小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

コロナ禍で見直しを行なった生活費TOP3、3位光熱費、2位通信費、1位は?

2021.10.25

今の時代、コロナ不況の影響をいつ自分が受けるかわからない。こうした危機感から家計を見直し、節約に成功した人もいることだろう。

そんな「コロナ禍の家計の節約状況」に関する意識調査がこのほど、株式会社エイチーム引越し侍により、同社が運営する引越し比較・予約サイト「引越し侍」の利用者を対象にして実施された。

コロナ禍に家計を「見直した」約4割

1回目の緊急事態宣言が発令された2020年4月から現在までに、家計を「見直した」と回答した人は38.7%だった。一方、「見直していない」と回答した人は、61.3%という結果になった。コロナ禍で生活様式が大きく変わったためか、「見直した」と回答する人も多い一方で、約6割が「見直していない」という結果となった。

コロナ禍の家計見直しポイントは「食費」と「通信費」

先の調査で「見直した」と回答した人に、「見直した項目」を調査すると、最も回答が多かった「食費」が68.3%、次いで「通信費」が50.4%、「光熱費」が41.5%、「美容費・被服費」が38.7%という結果となった。

最多だった「食費」に関しては、新型コロナウイルスの影響で外食の機会が減ったことや、在宅勤務が増えたこと、子どもが家にいる時間が増えたことなど、生活の状況の変化が大きく影響したことが見直すきっかけにつながったと考えられる。「通信費」に関しては、菅前首相が目玉政策として取り組んできた、携帯電話料金の引き下げが、各社進んだことが影響したと考えられる。

平均節約額が多いのは、1位「食費」2位「美容費・被服費」3位「通信費」、変動費が上位に

1ヵ月間でどのくらいの節約に成功したのかの平均節約額を調査すると、見直し項目として声が多かった「食費」が1位で11,000円、2位が「美容費・被服費」の10,000円、3位が「通信費」の5,000円、4位が「光熱費」の2,500円となった。

平均節約額で比較すると、上位2位を『変動費』である「食費」「美容・被服費」が占める結果となった。この2つの『変動費』は、平均金額が10,000円以上となっており、今回ランクインした『固定費』より節約できる平均金額が大きいことがわかった。これは、この2つの『変動費』が金額が大きく、工夫次第でその額を調整できるため、節約できた金額が大きくなったと考えられる。

一方、節約項目として回答が多かった「通信費」に関しては、平均節約額は上位2つ(食費、美容費・被服費)と比較して少ない結果となった。しかし、1回の見直でその先ずっと毎月5,000円を節約できるということは、家計にとって重要なポイントではないだろうか。また、見直した人の中には、「食費」で最高20万円の節約、「美容費・被服費」で5万円節約できたと回答した人もいた。

人には言えない、内緒の節約術は……

最後に、人には言いにくい密かに実践している節約術について調査した。その結果、電気の代わりに電灯を置くといった日常生活の中で工夫をしている人から、商品やイベントなどのキャンペーンに参加して特典をゲットするなど、様々な節約を行っている人がいることがわかった。

<2万円以上節約した人>
・人に会わない時は、シャワーなどしない
・ティッシュを使ってから干して再度使う

<1万~2万円未満の人>
・家族に内緒で小銭貯金をしている
・賞味期限が切れてもすぐには捨てない
・廊下の電気を付けたり消したりしなくていいように、乾電池の入った電灯を床に置く
・野菜は一袋15円のもやし、大根は1本を1週間で

<5千~1万円未満の人>
・風呂の残り湯を洗濯物に回す、お風呂は追い焚きしない
・色々な見学へ行ってキャンペーンに参加し、勉強+高額商品券ゲットしている

<5千円未満の人>
・洋服をリメイクして長く着る
・麦茶のパック1つで6リットルのお茶を沸かす

<調査概要>
調査方法:インターネット調査、調査対象:「引越し侍」のユーザー
調査期間:2021年9月9日~10月4日、調査エリア:全国、サンプル数:1,764人

出典元:株式会社エイチーム引越し侍
https://www.soldi.jp/articles/questionnaire_household_budget_review/


構成/こじへい

興味のあるジャンルを登録して@DIMEをもっと便利に!話題のコーヒーメーカー「BALMUDA The Brew」やAmazonギフト券が当たるキャンペーン実施中

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2021年11月16日(火) 発売

DIME最新号の特別付録は「自撮り棒一体型スマホ三脚」! 特集は「今聴くべき、ラジオと音声コンテンツ」、「家電進化論2022」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。