小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

グレイヘアが素敵だと思う芸能人ランキング、女性1位は近藤サト、男性1位は?

2021.10.26

年を重ねるごとに頭髪は、少しずつ黒髪より白髪の割合が多くなってくるものだ。そのまま白髪を生す「グレイヘア」にする著名人も最近では目立つが、実際のところ、「グレイヘア」はどれくらいの人に認知されているのだろうか?

「ホットペッパービューティーアカデミー」ではこのほど、「白髪対策」への関心の高まりを受け、2016年より20~69歳の男女を対象に「白髪・グレイヘアに関する意識調査」を実施。2021 年実施結果は以下の通りとなる。

白髪が気になりだした年齢

白髪が気になりだした年齢を聞いたところ男性37.9歳、女性41.1歳で男性の方が約3年早い。白髪が気になりだしてから、実際に染め始めるまでは男性2.5年・女性1.5年のタイムラグが存在している。

白髪の染め方

白髪染め実施者の白髪の染め方では、男女ともブラックや濃いブラウンなど「白髪を隠す」色味が減少傾向にある一方、「白髪をぼかす・なじませる」カラーや、バレイヤージュ・ハイライトといった「白髪を生かす」デザインの需要が上昇傾向にある。

ホットペッパービューティーアカデミー研究員・岡本華奈子氏は、以下のように語る。

「白髪染めを始めた年齢は、男性は40.4歳、女性は42.6歳。染め始める年齢には経年で大きな変化はありませんでしたが、白髪染めの方法は「白髪を隠す色」以外にも「ぼかす」「生かす」色味を選択する割合が増加。今までの「白髪を隠すための1色塗り」以外にもおしゃれの選択肢が広がってきています。「白髪染めにかけてもよい金額」も経年で上昇傾向にあり、今後もサロン染めの需要は高まっていきそうです。」

白髪染め実施者の「サロン染め」と「自宅染め」の比率

白髪染め実施者に手段について聴取したところ、男性の1位は「自宅で市販品で白髪染め・おしゃれ染め」、女性の1位は「美容室・理容室で白髪染め・おしゃれ染め」となった。サロン染めと自宅染めの併用者は18.5%だった。

白髪染めにかけてもよい金額

白髪染め実施者に、白髪染め1回あたりにかけてもよいと思う金額について聞いたところ、理美容室・専門サロンでは男性平均2,000円強、女性では平均3,000~4,000円程度で、直近3年でいずれも上昇傾向に。

サロン染めでうれしかった/感動した経験

サロンでの白髪染め経験者に、サロン染めでうれしかった/感動した経験について聞いたところ、男性は「手間がかからず楽だったこと」、女性では「仕上がりがきれいだったこと」がそれぞれトップ。サロン染めのほうが長持ちした、自分の髪の傾向にあったアドバイスをしてくれたと評価する人が2割前後と一定数存在した。

グレイヘアの認知と、グレイヘアがすてきだと思う芸能人

「グレイヘア」という言葉に対する認知は高く、男性約8割、女性は9割以上。グレイヘアがすてきだと思う芸能人は、男性「吉川晃司」、女性「近藤サト」で、共に2019年から3年連続で1位を獲得している。

<調査概要>
調査方法:インターネット調査
調査時期:<スクリーニング>2021年7月8日(木)~7月10日(土)
<本調査>2021年7月16日(金)~7月19日(月)
調査対象:現在在白髪があり白髪染めをしており、かつ白髪を気にしている、かつヘアサロンを3カ月に1回以上実施している全国20~69歳の男女1,034人(スクリーニング対象50,000人)
詳細データ:https://hba.beauty.hotpepper.jp/search/trade/hair/32519/

出典元:株式会社リクルート
https://www.recruit.co.jp/


構成/こじへい

興味のあるジャンルを登録して@DIMEをもっと便利に!話題のコーヒーメーカー「BALMUDA The Brew」やAmazonギフト券が当たるキャンペーン実施中

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2021年11月16日(火) 発売

DIME最新号の特別付録は「自撮り棒一体型スマホ三脚」! 特集は「今聴くべき、ラジオと音声コンテンツ」、「家電進化論2022」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。