小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

3人のリモートワーカーに密着!キャンプ場、知らない街、地方で実践できる充実のワーケーションライフ

2021.11.01

@DIMEからワーケーションを実践するリモートワーカーに密着した記事を紹介します。

ワーケーションを実践するリモートワーカーに密着

仕事の合間に地域に触れる!地方で長期滞在を繰り返しながらワーケーションを続けるリモートワーカーの1日

地方自治体のインバウンド業を推進するIGLOOO(イグルー)では、コロナ以前からワーケーションを採用。松尾さんは1か月間、三重県の尾鷲市に滞在しながら仕事をした。 「尾鷲は地域移住のマッチングアプリで見つけました。私は過疎化が進む地域で活動する『地域おこし』にとても興味があり、尾鷲もそういった問題を抱えています。滞在中は移住希望者が宿泊体験できる古民家を拠点にして過ごしていました」

【参考】https://dime.jp/genre/1169985/

働きながら休暇もエンジョイ!キャンプ場をワーケーション利用するリモートワーカーの1日

佐久間亜希子さん

NAVICUS(ナビカス)では、ワーケーションの実施で3万円の手当を支給する社内制度を導入。予算内で一定の条件を満たせば家族の同行もOKで、佐久間さんはキャンプで活用している。 「キャンプ場へはパソコンとポータブル電源、ポケットWi-Fiを持参して仕事をします。普段は家でフルリモートなので、野外で仕事をするのは気持ちがいいし、何より家族が『ママの会社、最高!』と喜んでいます」

【参考】https://dime.jp/genre/1170028/

知らない街で受ける刺激でアウトプットを磨く!宿泊サブスクを活用して全国を回るリモートワーカーの1日

らかんの湯

全国にクライアントを持つ安藤さんは、仕事をしながら頻繁に日本中を移動するのがライフワーク。最近、印象に残っている場所として福岡を挙げた。 「空港から市街地が近くて、電車で30分行けば海が広がっている。そんな街づくりのおもしろさを感じると刺激になり、仕事にも好循環をもたらします。これもワーケーションの魅力のひとつだと感じていますね」

【参考】https://dime.jp/genre/1170034/

構成/DIME編集部


@DIME公式通販人気ランキング


興味のあるジャンルを登録して@DIMEをもっと便利に!Amazonギフト券が当たるキャンペーン実施中

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2022年9月15日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「ドラえもん DRY BAG」! 特集は「攻める節約、守る投資」「eスポーツ観戦ガイド」!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。