小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

コロナ禍でキャッシュレス決済はどこまで進んだか?

2021.10.19

キャッシュレス決済

 2年前の10月から政府主導でスタートした、ポイント還元などのキャッシュレス推進事業は、まだ記憶に新しい。この試みは東京五輪で訪日客が増えることを想定し推進された。ところが新型コロナウイルスの感染が拡大し感染防止の観点からキャッシュレスはさらに加速。Data1を見ると全体の72%がキャッシュレス決済を導入しており、中でもスマホによる「QRコード決済」が大きく普及していることがわかる。

 続いて、業種別の導入状況を調べると、8割を超えているのは「その他小売」「観光」「飲食店」。客単価別では5000円から1万円の導入率が最も高いが、1000円から3000円が僅差で続く(Data2)。かつて安い買い物は現金で支払うのが一般的だったが、その常識は崩壊。現在は「ほぼ全ての支払いがキャッシュレス」という人が4割を超えているのだ(Data3)。

 さらに現在はコロナの影響でセルフ決済も増えているが、現金には「誰が触ったかわからない」という問題がある。その影響で「現金に触れることに抵抗を感じる」という人は6割以上(Data4)。訪日客は来なかったが、日本では順調にキャッシュレス化が進んでいる。

Data1|キャッシュレス導入率は7割超え!コード決済がクレジットカードと同率まで成長!

キャッシュレス導入状況

2019年の「キャッシュレス・ポイント還元事業」をきっかけに続々登場した、スマホによる「QRコード決済」。カードをしのぐ普及率に成長。

Data2|キャッシュレス導入割合が高いのは観光業。客単価は1000円以上1万円未満が最多!!

■ 業種別導入状況

業種別導入状況

■ 客単価別導入状況

客単価別導入状況

興味深いのは「客単価10万円以上」のお店のキャッシュレス導入率がわずか19.7%であること。本当の高級店は現金払いのみ?

Data3|キャッシュレス派は44.7%!6割はキャッシュレス非対応の店は避ける?

2021 埼玉県庁調べ

■ あなたは、キャッシュレス決済をどの程度利用していますか

あなたは、キャッシュレス決済をどの程度利用していますか

■ キャッシュレス決済に対応している店としていない店ではどちらを選びますか

キャッシュレス決済に対応している店としていない店ではどちらを選びますか

キャッシュレス決済が当たり前になると、必要以上に現金を持ち歩かなくなる人も。またATMで現金を引き出すと手数料が発生することも多く、キャッシュレスがお得と考える人も増えている。

Data4|コロナで高まる抵抗感。現金に触れることに抵抗がある人は全体の6割超えに

現金に触れることに抵抗がある

■ 現金に触れることに対して衛生上の抵抗感(n=1000)

2020 ぐるなび調べ

現金に触れることに対して衛生上の抵抗感

コロナ前は現金に触れることに抵抗があった人は34.1%だったが、コロナ後は6割超えに。男性よりも女性のほうが抵抗感はより高い。

取材・文/高山 惠

興味のあるジャンルを登録して@DIMEをもっと便利に!話題のコーヒーメーカー「BALMUDA The Brew」やAmazonギフト券が当たるキャンペーン実施中

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2021年12月16日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「10インチデジタルメモパッドPRO」! 特集は「ヒット商品総まとめ」、「2022トレンド大予測」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。