小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

屋外で使える!明るさ900ANSIルーメンを実現したXGIMIのポータブルプロジェクター「Halo+」

2021.10.13

XGIMIは、アウトドアでの使用にも適したポータブル型プロジェクター「XGIMI Halo+」を発売した。価格は99,880円。

「XGIMI Halo+」は、2020年7月に発売された「XGIMI Halo」の後継機。「XGIMI Halo」と同じサイズ・重量でありながら、輝度は100ANSIルーメン上昇し、900ANSIルーメンの明るさを実現した。

また、HDR10+に対応している1080Pの解像度に加え、X-VUE画質エンジンやMEMC(モーション補正技術)、低遅延モードも搭載。さらに、Harman Kardon製の5Wスピーカーを2基装備する。

本体にバッテリーを内蔵しているため、最大3時間まで映像を投影することができ、アウトドアでの使用にも最適。プロジェクターを起動してから約5秒で立ち上げることができるほか、オートフォーカス・自動台形補正・スクリーンへの自動アジャスト及び障害物自動回避といった、XGIMI独自の自動調整機能を備えており、キャンプ場や車内など、どんな環境においても、素早く簡単に映像を投影することができる。

OSはAndroid TV 10.0を採用し、AirPlayとChromecastにも対応。投影方式はDLP、推奨投影サイズが60~120インチ。本体サイズは113.5×145×171.5mm、重量は1.6kg。

関連情報
https://jp.xgimi.com/

構成/立原尚子

クルマの修理、キャンプ、登山、DIY、防災などいろいろ使えるDIMEの付録「4WAYポータブルランタン」

10月14日に発売される雑誌「DIME」12月号には、付録として「4WAYポータブルランタン」がもれなく付いてくる。このLEDランタンだが、付録とは思えないほどクオリティーが高く、4WAYという名称の通り、様々な使い方ができるのが特徴。しかも、迷彩柄のデザインがお洒落で、アウトドアやレジャーで使いたくなる人も多いはず。

ちょっと明かりが欲しい時、サッと取り出して手元や周囲をしっかりと照らせるのが、この「4WAYポータブルランタン」。手に持って使いやすい形状で、横置きしたり吊るしたりできるフックを備えるほか、背面には金属製のドアや壁などにピタッとくっつけられるマグネット付き。しかも、IPX3相当の防水仕様。アウトドアに活用するもよし。非常用に備えておくのもよし。使い方はアナタ次第だ。

先日、震度5の地震が東京を襲ったが、防災用ライトとしても役立つ便利アイテム。一家に一台、常備しておくと何かと役立つアイテムであることは間違いなさそうだ。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2021年10月14日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「4WAYポータブルランタン」! 特集は「行列店に学ぶヒットの法則」、「iPhone 13」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。