小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

韓国で大ヒット!大人になれないリアルな30歳の姿を描いた書籍「大人でなく30歳です」の気になる中身

2021.10.10

30歳はもう「立派な大人」と考える人も多いでしょう。しかし、実際には30歳になってもまだまだ未熟。

自分を「立派な大人」の姿と照らし合わせて、ため息をついてしまう人も多いのでは?

ここでは、韓国で大人気となった「大人でなく30歳です(サンマーク出版)」より、等身大の30歳の姿をかいつまんで紹介します。

「30歳になったのだから、これぐらいみんなできるはずだ」と自分自身を苦しめてしまう人は、30歳のリアルな姿を俯瞰してみませんか?

30歳は本当に立派な大人?リアルな30歳の「あるある」日常

「30歳だからって突然大人になるわけじゃなかった」と作者である「ニナキム」は語っています。

30歳になったらもっと完ぺきな大人になると思っていたのに、思ったよりできないことが多い。失敗だらけで、しょっちゅう傷ついてばかりいる。

「しんどい30歳」

あこがれの会社で働き始めても、自分に合わない気がする。だからといって、また新しい仕事を探すのには遅すぎる気がする。

家→会社→家→会社の無限ループで、人生が切ない。

1カ月かけて準備したプロジェクトもボツ。努力した時間と情熱はどこにいったのだろうと思うくらい、力が抜けてしまう。

「人生の楽しみがうまく感じられない」なんてつい悩んでしまう。

「給料が通り過ぎていく」

給料日が来ても、家賃、携帯電話、生活費と支払いばかり。まるで底の抜けたカメに給料を注ぐようなもの。

物価はどんどん上がるのに、給料は上がらない。買っても、買っても、買うべきものがある。

街にはマンションが立ち並び、車であふれているっていうのに何で私の分はないんだろう?

おかしく悲しい私たちの現実。またハハハと笑って、宝くじを買うしかない。

「もしかしたら守り続けられない約束」

ポッコリ出たお腹。タプタプ揺れる二の腕。体重計に乗るのが怖すぎる。

今日からダイエット開始!と決意はしたものの、結局ソファーでゴロゴロ。ソファーが私なのか、私がソファーなのか。

絶対にここまでひどくはなかったはず。いったいどこで間違えたんだろう?

「もうよく分かっていると思ったのに」

私はなんのために休む間もなく走ってきたのかな?断りづらいから苦労するし、ときには、いい人に見られたくて自分でなく他人のために選択することがある。

今日も顔色ばかりうかがって自分がほんとうに言いたいことは言えなかった。

気後れして、顔色をうかがってばかりの自分がすごくイヤ。

自分自身にさえ自信なさそうにする姿がとてもみじめで恥ずかしい。

「吸う息も、吐く息も、みんな溜め息」

友人たちのうれしいお知らせを、心から喜べない。だれかの幸せは、私には終わっていない宿題みたいに感じるから。

とらえどころのないさみしさ、一日中おしゃべりをして、おいしいものを食べて、コーヒーも飲みながら「ああ、今日も1日、とても充実していた」と思っても、ふと押し寄せてくるさみしさ。

これって私だけじゃないよね?

「だいじょうぶ、それでも」

私はなんでこの姿で、このザマなの?なにひとつまともにできない。ドジの連発で迷惑ばかりかけている気がする…。

でも、だいじょうぶ、それでも。

誰かと比べるのはもうおしまい。今は自分で自分を愛すべきとき。

「大人ではなく30歳です」

「大人ではなく30歳です」では、筆者であるニナキムの「ありふれた30歳の日常」が味わいのあるシンプルで温かみのあるイラストとともにつづられています。

どこにでもある「30歳のリアルな日常」を垣間見ると、「そうそう。私も同じ」と共感してしまう人も多いのではないでしょうか。

論語で年齢を表現すると、30歳は而立(じりつ)。「人は三十にして立つ」と言いますが、学問の基礎ができ自立できるようになったことを表します。

自立ができるようになったとはいえ、実際の30歳は、悩み、傷つき、戸惑うことばかり。まだまだ完ぺきな大人とは程遠い年齢なのかもしれません。

「もう30歳になったのに」なんて、自分をつい責めてしまう人は、本書でほっこり「等身大のリアルな30歳の姿」を眺めてみてはいかがでしょうか。

きっと「実際の30歳なんてこんなものだ」と安心すると思いますよ。

【出典】
ニナキム(著)、バーチ美和(翻訳)
大人ではなく30歳です(サンマーク出版)

文/平塚千晶

興味のあるジャンルを登録して@DIMEをもっと便利に!話題のコーヒーメーカー「BALMUDA The Brew」やAmazonギフト券が当たるキャンペーン実施中

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2021年11月16日(火) 発売

DIME最新号の特別付録は「自撮り棒一体型スマホ三脚」! 特集は「今聴くべき、ラジオと音声コンテンツ」、「家電進化論2022」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。