小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

ピンチをチャンスに変えた!?コロナ禍で「プラスの影響」があった業種TOP3

2021.10.15

2021年9月は、新型コロナウイルスの新規感染者数は減少傾向にあったものの、19都道府県において緊急事態宣言が9月30日まで延長されるなど、企業活動において厳しい状況が続いていた。

そこで、帝国データバンクは、新型コロナウイルス感染症に対する企業の見解について調査を実施した。本調査は、TDB景気動向調査2021年9月調査とともに行った

コロナ禍でも、22.8%の企業は業績にマイナスの影響なし

新型コロナウイルス感染症による自社の業績への影響、『プラスの影響がある』(「既にプラスの影響がある」と「今後プラスの影響がある」の合計)と見込む企業は5.0%(前月比0.9ポイント増)、「影響はない」は17.8%(同1.1ポイント増)、合わせて22.8%となった。一方で、『マイナスの影響がある』(「既にマイナスの影響がある」と「今後マイナスの影響がある」の合計)は72.1%(同1.6ポイント減)となり、2カ月ぶりに減少した

『プラスの影響がある』を業種別にみると、有線放送などを含む「放送」が25.0%で最も高く、以下、「教育サービス」(21.1%)、「飲食料品小売」(17.3%)、総合スーパーなどを含む「各種商品小売」(16.7%)、「娯楽サービス」(9.6%)が上位に並んだ

他方で、『マイナスの影響がある』は、「旅館・ホテル」が95.8%となり最も高かった。次いで、「飲食店」(92.9%)が9割台、以下「広告関連」(89.3%)、「繊維・繊維製品・服飾品卸売」(88.9%)、「繊維・繊維製品・服飾品小売」(86.8%)が続いた 。

業界別「プラス」「マイナス」の影響

新型コロナウイルスの感染が流行して1年半以上経過しているが、引き続き自宅内消費ほか、人との接触削減に関連する事業に対しビジネスチャンスの期待が持てる。そのため、企業やビジネスパーソンはアンテナを張りながらチャンスを見逃さないことが大切と言える。

※調査期間は2021年9月15日~30日、調査対象は全国2万4,516社で有効回答企業数は1万2,222 社(回答率49.9%)。なお、新型コロナウイルス感染症に関する調査は、2020年2月から毎月実施し今回で20回目

構成/ino.

興味のあるジャンルを登録して@DIMEをもっと便利に!話題のコーヒーメーカー「BALMUDA The Brew」やAmazonギフト券が当たるキャンペーン実施中

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2021年11月16日(火) 発売

DIME最新号の特別付録は「自撮り棒一体型スマホ三脚」! 特集は「今聴くべき、ラジオと音声コンテンツ」、「家電進化論2022」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。