小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

世界のミサイル市場は520億米ドル規模に到達

2021.10.24

グローバルインフォメーションの市場調査レポート「ミサイルの世界市場 - 2029年までの市場・技術予測」

ミサイルは、世界中の紛争で大きな役割を果たし続けている。

シリア、アフガニスタン、ナゴルノ・カラバフでの紛争が示すように、ミサイルは現代のあらゆる紛争において重要な役割を果たす。様々な種類のミサイルの需要は、世界中で増加している。

多くの場合、ミサイル技術が研究開発(R&D)プログラムから戦場で使用可能なミサイル技術へと進化するには、プログラムの終了時に追加の開発と投資が必要となる。

世界のいくつかの主要なミサイルプロジェクトでは、防衛市場が存在しない場合に移行のための商業市場を創出し、スタートアップ企業を投資に結びつけることを目的として、地方政府が資金を提供。

政府は、地元や他の地域で成功している商業アクセラレータと提携することでこれを実現している。

これにより、未来のミサイル技術プロジェクトが直面している、収益性のあるビジネス関連の機会がなく、結果的に中央政府の資金援助が終了した後には見捨てられてしまうという難問を解消することができる。

ビデオ映像を解析して動く目標物を検出し、その周りにボックスを表示できる映像処理システムは以前から存在しました。このシステムでは、夜間に暗闇を逃走中の人物を捕捉できる警察ヘリからの映像のように、赤外線暗視装置に映し出される動く標的の周囲にターゲットボックスを自動で表示させる。

体温により映像の中の人物は光り、動きとともにターゲットボックスも移動する。ATRはこの一連の動作を人間の手を介さずに実現している。

グローバルインフォメーションによると、世界のミサイル市場は堅調な成長を続けており、2021年には520億米ドルの規模に到達すると予測されている。

構成/ino.

興味のあるジャンルを登録して@DIMEをもっと便利に!話題のコーヒーメーカー「BALMUDA The Brew」やAmazonギフト券が当たるキャンペーン実施中

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2021年11月16日(火) 発売

DIME最新号の特別付録は「自撮り棒一体型スマホ三脚」! 特集は「今聴くべき、ラジオと音声コンテンツ」、「家電進化論2022」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。