小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

20代、30代会社員の3人に1人が「週休3日制なら給与が8割になってもいい」

2021.10.24

「週休2日制の週5勤務で、1か月以上の夏休みもない生活がこれから40年以上続くなんて…」

学生時代、そんな絶望感を抱いていたとしても、社会人になって数年も経てばこのライフスタイルに慣れるもの。とはいえ、もっとゆとりをもって働きたいと思う人も多いことだろう。

株式会社週休3日ではこのほど、都市部(東京都、大阪府、愛知県、神奈川県)に在住で、地方への転職も視野に入っている22~35歳の会社員328名に対し、「正社員の働き方と転職」に関する意識調査を実施した。詳細は以下の通り。

84.1%が、会社から課された目標を継続的に「達成」

 「Q1.あなたは会社から課された目標を継続的に達成していますか。」(n=328)と質問したところ、「継続的に達成している」が84.1%、「継続的に達成していない」が15.9%という結果になった。

8割以上が、今の仕事に「意欲的に取り組んでいる」と回答

「Q2.あなたの仕事に取り組む態度について教えてください。」(n=328)と質問したところ、「かなり意欲的に取り組んでいる」が35.0%、「やや意欲的に取り組んでいる」が48.8%という結果になった。

94.2%が、「週休3日」の選択肢がある転職先に魅力を実感

「Q3.仮に転職先を探す場合、「週休3日」という選択肢がある方が魅力的に感じますか。」(n=328)と質問したところ、「とてもそう思う」が54.3%、「少しそう思う」が39.9%という結果になった。

また、仕事に対し、意欲的に取り組んでいる人ほど「週休3日」の選択肢がある転職先に魅力を実感していることがわかった。

週休3日に期待することは「モチベーションアップ」が56.1%、「個人の仕事の集中力向上」が49.4%

「Q4.週休3日導入に期待することを教えてください。(複数回答)」(n=328)と質問したところ、「モチベーションアップ」が56.1%、「個人の仕事の集中力が上がる」が49.4%、「事業全体の生産性の向上」が41.8%という結果になった。

「給与そのまま」や「モチベーションを維持しながら高める挑戦ができる」などの声も

「Q5.週休3日導入に期待することを教えてください。(自由回答)」(n=328)と質問したところ、「給与そのまま」「モチベーションを維持しながら高める挑戦ができる」「家族との時間、旅行などで仕事と生活を両方充実させられること」など216の回答が得られた。

<自由回答・一部抜粋>
・35歳:給与そのまま
・31歳:モチベーションを維持しながら高める挑戦ができる
・26歳:家族との時間、旅行などで仕事と生活を両方充実させられること
・35歳:プライベートの充実、趣味を副業にする
・26歳:土曜・日曜にとらわれず、自分の選択した曜日で休みが取れること
・32歳:リフレッシュ出来ると、仕事の効率が良くなる。
・22歳:ストレスの軽減
・35歳:趣味時間の確保、家族とのコミュニケーション増加
・32歳:働き過ぎ解消

最も魅力的に感じる働き方は「週休3日正社員で給与そのまま」

「Q6.あなたが最も魅力的に感じる働き方をお答えください。」(n=328)と質問したところ、「週休3日正社員で給与そのまま(10時間×4日)」が40.9%、「週休3日正社員で給与は8割(8時間×4日)」が28.7%という結果になった。

■まとめ

今回は、都市部(東京都、大阪府、愛知県、神奈川県)に在住で、地方への転職も視野に入っているZ世代、ミレニアル世代といわれる22~35歳の会社員328名を対象に、「正社員の働き方と転職」に関する意識調査を行った。

「週休3日」という選択肢のある転職先には、94.2%が「魅力を感じる」と回答しており、今の仕事に対し、意欲的に取り組んでいると自覚している人ほど「週休3日」の働き方に魅力を実感する傾向がある。「週休3日」に期待することとしては、「モチベーションアップ」が56.1%、「個人の仕事の集中力向上」が49.4%と、仕事への意欲向上の声が挙がったほか、「給料はそのまま」を希望する声も見受けられた。

仮に「週休3日」になることで、1日加わる休日の過ごし方としては、7割強の方が「趣味」のための時間にしたいと回答。一方で、「副業に時間を割く」「働き出して改めて足りていないと感じる分野の学習」など、仕事にまつわることへの自己投資の時間に使いたい声も見受けられた。

また、最も魅力的に感じる働き方を聞いたところ、約4割が「週休3日正社員で給与そのまま(10時間×4日)」を望んでおり、1日の稼働時間を増やしても丸1日の休みが増えるほうが生産的・モチベーション向上になると考える方が多いことが判明した。

出典元:株式会社週休3日
https://3kka.com/

構成/こじへい

興味のあるジャンルを登録して@DIMEをもっと便利に!話題のコーヒーメーカー「BALMUDA The Brew」やAmazonギフト券が当たるキャンペーン実施中

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2021年11月16日(火) 発売

DIME最新号の特別付録は「自撮り棒一体型スマホ三脚」! 特集は「今聴くべき、ラジオと音声コンテンツ」、「家電進化論2022」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。