小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

KeePer技研がガラス被膜で色ツヤを長持ちさせる看板用コーティングサービス「サインキーパー」を提供開始

2021.10.27

KeePer技研「サインキーパー」

KeePer技研は、独自の知識や技術を活かし、看板用のコーティング「サインキーパー」を新たに開発、サービス提供を開始した。ユーネクサス、ラック工芸など全国の看板製作業者で「サインキーパー」の施工を受けることができる。

屋外看板は、紫外線・熱・黄砂を含んだ雨などの影響により、美観を損ねてしまい、看板を出している企業のイメージを損ねてしまうことがある。

紫外線や雨風の摩擦で看板の表面が劣化すると、表面に凹凸を作り、光の乱反射を起こし、看板の色あせやくすみの原因になる。

しかし、看板用のコーティング「サインキーパー」を施工すると、厚みのあるガラス被膜が看板の凹凸を埋めて平滑化するので、光の乱反射を解消し、看板本来のくっきり鮮やかな色ツヤを保ち続けることができる。

▲コーティング9カ月後の状態。目地の左側がコーティン  グなしで、右側がコーティングあり。コーティングした部分が全く汚れていないのがわかる

また、高い撥水力を持つKeePer独自の「雨が降ると汚れが流れ落ちる」自浄効果が、ホコリなどの汚れを固着させずにキレイに汚れを流れ落としていき、企業にとって大事なブランドイメージを守ることができる。

これまで数多くのカーコーティングを手掛け、様々な汚れのトラブルを解決してきた実績を活かし、今後は新たに看板においても卓越したコーティング性能で“キレイが続く”を実現していくという。

▲ 施工された本社看板

▲ サインキーパー施工の様子

関連情報:https://keepergiken.co.jp/

構成/DIME編集部

興味のあるジャンルを登録して@DIMEをもっと便利に!話題のコーヒーメーカー「BALMUDA The Brew」やAmazonギフト券が当たるキャンペーン実施中

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2021年11月16日(火) 発売

DIME最新号の特別付録は「自撮り棒一体型スマホ三脚」! 特集は「今聴くべき、ラジオと音声コンテンツ」、「家電進化論2022」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。