小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

岸田首相が掲げる金融所得課税見直しに対する市場の反応は?

2021.10.10

足元で続く日経平均の下落。この動きは、岸田文雄自民党新総裁が掲げる「金融所得課税」の見直しを嫌気した反応との見方もされている。

そんな、金融所得課税見直しの意図するところとその反応についてこのほど、三井住友DSアセットマネジメントが以下のレポートにてまとめた。

足元で続く日経平均の下落は岸田氏が掲げる金融所得課税の見直しを嫌気した反応との声も

日経平均株価は9月24日以降、昨日まで8営業日連続で下落し、下げ幅は2,700円を超えた。特に、岸田文雄氏が自民党新総裁に選出されて以降、下げ足が早まったように見受けられる(図表1)。岸田氏は、成長と分配の好循環に向けた政策の1つとして、「金融所得課税」の見直しを掲げており、足元の株安はこれを嫌気した反応との声も市場で聞かれる。

金融所得課税とは、株式譲渡益や配当金などの金融所得に課される税金で、現在、税率は一律20%(所得税15%、住民税5%)だ。岸田氏は10月4日の記者会見で、改めて金融所得課税の見直しを検討する意向を示しており、今後は年末の2022年度税制改正で、一律20%の税率を引き上げる案や、高所得者の負担が重くなるよう累進的に課税する案などについて、議論される見通しだ。

金融所得税率が一律のため年間所得1億円超で所得税負担率が低下する1億円の壁が発生

なお、金融所得の税率は、前述の通り一律20%に定められている。そのため、金融所得の割合が相対的に高い高所得者層は、株式譲渡益がいくら大きくなっても、累進的に課税されることはなく、税率は20%で変わらないということになる。このような状況から、現行の金融所得課税は、金持ちを優遇する制度になっているという批判が根強くみられる。

一方、給与所得の税率は、所得が増えるほど累進的に課税され、最高税率は課税所得4,000万円超について設定されている45%。そのため、年間所得の増加につれ、給与所得が多く金融所得が少ない場合は所得税の負担率が上昇し、給与所得が少なく金融所得が多い場合は負担率が低下することが起こり得る。実際、所得税の負担率は、年間所得が1億円を超えると低下しており、これを「1億円の壁」という。

金融所得課税の見直しは、株安要因の1つと思われるが、市場では冷静な物色の動きもみられる

岸田氏は、金融所得課税を見直すことで、1億円の壁を打破し、中低所得者層への配分を増やすことを検討している。ただ、金融所得の税率を一律に引き上げた場合、一定程度の税収増は見込まれるものの、増税前の株式売却や株式投資の敬遠につながる恐れもある。また、累進課税とした場合、対象を高所得者層に絞ることはできるが、配分の原資となる税収は小さくなるため、具体的な方向性は今後の議論を待つことになる。

なお、岸田氏が改めて金融所得課税を見直す意向を示した10月4日夜の記者会見以降、日経平均株価と東証株価指数(TOPIX)および業種別株価指数の動きは図表2の通り。10月6日は両指数で上昇銘柄数と下落銘柄数が拮抗し、業種別では原油高や長期金利上昇の影響もうかがえる。金融所得課税の見直しは、足元の株安要因の1つと思われるが、市場では比較的冷静な物色の動きもみられる。

出典元:三井住友DSアセットマネジメント株式会社
http://www.smd-am.co.jp


構成/こじへい

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2021年10月14日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「4WAYポータブルランタン」! 特集は「行列店に学ぶヒットの法則」、「iPhone 13」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。