08/26/2260/

<調査概要>
・調査手法:インターネット調査
・調査時期:2021年7月21日~7月27日
・調査対象者:全国20歳~69歳までの男女
・有効回答数:605名
・調査主体:株式会社マーケティング・リサーチ・サービス

出典元:株式会社マーケティング・リサーチ・サービス
https://www.mrs.co.jp/company/index.html


構成/こじへい

興味のあるジャンルを登録して@DIMEをもっと便利に!話題のコーヒーメーカー「BALMUDA The Brew」やAmazonギフト券が当たるキャンペーン実施中

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2021年11月16日(火) 発売

DIME最新号の特別付録は「自撮り棒一体型スマホ三脚」! 特集は「今聴くべき、ラジオと音声コンテンツ」、「家電進化論2022」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。