小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

真の「プロ」向け?新しい「MacBook Pro」は何が進化したのか

2021.10.19

https://www.apple.com/jp/newsroom/2021/10/apple-unveils-game-changing-macbook-pro/

米アップルは日本時間10月19日に開催したオンラインイベントにて、新型ラップトップ「MacBook Pro(2021)」を発表した。新モデルでは内部スペックの刷新にとどまらず、プロの需要に応えるためのさまざまなアップデートが盛り込まれている。

製品は本日からアップル公式サイトにて予約を開始しており、10月26日から販売を開始。価格は14インチモデルが23万9800円から、16インチモデルが29万9800円(どちらも税込)からとなっている。

アップル史上最強のプロセッサ

https://www.apple.com/jp/newsroom/2021/10/introducing-m1-pro-and-m1-max-the-most-powerful-chips-apple-has-ever-built/

MacBook Pro(2021)のアップデートで中心的な役割を果たしているのが、アップル独自開発の新型プロセッサ「M1 Pro」「M1 Max」だ。CPUが8コアでGPUが7コア/8コアだった旧型プロセッサ「M1」と比較し、M1 ProではCPUが8コア/10コアでGPUが16コア、M1 MaxではCPUが10コアでGPUが24コア/32コアと、大幅に強化されている。

https://www.apple.com/jp/newsroom/2021/10/introducing-m1-pro-and-m1-max-the-most-powerful-chips-apple-has-ever-built/

それではM1 ProとM1 Maxの実際のパフォーマンスを見てみよう。アップルが公開した資料によれば、M1 ProとM1 MaxのCPUはM1と比較して最大70%も高速だという。CPUパフォーマンスの向上の恩恵としては、例えばプログラミングツール「Xcode」でのプロジェクトのコンパイルのようなタスクがこれまで以上に高速になる。

https://www.apple.com/jp/newsroom/2021/10/introducing-m1-pro-and-m1-max-the-most-powerful-chips-apple-has-ever-built/

グラフィックス処理を担当するGPUのパフォーマンスでは、M1 ProはM1と比較して最大2倍、M1 Maxにいたっては最大4倍も高速だとしている。これにより、例えば高度な3Dデータの処理、あるいはビデオ編集のパフォーマンスが向上する。

取り扱い可能なメモリの容量がM1 Proでは最大32GB、M1 Maxでは最大64GBに増強されている点も、大容量データを取り扱うプロユースでは重要だ。またML(機械学習)処理を支援する16コアのNeural Engine、カスタム画像信号プロセッサ、高画質な動画規格「ProRes」向けのメディアエンジンなどが、M1 ProとM1 Maxのパフォーマンスを下支えしている。

実用的な接続ポートが復活

https://www.apple.com/jp/newsroom/2021/10/apple-unveils-game-changing-macbook-pro/

旧モデルのMacBook Proでは、外部端子を「USB-C」に統一した思い切った設計が採用された。しかし実際にはデジカメのSDカードを読み込みたい、あるいはHDMIから映像を出力したいといった声が、ユーザーから寄せられていた。そんな現状にあわせて、MacBook Pro(2021)では本体側面にSDXCカードスロットとHDMI出力ポートが搭載されている。

https://www.apple.com/jp/newsroom/2021/10/apple-unveils-game-changing-macbook-pro/

本体の充電には、マグネットを利用して磁力でくっつく「MagSafe 3」を採用。同コネクタでは、30分で最大50パーセントまでの高速充電機能も利用できる。一方、タッチ操作によってファンクションキーのかわりをしていた「Touch Bar」は、今モデルで廃止。物理的なファンクションキーが復活した。これも、利用者の実用性を重視した選択だろう。

https://www.apple.com/jp/newsroom/2021/10/apple-unveils-game-changing-macbook-pro/

M1 Pro搭載モデルでは最大2台のプロ向けディスプレイ「Pro Display XDR」が接続でき、M1 Max搭載のモデルでは最大3台のPro Display XDRと1台の4Kテレビが同時接続できるのもありがたい。M1搭載MacBook Proでは、1台の外付けディスプレイしか利用できなかった。

ディスプレイにも次世代技術を採用

https://www.apple.com/jp/newsroom/2021/10/apple-unveils-game-changing-macbook-pro/

MacBook Pro(2021)では、小さなLEDを画面裏に敷き詰める次世代バックライト技術「ミニLED」による、「Liquid Retina XDRディスプレイ」を採用。最大1000ニトのフルスクリーンでの持続輝度、1600ニトのピーク輝度、100万対1のコントラスト比を実現している。さらに「ProMotionテクノロジー」による、最大120Hzまでの画面切り替え頻度の調整機能も搭載。ゲームやスクロール操作ではレスポンスを上げ、静止画表示では逆に性能を落としてバッテリーを温存できる。

https://www.apple.com/jp/newsroom/2021/10/apple-unveils-game-changing-macbook-pro/

画面上部にiPhoneでおなじみ「ノッチ」が存在しているのも面白い。アップルによれば画面の外枠を細くする過程で、フロントカメラをノッチに配置する必要があったとのこと。このフロントカメラは「1080p FaceTime HDカメラ」へと強化されている。リモートワークやリモート授業などでフロントカメラを使う機会が増えている中、ありがたいスペックアップだ。

このように、プロの現場での使い勝手の向上を重視し再設計されたMacBook Pro(2021)。その恩恵は、私達一般ユーザーでも日常使用で十分に体験できるはずだ。まさに型破りの進化を遂げたMacBook Pro(2021)は、プロユースから個人まで注目の製品となることだろう。

文/塚本直樹

興味のあるジャンルを登録して@DIMEをもっと便利に!話題のコーヒーメーカー「BALMUDA The Brew」やAmazonギフト券が当たるキャンペーン実施中

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2022年5月12日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「Qi対応ワイヤレス充電器」! 特集は「2022年下半期 逆襲の資産運用プラン」!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。