小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

1000人に聞いた美術館の楽しみ方TOP3、3位ミュージアムショップ、2位気に入った作品は時間をかけて楽しむ、1位は?

2021.10.09

芸術の秋ともいわれる季節だが、普段から人々はどのように美術館を楽しんでいるのか。

クロス・マーケティングは、「普段、美術館・アート展に行く頻度」「美術館に行った際の見方・楽しみ方」「お気に入りの美術館・博物館とその理由」「リモートでの作品鑑賞・美術館訪問への興味」などを聴取した。

一人で好きなように鑑賞する人が多数、「美術館の楽しみ方に関する調査」

自発的に美術館・アート展に行く人は31.5%、「誘われれば行く」と答えた30.6%の人を含めると62.2%の人が普段、美術館に行くということが分かった。<図1>

自発的に美術館に行く人の中で、「以前はよく行っていたが、いまは自粛している(また行きたい)」と答えた人は12.9%。

美術館の楽しみ方としては「一人で好きなように鑑賞する」が45.9%で1位、「気に入った作品は、時間をかけてじっくり見る」が37.7%と続く。<図2>

「ミュージアムショップを必ずチェックする」が25.0%、「美術館の建物やインテリアを見る」が24.1%、「誰かと連れ立って鑑賞する」が23.2%と僅差でそれぞれ続く。女性は半数が「一人で好きなように鑑賞する」と回答。

お気に入りの美術館・博物館で最も多かった回答はルーブル美術館、展示作品数の多さが理由としてあがった。<図3>

2位は国立西洋美術館で、企画展・常設展共に評価されている。3位には足立美術館があがり、所蔵作品と庭の美しさに惹かれている人が多い。

リモートで、作品や美術館の様子がみられるとしたら見てみたいかを聞いたところ、「見たい」と答えた人は42.6%、そのうちの25.7%は「無料なら見たい」と回答。<図4>

「直接見たいのでリモートでは見たくない」と答えた人が19.0%で、直接足を運んで鑑賞することにこだわる人も一定数いる様子。

調査概要

調査手法  : インターネットリサーチ(クロス・マーケティング セルフ型アンケートツール「QiQUMO」使用)

調査地域  : 全国47都道府県

調査対象  : 20~69歳の男女

調査期間  :2021年9月24日(金)~9月26日(日)

有効回答数 : 本調査1,100サンプル                  

構成/ino.

興味のあるジャンルを登録して@DIMEをもっと便利に!話題のコーヒーメーカー「BALMUDA The Brew」やAmazonギフト券が当たるキャンペーン実施中

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2021年11月16日(火) 発売

DIME最新号の特別付録は「自撮り棒一体型スマホ三脚」! 特集は「今聴くべき、ラジオと音声コンテンツ」、「家電進化論2022」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。