小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

1万人に聞いたインターネットで取引したことがある証券会社ランキング

2021.10.10

ネット取引で投資資金が増加した人は、2019年・2020年調査と比べて増加

コロナ禍で投資への関心が高まっている。マイボイスコムが10,068件の回答を集めた『ネット証券の利用』に関するインターネット調査によると、株式売買の経験者は、「現在も売買をしている」「現在は売買をしていないが、以前はしていた」を合わせて4割。「現在も売買をしている」は28.6%、男性40~70代では各4割弱となっている。

インターネットでの株式売買の経験

現在、インターネットで株式売買をしている人は25.3%。株式を現在も売買している人の9割弱となっている。

インターネット取引経験がある証券会社

インターネットでの株式売買経験者が、取引したことがある証券会社は(複数回答)、「SBI証券」が39.2%、「楽天証券」が31.4%、「野村證券」「マネックス証券」「松井証券」などが各10%台。2017年以降「楽天証券」が増加している。

主にインターネット取引をしている証券会社の満足度

主にインターネット取引をしている証券会社について満足度を聞いたところ、「満足」と回答した人は『SBI証券』主利用者で41.8%、『楽天証券』主利用者で38.4%、『松井証券』『SMBC日興証券』主利用者で各3割強となっている。

「満足」「やや満足」を合計した比率をみると、『SBI証券』『松井証券』主利用者で各9割弱、『楽天証券』主利用者で8割強だった。

インターネット取引による投資資金の増減

インターネットでの株式売買経験者に、直近1年間に投資資金がどう変化したかを聞いた。増加した人は4割強、2019年・2020年調査と比べて増加している。減少した人は2割弱、「ほとんど変わらない」は30.8%となっている。

インターネットでの株式売買意向

今後、インターネットで株式売買をしようと思っている人は3割強、2019年調査以降増加傾向。インターネットで株式売買を、現在もしている人では9割強、以前はしていた人では4割弱、したことがない人では約8%となっている。

インターネットで取引する時に重視すること

インターネットでの株式売買意向者が、取引する時に重視することは(複数回答)、「取引手数料が安い」が74.1%、「セキュリティが信頼できる」「口座開設などの手続が簡単」が各30%台だった。

「ホームページがわかりやすい」「セキュリティが信頼できる」は女性、「口座開設などの手続が簡単」「スマートフォンでの取引がしやすい」は若年層で比率が高くなっている。

構成/ino.

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2021年10月14日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「4WAYポータブルランタン」! 特集は「行列店に学ぶヒットの法則」、「iPhone 13」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。