小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

太陽光関連業者の大型倒産が増加、負債総額は前年同期比3倍超

2021.10.19

2020年度以降、大型倒産の発生などで「太陽光関連業者」の負債総額は急増している。TDBの調査によると、太陽光関連業者の2021年度上半期(2021年4~9月)の倒産件数は、年度半期ベースで3半期ぶりに増加に転じた。

大型倒産が増加、負債総額は前年同期比3.4倍

太陽光関連倒産 推移

2006年4月~2021年9月の累計倒産件数は601件。「業種別細分類別」は、「設備工事業」が144件(構成比24.0%)でトップ。次いで「家具・じゅう器・家庭用機械器具小売業」の107件(同17.8%)。「倒産主因別」は、「販売不振」が432件(構成比71.9%)に達した。

太陽光関連業者の倒産は2020年度上半期以降、半期に40件前後のペースで続いている。2020年度下半期、2021年度上半期と、負債総額が300億円を超えるようになってきたのが大きな特徴だ。

例えば(株)ヤマダエコソリューション(東京都、2020年9月破産、負債約37億7100万円)、(株)JCサービス(東京都、2021年3月民事再生法、負債約153億4200万円)とその関係会社の(株)グリーンインフラレンディング(東京都、2021年4月破産、負債約128億円)、法的整理とはなっていないため今回の集計には含まれていないが、5月から営業停止状態が続いている(株)テクノシステム(神奈川県)など、大型倒産が増えている。

自民党総裁選ではエネルギー政策がひとつの焦点となった。カーボンニュートラル2050は国際的に掲げた公約であり、岸田首相率いる新政権でも太陽光を中心とした再生可能エネルギーを重視する基本的な方針に変更はないものの、原発再稼働とその先の建て替え、新設を見据えた動きが加速するとみられている。

足元では太陽光関連の個別企業の信用情報が目立ってきている。現在の均衡が崩れると来年度以降、年間80件のペースを大きく超えてくるかもしれない。事業環境の変化が太陽光関連業者の倒産にどう影響してくるのか、注視されるところだ。

今回の調査対象は2006年4月から2021年9月までに発生した601件の太陽光関連業者(※)の倒産(法的整理のみ、負債1000万円以上)。「倒産件数と負債総額の推移」「年度半期ベースの倒産件数と負債総額の推移」「倒産態様別」「負債総額別」「地域別」「業歴別」「資本金別」「従業員別」「業種別細分類別」「倒産主因別」について調査、分析した。

※太陽光関連業者とは、①太陽光発電システム販売や設置工事、太陽光パネル製造やコンサルティングなど関連事業を主業として手がけるもの、②本業は別にあり、従業として太陽光関連事業を手がけるもの、両方を含む。

※前回調査は、2021年7月12日。

構成/ino.

興味のあるジャンルを登録して@DIMEをもっと便利に!話題のコーヒーメーカー「BALMUDA The Brew」やAmazonギフト券が当たるキャンペーン実施中

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2021年11月16日(火) 発売

DIME最新号の特別付録は「自撮り棒一体型スマホ三脚」! 特集は「今聴くべき、ラジオと音声コンテンツ」、「家電進化論2022」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。